花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • ホコザキベニシダ

  • ホコザキベニシダよ

    「ほら、ホコザキベニシダよ♪」と普通に話していたけれど
    私の中では「ホコザキベニシダ!!」 とテンションが上がる。
    長崎のベニシダの中にも、頂羽片がほこ形になったものを見かけるので
    どこが違うのか?見てみたかった。

    最下羽片

    でもしばらくベニシダからは遠ざかっていたので、どこを観察するのだったっけと r(^^;
    とりあえず、最下羽片の第一小羽片は短く鋸歯縁。

    ソーラス

    ソーラスは大きめで、中軸や羽軸の基部が丸い鱗片は少ない。
    この鱗片が少ないところが、べニシダと比べるとすっきりした印象です。

    ホコザキベニシダ

    羽片は8-10対から上は急に小さくなり、ほこ型の頂羽片のようになっています。

    包膜

    小羽片はやや内に巻き包膜は全縁、ちょっと色づいてます。
    ホコザキベニシダは2倍体なので、ほんとは胞子を確認しないとだめなのかしら?

    沖縄ではベニシダやイタチシダ類があまり目にかかりません、
    でもホコザキ?タヌキ?ヨゴレイタチ?と、見たかったシダがずらーっと並んでいました。
    (◎_◎)ビックリ、ビックリ ありがとう!
    あ、鱗片を撮るのを忘れていました・・・

    -----------------------------------------------------------------
    ホコザキベニシダ
    分類  オシダ科 オシダ属
    分布  九州南部~沖縄 

    べにシダによく似た常緑のシダ。

    クリックすると大きくなります。 
    長崎のホコザキによく似たベニシダです。 紛らわしいのがいっぱい!
    沖縄のホコザキを見て違うということがわかりました。
    でも、ハチジョウベニシダにも似てませんか?次は八丈島に行きたいな r(^^;
    web拍手 by FC2

    10 Comments

    光田 重幸 says..."本日の業務終了"
     こがんとは沖縄では珍しなかね。ばってん、はじめてんときは感動もんたい。沖縄のベニシダは、やぜらしのうてよか。
     ハチジョウベニシダは対馬にどっさりあると。そがんとで「八丈島へ行きたい」ごたる贅沢言わんとね。
    2014.02.05 18:42 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda  says..."はばかりさん どす"
     みっちゃん先生、京都は寒そうです。薪ストーブが部屋を温めているのでしょうか。先日までの 沖縄の暑さがうそのようです。
     沖縄ではベニシダやイタチシダの種類は少ないなぁと思ったのですが、こまさんと見たナガバノイタチシダ?は落とし穴でした。写真に撮ってくればよかったです。
     山ではてっきりナガバだと思ったのですが、沖縄にはリュウキュウイタチシダがあるのですね。こまさんがアップしてるのは、私が長崎のナガバノイタチシダに似てると言ったのです。でも、中ごろで羽片が対生しているし小さめだからリュウキュウですか?私のせいで、こまさんを惑わせているかもしれないので、みっちゃん先生にお聞きしたくてこちらに書いています。

     そうでした、五島にも対馬にもあるのでした・・・今年は対馬に初上陸しようと花友さんと話しています。そのときはハチジョウベニシダ見つけますね。
    2014.02.05 23:14 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    光田 重幸 says..."業務に行ってまいります"
     昨日は代名詞「こがんと」「そがんと」を練習したのですが、文章で長崎弁を書くのは一苦労。おかしなところがあったら、先生、添削してくださいね。
     私はまだリュウキュウイタチシダの変異を充分に把握できていません。ウェブでは「中ほどの羽片が対生する」と書いてあるのを見かけますが、ほんとかな?(中ほどの羽片の基部小羽片が対生する、ならわかるのですが)。端的にいえばナガバノイタチシダとイヌタマシダとの中間だと思うのですが、両種には雑種もあるようで、それとの区別がわからないのです。昨年こまさんがアップして、私がイヌタマシダとしたものも、リュウキュウイタチシダの可能性があります。勉強しておきます。こまさんの今回のはナガバです。
     世は利益至上主義による偽装が花盛り。食材偽装、(某政党の)人材偽装、今回の作曲家偽装。これは騙されるほうが悪いともいえますね。作曲家の新垣さんの曲は聴いたことがありませんが、沖縄にいたとき現地の作曲家による交響曲を何度も聴きました。大したもんだと思いましたよ。新垣という姓もルーツは沖縄でしょうね。新垣さんがかわいそうにも思います。きっといい音楽ですよ。
    2014.02.06 06:49 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda  says..."いってらっしゃいませ、はよおかえりやす。"
     おはようございます。そがんとの練習ですか? 
     「これ」と「それ」が「こがんと」「そがんと」で、指示代名詞というだけでなく、「こんなもの」「そんなもの」という意味も含まれていてます。だから、みっちゃん先生の使い方で満点です。でも文章にするのは難しいというのもわかります ^m^
     私が同じことを文章にしたら『こがんとは沖縄にはよんにゅうあると。そいばってん、はじめてんときはうれしかっさねぇ。沖縄のベニシダはやぜらしゅうなかけんよかったい。ハチジョウベニシダは対馬にも山んごとあるけん、そがんとで「八丈島に行きたい」って贅沢ばい。』みっちゃん先生、長崎弁はいろんな地方のちゃんぽんです。長崎市内でもその区域で微妙に違って、私はあちこちに住んでいたので嫌いな表現はしないから、生粋の長崎弁じゃないかもしれません。

