花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
野の花山の花
  • やんばるの森の中1

  • アカボシタツナミソウ

    出会いたかったアカボシタツナミソウ
    タツナミソウの仲間は似たり寄ったりの花なんだけど、
    なんだかスッキリしていて花の模様がとてもきれいでした。

    アップで

    海でも山でも里でも、けっこういろんなところに咲いて
    模様をみて歩くのも楽しいかもしれません。

    けっこう大きい

    草丈は20-100cm、これは他の植物に負けないようにと立ち上がっているのでかなり大きい。

    花後

    葉の感じが違うけれど、沖縄にあるのはアカボシタツナミソウなのかな?


    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    オキナワスズムシソウ

    スズムシソウというとランの花を思い浮かべるけれど、キツネノマゴ科のオキナワスズムシソウ
    長崎のスズムシバナはムラサキだけど、沖縄のは白いのが多い。。

    少しムラサキ

    たまーに色づいていても、このくらい。
    ヤブをビシバシたたいて、近づきました。

    クリックすると大きくなります。 花の中・・・うすく透けてきれいです。


    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    アリモリソウ

    アリモリソウもキツネノマゴ科です。
    うつむいた小さな花は目立たないけれど、

    クリックすると大きくなります。 花の中がちょっと赤くてかわいい。

    大きいほうかな

    草丈は30-50cmとあるから、これは大きいほうかな。花数も多いです。

    美人

    これはアリモリソウの写真で一番のお気に入り。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    オキナワテイショウソウ
    okinawateisyousou2_201402230210111e0.jpg

    オキナワテイショウソウはもう終わりで会えないかなと思っていたら

    花

    こんなにきれいな花が残っていました。
    キッコウハグマを大きくしたような美しさがあります。

    クリックすると大きくなります。 小さな花が3-4個集まって一つの花を作っています。

    やんばるの森の中でいろんな植物が待っていてくれました。
    自然が豊かだからあちこちでみかけましたが、どの花も沖縄県の固有種で大切にしたいですね。

    ----------------------------------------------------------
    アカボシタツナミソウ
    分類  シソ科 タツナミソウ属
    分布  屋久島~沖縄

    クリックすると大きくなります。 茎の基部は這い、先は立ち上がる:
    クリックすると大きくなります。 


    オキナワスズムシソウ
    分類  キツネノマゴ科 イセハナビ属
    分布  奄美~沖縄

    クリックすると大きくなります。

    似たものにセイタカスズムシソウがある。


    アリモリソウ
    分類  キツネノマゴ科 アリモリソウ属
    分布  種子島~沖縄

    常緑樹林下にはえる。


    オキナワテイショウソウ
    分類  キク科  モミジハグマ属
    分布  沖縄

    クリックすると大きくなります。 葉は心形
    web拍手 by FC2

    8 Comments

    とんちゃん says..."沖縄の花"
    すてきな花が色々ですね♪
    とくにオキナワテイショウソウには引き込まれそうです。
    キッコウハグマに似てそれより大きいなんてなにもいうことないくらい
    アカボシタツナミソウですか!
    本当にすっきりして見えます。どこにでも咲いていてしかも大きく伸びあがっているんですね。
    一週間くらい滞在して集中して花散策できたら!!!夢の中でしかできない・・・
    2014.02.23 08:13 | URL | #- [edit]
    光田 重幸 says..."アカボシとは?"
     昔屋久島の低地でアカボシタツナミソウに出会い、葉を調べたけど、赤い腺点なんか見られなかったぞ。赤星さんが見つけた? ないない。最近では花の斑点を言うという説もあるようですが、斑点は赤ではなくて紫系。いったい、どうなってる?
     当時考えましたが、結論は出ずじまい。結局学者が種名のrubropunctata(red-pointed)を訳して、安易につけた名前なんでしょうね。それとも、季節のうちのいつかは、葉裏の腺点が赤くなる?
    2014.02.23 20:04 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda  says..."こんばんは"
    ★とんちゃんへ★
    とんちゃん、こんばんは。
    沖縄はひとっとびです。夢の中のことではないかもしれませんよ。
    お嫁ちゃんたちと一緒にいかがですか?海あり山あり遊ぶ施設あり、お買い物も・・・楽しくて私は沖縄復帰後もう数えきれないくらい遊びに行っています。春がお勧めです。町でも山でも海岸でも見たことのない植物がいっぱい。
    オキナワテイショウソウは花がスッキリしていて、キッコウハグマの親分みたいなのです。これは見ごたえがありました。登山道沿いにあちこち咲いているのも、うれしいです。こちらも、もうすぐタツナミソウの仲間が咲き始めますね、春の妖精さん達がお目覚めの季節になりました。

