花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
野の花山の花
  • やんばるの森の中3

  • ビロードボタンヅル

    若い枝や葉裏。ガク片の外側に黄褐色の毛が生えているからビロードボタンヅル。
    とっても可愛くて、何枚も何枚も撮りました。

    葉柄でからまって

    花序は腋生で3-1個、葉柄で絡まって

    渡り歩いています

    時には木を覆いつくすほど茂っていることもあるけれど、
    明るいほうへと木々を渡り歩いています。

    大きい

    葉は上部にいくと小さくなるけれど、とっても大きいと思いました。
    1回3出複葉、

    果実

    コバノボタンヅルやタカネハンショウヅルの果実とそっくり


    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    キツネノボタンとハンショウヅルの仲間を似ていると思ったことはないけれど
    案外似ているもんだと思った r(^^;
    ↓毛がポヤポヤとはえて可愛いシマキツネノボタンだと思います。

    シマキツネノボタン

    花は花序を作らず、1つづつしか咲いていないのも特徴。

    シマキツネノボタン

    葉は1回3出複葉、小葉はさらに切れ込んでいます。
    花柄にもあらい開出毛、集合果は球形。

    花

    花は茎葉と対生して、ガク片は花時に反曲。
    ヒラタアブがこのくらいの大きさなので、花の径は1cmくらいかな。
    花弁は4枚、5枚、6枚とテキトー、シマキツネノボタンが本州にもあるのにビックリ。
    もしかして、いろんなキツネノボタンに混ざって長崎にもないかしら?
    見て歩こう~っと♪ (^O^)/

    キンポウゲ科はほんとに可愛いですね。

    -----------------------------------------------------------------
    ビロードボタンヅル
    分類  キンポウゲ科 センニンソウ属
    分布  九州(甑島・大隅半島・屋久島)~沖縄

    熱帯性の植物で、黄褐色の開出毛がビロードのようなつる性低木。

    クリックすると大きくなります。  花糸には長毛がある。


    シマキツネノボタン
    分類  キンポウゲ科 キンポウゲ属
    分布  本州(中国地方)~沖縄

    暖地のやや湿った林縁に見られる多年草。

    クリックすると大きくなります。 花柱はかぎ状に曲がっているとはいえないかもしれない。


    毛がはえているキツネノボタンはけっこう多いのですが、一番特徴が一致するツルキツネノボタンは分布が青森~岩手県の太平洋側。ケキツネノボタンは花序をつくる。
    web拍手 by FC2

    8 Comments

    夕菅 says..."ビロードボタンヅル"
    熱帯性センニンソウ属のビロードボタンヅルの花が、中国雲南省峨眉山原産の冬咲きクレマチスにそっくりなので驚きました。
    このクレマチスはClematis anshunensis、Clematis yunnnensis 、ウンナンエンシス、ガビサンハンショウヅル等々いろいろに呼ばれ栽培種もあるようです。
    ビロードボタンヅルの萼片は淡黄色ですが、冬咲きクレマチスは純白。でも厚い萼片と花糸の長毛はそっくりです。
    熱帯性といってもやはり冬に咲くから防寒具は共通なんですね。
    2014.02.27 17:46 | URL | #L9FLFt/w [edit]
    平家蟹 says...""
    ビロードボタンヅルはボタンヅルよりハンショウヅルに似てますね。
    同属だから当然か。
    しかし葉がでかい、比較するものが写ってないと大きさはわかりづらいよね。
    グッジョブ>どなたさんかの手 ヾ(^^;)
    キンポウゲ科は科名がわかるともう花弁じゃなくて萼片だとわかるから理解しやすい(^^ゞ

