花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • オニクラマゴケ

  • クリックすると大きくなります。

    オニクラマゴケはやんばるの森には普通にはえているので
    明るいところで撮ろうと後まわし、すっかり忘れていました。
    クラマゴケよりごつくて、さすが鬼!というかんじです。
    それに、コケみたいに見えるクラマゴケの仲間では一番シダらしい。

    オニクラマゴケ

    側枝は数回分裂して扇状に広がっています。
    観察不足なのだけど、他に似たものがないのでアップします。

    葉

    葉は2形、主軸ではややまばらに小枝では密についています。
    腹葉は開出していびつな平行四辺形、背葉は広披針形で先端は針のように尖っています。

    胞子葉

    胞子葉は小枝に1-2個頂生、四角柱状。

    -------------------------------------------------
    オニクラマゴケ
    分類  イワヒバ科 イワヒバ属
    分布  伊豆諸島、高知県、鹿児島県島嶼、沖縄
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    yuuko says..."オニがつくんですね・・・"
    強そうですもんね
    すっかり惚れ込みました

    クラマゴケは コケの仲間じゃなくてシダなんですね
    2014.03.04 16:40 | URL | #7PUYXG.I [edit]
    panda  says..."★yuukoさんへ★"
    yuukoさん、こんにちは
    鞍馬天狗のクラマゴケは北海道にも少ないみたいですね、コケみたいに岩にびっしりはえているんです。オニクラマゴケは立ち上がっているから、少しシダらしい。日本では強いものには鬼がつくんですね、鬼より強いものってあるのかな?
    2014.03.04 17:40 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1851-74da665f
    該当の記事は見つかりませんでした。