花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • メアオスゲ

  • クリックすると大きくなります。

    なんとなくヌカスゲ節のスゲがわかりかけてきたので
    アオスゲやノゲヌカスゲに比べると小さめ、というので調べてみることにしました。

    根ぎわに雌小穂がある

    根ぎわに雌小穂が見えます。
    叢生していますが、匐枝はありませんでした。

    花序

    雄小穂は短くこれは5mm、雌小穂は雄小穂に接して数個ついています。

    包

    包には鞘があり(前葉は中に隠れていました)
    雌鱗片には長い芒が、雄鱗片にも芒があります。

    果胞

    今回も果胞が小さめなので、ものさしで測りなおしたのですがやはり2mmくらい。
    根際にある雌小穂と包の鞘が長いこと、雄小穂に芒があることから
    メアオスゲと思いました。

    -------------------------------------------------------------------------
    メアオスゲ
    別名  ノゲアオスゲ
    分類  カヤツリグサ科 スゲ属
    分布  本州~九州 伊豆諸島

    クリックすると大きくなります。 雄小穂

    雄小穂は線形で5-15mm

    クリックすると大きくなります。 雌小穂

    雌小穂の長さは1cmくらい。果胞の脈は不明瞭でまばらに毛がある。

    クリックすると大きくなります。 根茎

    匐枝は出ていませんが、根茎はつながっていて大きな株を作っていました。
    葉が短いので幅広く感じますが、葉幅1-2mm。
    web拍手 by FC2

    4 Comments

    光田 重幸 says..."文句なしです"
     快調にヌカスゲ節を攻略していますね。
     アオスゲ類の痩果には似たものが多いので、あまり剥く気がしなくなることがありますが、なかにはクサスゲのように面白い形のものもあります。練習と思って、剥き続けてください。
    2014.04.14 10:03 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."ありがとうございます"
    ★みっちゃん先生へ★
    今日はとてもいいお天気でした。こんな日は外に出て・・・いたら息子から「熱があるから帰ってきて」と電話がありUターン。いつまでたっても親離れも子離れもできない親子です。しばらくかかりそうなので、スゲをはぐ練習をします。
    ヌカスゲ節が少しわかるようになりました。あと数種類はわかるかもしれません。ちょっと楽しくなってきたので、先生どうぞよろしくお願いします。
    2014.04.14 20:01 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    こまつな says..."こんばんは。"
    まだすみれ旅中で、ホテルから携帯から拝見しています。
    今日は奥多摩の山に行きました。お天気も良くスミレは咲き始めでしたが、目的のは咲いていて、テンションが上がりました。
    メアオスゲは私はまだ見ていないので、参考になります。
    息子さん、お大事に!明後日に帰ります。
    2014.04.14 22:56 | URL | #YPF4kFnU [edit]
    panda  says..."★こまさんへ★"
    こまさん、おはようございます。
    奥多摩、いいですね。いろんなお花に会えたことと思います。報告楽しみにしていますね。スゲの仲間はどれもよく似ていて、細かいところをチェックしないとだめなんですね。私もこまさんのヒメアオスゲを参考にさせてもらて、ただいまヒメアオスゲ?の果胞を剥いでるところですv(^^*)

    こまさんと偶然西表の山の中で出会った九州の花友さんと、昨日は電話で話が盛り上がったよ、面白いね~♪西表の山の中だもの・・・
    2014.04.15 08:29 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1881-e33897d1
    該当の記事は見つかりませんでした。