花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
野の花山の花
  • 川原を歩きながら思ったこと その1

  • 河川沿い

    私がビックリしたのは、自然を保護しようとする姿が随所にみられたこと
    みんなが普通に走るサイクリングロードの土手にロープを張って
    草刈を年に1回のゾーン2回のゾーンと分けたりして経過をみたりしています。
    いつもつるんつるんに刈ってしまう長崎の土手では外来種ばかりなのに
    ここでは外来植物も多いけれど、在来植物が元気に育っていました。
    右端に伸びているのはウマノスズクサ

    葉

    まだ伸びだしたばかりなので、互いのツルに絡み合って
    葉腋から新しいツルを伸ばしながら

    ウマノスズクサ

    より高いところをめざして伸び上がっていました。
    長崎で見たことはないので、この花見てみたいなぁ…


    クサボケ

    足元には草にかくれるようにクサボケの大きな果実が稔っていました。
    クサボケのあの朱色の花を見たかったのに…

    花!

    と、思っていたら次の日残り花に遭遇。花の位置か低く
    這いつくばるわけにはいかない場所で細部が撮れなかったのが残念。
    これは両性花。

    葉

    葉のつき方が楽しいですね、托葉のほうが目だってます。
    クサボケの果実は滋養強壮になるようで、どんな動物が食べるのかな?

    ミヤコグサ

    5月の風に吹かれながら歩くのは気持ちよくて
    ミヤコグサやカワラマツバの葉もチラホラみえます。

    カワラサイコ

    カワラサイコは葉だけですがかっこいい!

    葉

    調べてみると長崎にも記録がある…のに見たことがない。
    葉っぱをおぼえたし見つけたいなぁ長崎で。

    ヤマアマドコロ

    山じゃないけど、ヤマアマドコロ。

    稜

    アマドコロとの違いはヤマのほうが大型で、葉裏の脈上に細突起があるそうです。
    でも、私から見ると可愛い。
    何しろ、この仲間は九州ではやたら大きいのがあるのです。

    都会を流れる川なのに、こんなに自然が残っているなんてすごいなぁと思いました。
    それは希少種を守ろうとする人たちの努力もだけれど
    行政も力を入れているからだと思います。長崎でもできるかな?
    そんなことを思いながら歩きました。

    ------------------------------------------------------------
    ウマノスズクサ
    分類  ウマノスズクサ科 ウマノスズクサ属
    分布  本州(関東以西)~九州

    つる性の多年草。草地性で、河原や土手などに生える。
    茎、葉、萼は無毛、粉白を帯びる。

    クリックすると大きくなります。


    クサボケ
    別名  シドミ、コボケ、ジナシ(地梨)
    分類  バラ科 ボケ属
    分布  本州~九州

    山地や丘陵の明るい雑木林や草原にはえる。

    クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。

    両性花と雄花が混生する。

    クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。

    小枝はとげになる。
    葉は長枝では互生、短枝では輪状について、鈍頭~円頭。

    クリックすると大きくなります。

    成長したクサボケの咲き方。

    カワラサイコ
    分類  バラ科 キジムシロ属
    分布  本州~九州

    日当たりのいい河原や砂地にはえる。


    ヤマアマドコロ
    分類  ユリ科 アマドコロ属
    分布  本州

    アマドコロより大型で、葉裏の脈上に細突起がある。
    花筒の長さ20-25mm。

    クリックすると大きくなります。
    web拍手 by FC2

    8 Comments

    南 常雄 says..."ウマノスズクサ"
    こちらでは、エゾヒメギフチョウの食草、1科1属1種のオクエゾサイシンですが、ウマノスズクサ科のウマノスズクサをはじめてみさせていただきました。
    2014.05.12 21:25 | URL | #ogT5zqDg [edit]
    panda  says..."★南さんへ★"
    南さん、こんばんは
    エゾヒメギフチョウはきれいですね。北海道の美しい蝶、yuukoさんから毎年見せてもらうのだけど、一度見てみたいなぁと思います。クジャクチョウ、エゾシロチョウ・・・もうすぐですね。オクエゾサイシンもなんとなくフタバアオイみたいで可愛いです。
    2014.05.12 23:12 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    ha-chan says..."草刈り"
    こんばんは^^

    草むらの中を丁寧に見て歩かれたのですね。
    気にしてないと見逃してしまいそうです。
    私の好きな里山を管理している方も「刈って良いのか 何を残すかが難しい」とおしゃっていました。
    草叢には楽しみがたくさん隠れていますね。
    ウキウキしました。


    2014.05.12 23:45 | URL | #f4O6ifVo [edit]
    マツモムシ06 says..."草刈り調査"
     草刈り調査は兵庫県でもいろいろな所で行われていて、時々草刈りや調査に参加します。兵庫では東おたふく山のススキ草原維持活動が有名ですかね。
     昨日の赤穂市の山火事がニュースで騒がれていますが、播磨地方をはじめとした瀬戸内海沿岸では山火事が昔から頻発し、それにより草原環境やハゲ山が維持されて、そこにしかない植生が保たれていたりします。その例がウンヌケ、トサオトギリ、ヤマジソ、イトテンツキ、ノグサなどです。
    2014.05.13 01:31 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda  says..."★ha-chanへ★"
    ha-chan、こんばんは
    草むらの中、楽しかったですよ。仕事をしていたときは走り抜けていた道、時間に余裕ができて楽しむことをおぼえたら、道草ばっかり r(^^;
    「刈ってもいいのか、何を残すかむずかしい」と言っていらっしゃる里山の管理者の方、そういう方のお話を聞くと楽しそうですね。地面を削るくらいのっぺらぼうに草刈されるとガックリします。
    5月の草原はまだ爽やかな風が吹いていて、気持ちよかった。ha-chanも歩いてみてね。
    2014.05.13 22:32 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda  says..."★マツモムシさんへ★"
    マツモムシさん、こんばんは
    兵庫県でも草刈調査隊があるのですね。マツモムシさんが調査隊ならバッチリですね。ネットで「おたふく山のススキ草原」を検索してみたら、たくさんの人たちに応援されているのがわかりました。長崎も県北や県央に草原がありますが、やっぱり地域の人たちが守ろうと活動しています。そんな草原で遊ぶのが大好き!裏山も子どものころは半分が草原だったので、今でも草原性の植物がチラホラ出てきます。そんなこんなでよく登ります。
    山火事は危ないけれど、山火事の後にたくさん花が咲いたこともありました。そして、しばらくするとまたササに覆われてなにもなくなってしまいました。それで私たちの間では「・・・」な~んて口走ったりします。もちろん冗談です。
    2014.05.13 23:15 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    ウマノスズクサが伸びていますね。
    芽出しの頃は、濃紫色でちょっと変わった形ですよね。
    どこかで花が見られると良いですね。
    当地でもありますが、「草刈り」にやられることが多く、花が見られるのは稀です。
    2014.05.16 08:44 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    panda  says..."★多摩さんへ★"
    多摩さん、おはようございます。
    河川敷なので、ここのウマノスズクサも草刈にあうかもしれませんね。私たちは花が楽しみだけど、スッキリ刈られた風景も好きだけど、草刈をするとき、この植物は残してほしいなというリストをあげて草を刈ってもらえるとありがたいなぁ、でも手間がかかりますよね。
    2014.05.16 10:14 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1895-99f4ae32
    該当の記事は見つかりませんでした。