    シマキツネノボタンは昨年秋吉台で見つけました。
    と言っても教えてもらったんだけどさ。
    一人だと見かけてもあっさり通り過ぎたかも(^^;)
    2014.02.27 20:03 | URL | #- [edit]
    panda  says..."★夕菅さんへ★"
     夕菅さん、コメントありがとうございます。夕菅さんのお庭の冬咲きクレマチスを見せていただきました。ほんとに色は白ですが形はよく似ていますね。ビロードボタンヅルは花の径が1.5cmくらいではなかったかと思います。ちょっと小さめですか?沖縄の植物には毛がはえているものは多いような気がします。なぜかしら?と思ったりもしましたが、「冬に咲くから防寒具は共通」といわれて、やっぱり寒いのかって、お花の心が読めたカナ・・・^m^
     夕菅さんのブログを読ませていただくたびに、なかなかさんに植物の楽しさをえていただいた頃のことを思い出します。
    2014.02.27 20:03 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda  says..."★平家蟹さんへ★"
    平家蟹さん、こんばんは
    やっぱり秋吉台だったのですね。今、平家蟹さんのシマキツネノボタンを見てきました。葉と対生になってるのがよくわかったよ、ありがとう!私の写真ではいまいちわからないものm(_ _;)m

    ビロードボタンヅルは確かに花はハンショウヅルですね。「半鐘」 「牡丹」から名前がついたのだと思うだけど、この場合葉は牡丹で花は半鐘、で、やっぱりこの葉っぱが印象的でビロードボタンヅルになったとか?
    2014.02.27 23:43 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    夕菅 says..."ビロードボタンヅル2"
    pandaさん ごめんなさい!
    ビロードボタンヅルは本当にハンショウヅルにそっくりですね。
    今うちの庭に冬咲きクレマチスが咲いていて、「あ、そっくり」と早とちりしたまででした。
    その上、萼片を花弁と誤記、先程訂正させていただきました。
    花の大きさも4cm余、半曲した萼片を伸ばして測ると3cmありました。そして萼片の表面は粗でビロード状ではありません。
    その反対にあんなに大きな葉はありませんし、このような果実も見ていません。
    ハンショウヅルは6月頃咲くから、防寒具も要らないはず、あれこれトンチンカンでお恥ずかしいことです。
    2014.02.28 00:33 | URL | #L9FLFt/w [edit]
    とんちゃん says..."ビロードボタンヅル"
    ボタンヅルとは思えないのに名前はビロードボタンヅルなんですね
    本当にハンショウヅルにそっくり♪
    可愛いくて何枚も撮ってしまう気持ち 分かります!
    咲いた後もずっと長く形を楽しんでいけるのでしょうね~
    シマキツネノボタンというのもあるんですね
    草丈が低く花も小さくて一個だけ 優しい雰囲気を持っているボタンヅルだなって思いました。
    2014.02.28 07:46 | URL | #- [edit]
    panda  says..."★夕菅さんへ★"
     夕菅さん、おはようございます。
     そんなに気にされないでくださいね、コメント欄は楽しいことが書いてあるとうれしくなります。私が花の大きさを書いていなかったから写真では想像がつかなかったですね、すみません。でも冬咲きクレマチスと花の形はよく似ているし、Clematis yunnnensisも検索したりして楽しかったですよ。花が大きめなので庭に植えるのには見栄えがして、それでいてテッセンより控えめで好きになりそうです。
     この花も沖縄の気候に合わせて毛が生えているんだと思うのですが・・・それが、紫外線なのか水分なのかなんて考えていたら、夕菅さんから沖縄の冬も寒いから防寒具をつけていると書いてもらって、うふふと笑ってしまったんです。長崎の標高1000mのところに咲くハンショウヅルにも毛が生えているのです。春に咲くけれど寒いのかな?夕菅さん、ありがとうございます。気楽に書いてくださいね。
    2014.02.28 08:09 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda  says..."★とんちゃんへ★"
     とんちゃん、おはようございます。
    ハンショウヅル仲間は可愛いですね、そんなに普通に出会えないから会えた時の喜び~♪ だいたいキンポウゲ科はおもしろいですよね、普通にみかけるキツネノボタンも名前も可愛いし好きです。まだキツネノボタンには手をつけていないので、分けて見ようかな。シマキツネノボタンを調べて、どこが区別点なのかなんとなくわかってきました。ちょっと嬉しい。 (^_^;)ゞ
    2014.02.28 08:37 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1850-ed5cf09f
    該当の記事は見つかりませんでした。