花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
海辺の植物
  • 沖縄の海岸植物 キク科

  • イソノギク

    長崎で見かけるハマベノギクに似ているのですが、シオン属のイソノギク、
    花色は白っぽい。

    冠毛

    舌状花も長冠毛です。
    ハマベノギクが異冠毛なので、見た目がどのくらい違うのか知りたかった花です。

    花

    花は微妙に花弁が多くて、豪華に見えます。

    がけっぷち

    咲いている場所は、海岸近くの草原や崖。
    (今はハマベノギク属もシオン属に含まれるようです)


    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    ウシノタケダグサ
    茎の部分

    ダンドボロギクの変種、ウシノタケダグサ。
    全体に毛が多く、見た感じはダンドボロギクにはあまり似ていないのだけれど

    花

    花後の総苞はよく似ています。

    ※日本帰化植物写真図鑑(全農教)に ウシノタケダグサとして掲載されているものは間違い。
     それで、ネット上にはツルハグマ属の花がたまに出ている。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    これは何?

    ウシノタケダグサの近くに生えていた1mくらいの大きなこれ
    ムカシヨモギ属で調べれば出てくるだろうと思っていたら、初めて聞くツルハグマ属でした。
    ツルハグマ属のことが詳しく載っている図鑑がないので
    学名で調べてみました。候補として考えられるのは
    カズザキコウゾリナ、ヤエヤマコウゾリナ、サケバコウゾリナ

    クリックすると大きくなります。
    大きくて三枚に分けて撮りました。
    クリックすると大きくなります。

    名前はしばらく考えてみます。ちょっと保留。

    2014/02/17

    琉球植物誌の検索表をたどると、サケバコウゾリナにたどり着きます。
    学名で画像検索をして、中国のサイトに似たような花がありました。
    それだけで同定することはできないのですが、参考までに琉球植物誌にある特徴をまとめてみます。

    ------------------------------------------------------------------
    イソノギク
    分類  キク科 シオン属
    分布  奄美大島~沖縄

    海岸の岩上や崖にはえる多年草。
    ロゼット葉は縁に毛があり、やや厚い。花は年中咲いている。

    クリックすると大きくなります。 そう果は扁平、密に毛がある。

    クリックすると大きくなります。 これは葉の長さ4cmくらい(図鑑では1-4cm)



    ウシノタケダグサ
    分類  キク科 ウシノタケダグサ属
    原産地 北アメリカ

    ダンドボロギクの変種、伊豆諸島南部、沖縄、小笠原に帰化。
    全体に毛が多く、葉が深く裂ける。総苞は花後でも1cm以下。

    クリックすると大きくなります。
    クリックすると大きくなります。


    サケバコウゾリナ?
    分類   キク科 ツルハグマ属
    分布   トカラ列島以南

    クリックすると大きくなります。
    クリックすると大きくなります。

    ※サケバコウゾリナ「琉球植物誌」より
    全株粉状の微毛を有する一年生草本。
    茎は直立かつ分岐し高さ80-110cm。根葉は長楕円形、長さ14-20cm幅5-7cm鈍頭、漸尖脚。辺縁は頭大羽裂し裂片は開出または多少反曲し歯牙縁。両面ともに有毛。上葉ははるかに小さく、花序付近では包状になる。頭花は多数で散房状または円錐状にならぶ。花梗(花柄)は10-25mm、腺質柔毛を布く。花冠は4mmくらいで先端に微毛。花床は微毛がはえる。総包は長さ7mm、総包片は圧着し4列、外片は短くて鋭頭、背面はやや有毛。トカラ列島以南。

    オオキバナムカシヨモギ 高さ2-3mに達する。葉の形が倒卵状長楕円形で歯牙縁。
    カズザキコウゾリナ 分布が「琉球列島では西表島と石垣島に生育する。」ということではずしました。
    ヤエヤマコウゾリナ 最後まで悩んだのですが頭花が密集して、花柄が5-10mmと短い。花床が無毛(確認していない)

    参考ページ:琉球特産種オオキバナムカシヨモギについて
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    平家蟹 says...""
    全く聞いたこともないような花が次々と出てきますね。
    頭が混乱しそうになるので沖縄に行くのは止めよう、ってそんな機会はまず無いけどさ(^^;)
    ダンドボロギクの変種でウシノタケダグサですか、変種なのに名前違い過ぎ(^^;)
    (属名”ダ”が抜けているのでは)
    帰化植物写真図鑑1にも載っているけど写真が間違っていても普通分からないよね。
    よく見れば写真の撮影地が岡山になっていて分布とあわないけど、そこまで注意はいかないな。
    2014.02.07 09:46 | URL | #3O7YdVUc [edit]
    panda  says..."ほんと、ウシノタケダグサでダンドボロギクは思いつかないね!"
    ★平家蟹さん、こんにちは
    そちらは雪が積もっているのではないですか?
    沖縄にも古墳があったら行けるのにね。沖縄のお墓は古墳みたいに大きいし・・・

    ウシノタケダグサの「ダ」ありがとう。訂正しました。平家蟹さんはちゃんと伝えてくださるからうれしい、また気がついたら教えて下さいね。帰化植物写真図鑑1のウシノタケダグサはツルハグマ属のようです。もしかしたら、岡山ということは、山口にも一番下のようなのがあるのかな?見つけたら一緒に考えてくださいね。
    2014.02.07 15:43 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1834-3a3fe36d
    該当の記事は見つかりませんでした。