    やっと、ソチの睡眠不足が解消されそうです。感動ももらって楽しかったね。
    2014.02.24 02:01 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda  says..."アカボシ!!!!"
    ★みっちゃん先生へ★
    「アカボシ」はどこから?と私も思っていました。でも、花の模様はみんな紫だったし、葉表に赤い腺点が見つけられなくて何枚も葉っぱの拡大をしてみました。普通のぽつぽつとした腺点のような感じです。もしかしたら、葉裏の腺点が赤いのかな?見てくるの忘れたと、図鑑には赤い腺点があると書いてあったのですが、特徴に書くことができませんでした。沖縄にいるときに気がついたら、もっとたくさん見ることができたのにと思っていたので、みっちゃん先生から腺点のことを伺ってスッキリ、ありがとうございました。
    「それとも、季節のうちのいつかは、葉裏の腺点が赤くなる?」これは、こまさんに聞いてみたいです。海岸の若い葉っぱにも、種になったものにも葉表には赤い腺点はなかったです。アカボシの由来が腺点と気がつくのが遅くて・・・またいつか出会うことがあるかしら?

    今日は知らない間に6時間も眠ってしましました。でも、またおやすみなさい。
    2014.02.24 02:15 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    光田 重幸 says..."眠り姫さんに、アカボシのまじめなお話"
     アカボシタツナミソウは日本の植物学の泰斗早田文蔵が台湾から記載したものですが、いまでは台湾の分布はネット世界から消えています。これはありえない話。
     じつは早田博士が記載したrubropunctataは、台湾ではjavanica種の変種のシノニムになっていて、もう使われていないのです。それなら日本にもjavanica種があるのかというと、話はそう簡単ではありません。日本のアカボシタツナミソウは現在数変種に分けられていて、内情はアカボシタツナミソウとは別種の可能性がたかいのです。ヤクシマ、アマミ、ヒメ、リュウキュウというタツナミソウが、一挙に日本に増えると思ったほうがよいかもしれません。その中でも、私は清楚でよく見ると華麗、草丈がすらりとしたリュウキュウタツナミソウがいちばん好きですね。
    2014.02.24 05:53 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda  says..."アカボシタツナミ"
     おはようございます。こんなに爽やかに起きたのは久しぶりです。
     アカボシタツナミソウは4つに分かれるかもしれないのですね。フロラオブジャパンのアカボシタツナミソウの特徴を確認してみると、赤褐色の腺点があるとは書いてありませんでした。それから、茎の毛は短い反曲した軟毛で、葉には軟毛があり鋸歯はまるくて4-6対。種子に微小な乳頭がある等々。
     先生の好きなリュウキュウタツナミソウというのはどんなものでしょう?調べてもネットにもでてきません。アカボシがリュウキュウに変わるのかしら?はっきりした論文がでると、こまさんもうれしいのではないかしら。

     ところで話は長崎に変わるのですが、ずっと悩んでいたツクシタツナミソウですが学名が変わっていました。今までシソバタツナミと変種関係にあったのですが、そうなると別種と考えていいのですよね。葉裏が紫でもツクシタツナミソウ・・・ 

    2014.02.24 09:01 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    こまつな says...""
     みっちゃん先生、pandaちゃん、こんにちは。
     リュウキュウタツナミソウ、今まで見ていたのがもしか、この名前に変わるのでしょうか。みっちゃん先生のお褒めのお言葉も頂いて、なんとも嬉しいニュースです。
     アカボシタツナミソウ。。何処がアカボシなのか、きっと無理やりの名前なんだろうかとか曖昧にしたまま片隅においていました。時々内地から来られた方達が、沖縄のはちょっと違うと写真を撮って行かれるので、どう違うのか知りたいとは思っていました。ちゃんと分類をして頂けたらその区別をしりたいなと思います。
     家のベランダで今たくさん咲いているので、葉を良くみますが、赤い腺点はないです。
    2014.02.24 15:59 | URL | #YPF4kFnU [edit]
    panda  says..."赤い腺点はないのですね、ありがとう!"
    ★こまさんへ★
     こまさん、こんばんは。沖縄のタツナミソウはみんなアカボシなのかな?それだったら色々考えなくてよくていいな、と思っていましたがどう変わるのでしょうね。花の感じはとてもきれいだと思いました。
     こちらでもいろんなタツナミソウの仲間が咲きます。でも、咲く時期が微妙に違うので、その点でも区別できます。沖縄は花期が長いので、何種類かのタツナミソウの仲間が咲いていたら困りそうですね。
    2014.02.24 23:18 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1846-65208805
    該当の記事は見つかりませんでした。