花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • ヒメアオスゲ

  • ヒメアオスゲ

    アオスゲやノゲヌカスゲと大きさ的には同じなのですが、葉が長く茂っているように見えます。
    葉の長さは20cmくらいでした。

    匐枝

    匐枝が出ていたので、これは違うものだと調べてみました。
    茎には上向きのとげがあり、葉幅は1-2mmでざらつきます。

    こんな感じ

    基部の鞘は古くなると糸状になり、色は褐色でつやあり。
    図鑑では淡褐色とありますが、淡い範囲に入るのかな?

    花序

    有花茎の長さは20cm前後で、雄小穂は5mm、雌小穂1-3個は茎の上部に密集してついています。
    包は花序よりも長く、鞘の部分は短い(1mmくらい)

    果胞

    果胞の毛は結構目立ちます。そう果の形がちょっと歪なので

    手が引きつりそうだった

    たくさん剥いでみました。(まだ柱頭をはずさないように剥がすことができません。)

    クリックすると大きくなります。

    雄鱗片にも雌鱗片にも短い芒があります。
    側小穂はほとんど雌性ですが、短い雄花が混じる雄雌性の小穂もありました。

    検索表をたどると、ヒメアオスゲにたどりつきますが・・・

    ---------------------------------------------------------------------
    ヒメアオスゲ
    分類  カヤツリグサ科 スゲ属
    分布  本州(紀伊半島・広島県)~西南諸島 小笠原


    クリックすると大きくなります。 全体


    クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。

    雄小穂も雌小穂も長さは短く、鱗片には短い芒がある。
    包の鞘は1mmくらい。
    web拍手 by FC2

    4 Comments

    光田 重幸 says..."ほえ~"
     たくさん剥きましたね。息子さんの看病がてら? お大事に。 柱頭は横から力を加えると取れやすいので、果胞の下の方から剥きあげるようにします。ただ、そのためには一方の手で果胞をピンセットなどでかるく挟んでおかないと難しいかもしれませんね。こまさんがピンセットなしで上手に剥くのは驚嘆もの。
     ヒメアオスゲも、それに似ているイソアオスゲも、京都ではは見つかっていません。それで私は両種の変異の幅についてよくわかりませんが、写真のものは鱗片の芒がやや長いこと、痩果が少し大きいことを除けばヒメアオスゲによく一致しますね。自信ありませんが、ヒメアオスゲの変異のうちなのでしょう。
     ハチジョウシダのほうは、問題ありませんでした。
    2014.04.16 20:08 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    こまつな says...""
    みっちゃん先生、pandaちゃん、ただいま~。
    長崎もカヤツリグサの花や小穂が見らる時期になったのですね、次々と。。 

    関東周辺をうろうろして来ましたが、カヤツリ科やシダ類はまだ早い様でしたが、少しだけ撮って来ました。この後名前調べに時間がかかりそう。すみれはいっぱい見て来たよ♪
    2014.04.16 21:41 | URL | #YPF4kFnU [edit]
    panda  says..."遅くなりました。"
    ★みっちゃん先生へ★
    こんばんは、遅くなってしまいました。
    剥ぎながら、なんで私はこんなことをしているんだろう?と思いました。でも、まだ地衣類よりいいかもしれませんね。ピンセットを使っても・・・この種1mmですよ、先生。こまさんすごいですね。私にはできそうにない。と思いながら医療用のピンセットは高いから、竹のピンセットならうまく捕まえてくれないかなぁと考えたりしている私がいます。それに、マイクロスコープは反対に写るので、画面を見ながら剥ぐのは気持ちが悪くて自分の目で見て剥がしています。
    先生、イソアオスゲを見つけてみます。違いを比べてみますね。それから、ハチジョウシダもありがとうございました。

    息子は大丈夫です、熱も下がり始めました。
    2014.04.17 23:57 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda  says...""
    ★こまさんへ★
    こまさん、お帰りなさい。
    スミレがいっぱいありましたか?毎年同じスミレをみても表情が違って楽しいですよね。今年はこまさんのおかげで沖縄のスミレを見ることができたから、少し種類が増えました。まだ九州にも見ていないスミレはあるのですが、希少種なのでなかなか出会えません。というより私のまわりにスミレ好きさんがいないのかも。

    それにしても、こまさんの果胞を剥ぐコツを教えてもらいたいけれど・・・やっぱり忍耐かな r(^^; レポ楽しみにしています。
    2014.04.18 00:03 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1884-4e63cf7e
    該当の記事は見つかりませんでした。