     ナガバでよかったのですね、ほっとしました。長崎で見るナガバも最下羽片の第一小羽片の大きさは大小あるし、ファイルの写真をみると中ほどの羽片が対生しているものもあります。イヌタマシダも難しいです。今回撮った中にもそれらしいものがあるのですが、ナガバノイタチシダとイヌタマシダとの中間ともとれます。こまさんにちゃんと聞いてくればよかったです。

     今回の作曲家偽装は初めて知ったので、Webや新聞で読んでみました。ほんとの作曲家のかたが18年間、どんな気持ちで聞いていたのでしょう。交響曲はわからないけれど、沖縄の音楽はこちらのリズムとはまた違って好きです。まずはソチオリンピックで聞いてみますね。
    2014.02.06 08:41 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    こまつな says...""
    みっちゃん先生、今はお忙しい時だと思いますが、見て頂いて有難うございました。ナガバのイタチシダで良かった様で、嬉しいし、ホットしています。
    pandaちゃんもありがとう。イヌタマシダとナガバノイタチシダは麟片が違うので見わけれると思いますが、その雑種とか、リュウキュウイタチシダはまだ私には自信がなく、これからもその意識を持って見て行きますのでまた相談に乗ってくださいね。
    2014.02.06 10:59 | URL | #YPF4kFnU [edit]
    panda  says..."★こまさんへ★"
     こまさん、こんにちは。
     ナガバでほっとしました。やっぱり地元の人がみると勘が働くのですね。私はナガバしか知らなかったので、微妙な違いがよくわかりもせず、ナガバかな?と言ったことが気になっていました。でもよかったね、これでナガバノイタチシダがこまさんの中では形づくられたのではないかしら。一つ一つ片付けていこうね!いつか、一緒にシダをゆっくり見て歩きたいです。
     イヌタマシダ?の鱗片写ってなかったです。お蔵入りになっちゃかな・・・ソーラスがいびつだったから、もしかして両種の雑種ってこともあるのかな?もう一回みることができないのが残念・・・ (^_^;)ゞ
    ためしにアップして見よう  ^m^
    2014.02.06 12:15 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    光田 重幸 says..."あば!"
     やっぱり地元のかたの言い回しは、躍動感が違いますね。pandaちゃんのは、それに輪をかけてる? リズムをたいせつにして、覚えるようにします。
     昨日は立ちっぱなしだったので、足が…。
    2014.02.07 05:50 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda  says..."えへへ"
     みっちゃん先生、おはようございます。
    ばってんは熊本や鹿児島、福岡でも使われているけれど、長崎ではそれほど耳にしません。「ばってん」は、長崎では「そいばってん」かな。「よんにゅう」はおもしろいでしょう。「めずらしかとよ」といいうより「よんにゅうあるとよ」と昔の人は言います。ごたる、よか、やぜらしかはみっちゃん先生の使い方はぴったりです。
     そうそう、マクドナルドさんだったかに保存されている英語の日本語意味のなかに。「good」が「よか」と書かれていると聞いたときは、長崎弁じゃない!と笑ってしまいました。江戸時代は長崎人に聞いて通訳したのかな?
    受験業務お疲れ様です。みっちゃん先生のクラスになったら笑って緊張がほぐれそうですね。
    2014.02.07 06:47 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    光田 重幸 says..."よんにゅう"
     「どっさり」を「よんにゅう」というのは、思いつきませんでした。佐賀でもいうようで、歴史あることばなんでしょうね。あと、リズムのもとは「っ」の使いかたかな。これは楽しいけど、いちばん難しい。「とっとっと」はすぐ覚えましたが。
     あ、それから、マクドナルドじゃなくで、ひょっとしてドナルド(キーン)?マクド(マック)に図書館があるとは思えないのですが。
    2014.02.07 08:17 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda  says..."ラナルド・マクドナルド"
     すみません、私うろ覚えで書いたものですから、調べてみたらラナルド・マクドナルドさんのようです。マクドナルドはあっているけれど、マックとはまったく関係ない人でした。 r(^^;
     「っ」は私がいつも使っているのですが、みっちゃん先生に言われるまで標準語だと思っていました。どんなときに「っ」になるのかしら。ちょっと考えてみます。

    ラナルド・マクドナルドさんを調べてみたら、おもしろかったので
    「Good」は「よか」、「Bad」は「わるか」「Large」は「ふとか」、そして「Small」は「こまか」 最後の「こまか」が一番笑いました。
    2014.02.07 09:19 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1833-a478fc03
    該当の記事は見つかりませんでした。