花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…イネ科イグサ科
  • アシボソ

  • アシボソ

    イネ科も名まえ調べが難航して、アップするまでに時間がかかります。 
    属をみつけるまでが大変と、実物大のハンドブックを見てとりあえずアシボソ属
    アシボソ属はササガヤとアシボソの区別だけでよかったので

    葉

    葉の真ん中あたりが広いので、アシボソとしました。
    足細? なんだかあてつけみたいで気に入らないのよね・・・

    総拡大

    総は1-3個、これには芒がないのでヒメアシボソかな。

    葉鞘

    平凡社の図鑑には、長さ40-100cm斜上してよく分枝する無毛の一年草とあるけれど
    葉の両面、葉鞘、花序の中軸、小穂の基部など、けっこういたるところに毛がある。

    紅葉?

    紅葉したアシボソだと思います。総が2つ

    葉

    これには全体毛がないように見えれるけれど、
    元画像には目で見えないような極々短い毛が写っています。

    総総

    小穂には縁に毛があります。芒があるからアシボソ。

    根

    茎の下部は這って、節から発根しています。2つとも渓流沿いの湿ったところにはえていました。

    今日はアシボソとしましたが、図鑑と一致しない点が多くよくわかりません。
    大きくはずしているかも・・・

    -------------------------------------------------------
    アシボソ
    分類  イネ科 アシボソ属
    分布  日本全土

    丘陵地の林内にはえる。

    クリックすると大きくなります。  上のアシボソの葉表
    web拍手 by FC2

    10 Comments

    yuuko says..."私も!"
    アシボソって、、、ね!(^_-)-☆

    こういうのを見るとどれもチヂミザサかた思っていたけど アシボソというのもあるのですね
    うちの周りに広範囲に蔓延っているのはなんだろう・・・
    なんであろうと とにかく絶滅作戦をしたいくらいです

    這って根を下ろすからどんどん拡がるんですよね
    2014.01.20 12:00 | URL | #7PUYXG.I [edit]
    panda  says..."足細!"
    ★yuukoさんへ★
    yuukoさんは違うよ、それは現実の世界でお会いしたことがあるので自信を持っていえます。アシブト○○って名のつく蜂には笑ってしまうけど、コシフト○○なんていうのもありそう、 名まえをつけたのは誰だ~でてこ~い!って被害妄想かな? (^_^;)ゞ

    私もどれもチヂミザサと思っていたのだけれど、チヂミザサじゃないのも多いみたい。除草の対象でしかなかったから気をつけて見ると、花がかわいかったり、斑いりだったりと新発見したみたいで面白い。それにね、イネ科って、果実に小さな虫がいっぱいついてたりしてyuukoさんの世界が楽しめそうなのです。今度から触れる前に虫がいないかよく見ることにするね。

    根をはって広がる雑草は早いうちに除草しよう、とくに多年草は見逃さないと研究中・・・? (^_^;)ゞ
    2014.01.20 16:32 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    平家蟹 says...""
    うんうん、イネ科はまず属を同定するのが大変(^^;)。
    同定できないなら本を端から見ていく手もあるけどイネ科じゃそれも難しいしな。
    なのでお蔵入りが幾つも。
    そもそもイネ科の本が図書館にないんだよね、
    ハンドブックなんてあるの、買ってくれないかな(^^;)<図書館
    2014.01.20 16:38 | URL | #VD0bvtlU [edit]
    panda  says..."★平家蟹さんへ★"
     平家蟹さんもイネ科の属探すの苦手ですか?よかった~「私にとってイネ科の属をみつけるのと、スゲの仲間を見つけるのが今のところの課題です」と言っても普通なのですよね(^.^)>・・・イネ科のハンドブックは1600円で安かったです。

     でもほんとにアシボソでいいのかな?前にイネ科カヤツリグサ科はいくつかの図鑑を比べないとわからないと教えていただいたので、これも平凡社の図鑑の記述とは全然違うけど、ネットで検索すると毛のはえてるのもがあったので、いいのかなぁと思ったのです。そんな感じで一人では絶対できないみたい。
     あ、図書館の利用でリクエストを受け付けてくれると思うのです。小さな図書館だと優先順位があるかもしれないけど、県立の図書館なら大丈夫かも。それに近くの図書館に配送してくれるんじゃないかな。最近の図書館便利になってるよ、探してみてね。
    2014.01.20 16:56 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    光田重幸 says...""
    あはは、アシボソで大丈夫ですよ。あてつけだなんて、ふふ。何本も気根みたいな根(杖)を伸ばした、おばあちゃんですね。イネ科につる植物はないから、むしろがんばってほしいな。
     ササガヤの葉は無毛といってもいいけど、アシボソの葉には両面に寝た毛があります。桑原さんのイネ科植物図譜にはちゃんと書いてありますが、無毛とする本も多いですね。要するにオウレンシダと同じで、肉眼で見えない(見えにくい)ものは、無毛とする人がいるのです。
     わが家の庭の一角には、アシボソが群生しているところがあります。山から希少植物を移植した時に付いてきたのでしょう。放りっぱなしにして、晩秋に堆肥にしています。秋にはそれなりに紅葉して、風情があるものですよ。
    2014.01.20 18:46 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda  says..."★みっちゃん先生へ★"
     こんばんは。アシボソでよかったのですね、ありがとうございました。イネ科の植物図譜がほしいのですが高いです・・・イネ科とカヤツリグサ科をそろえると・・・と躊躇するところが、まだシダのように染まっていないのかな。マツモムシさんのようなサイトがネット上にあるので、つい頼ってしまうんです。それにみっちゃん先生が見ていてくれるということも。最後のチェックは自分で調べないといけないですね。
     アシボソ、ササガヤ、メヒシバ、コブナグサ・・・去年までテキトウだったなぁと、今更ながら思います。みんなちょっとづつ私は違うよと主張していることに気がつきました。

     >晩秋に堆肥
     以前つぶやいていらっしゃいましたよね、あれから果実ができる前に抜いて畑のくりにおいています。湿気を含んでくれていいあんばいです。先月畑にすきこみました。今の畑はウサギが掘り返した穴を埋めて苦土石灰をまいて春を待っています。
    2014.01.20 21:50 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    いつもながら、その探究心は素晴らしいです。
    イネ科、カヤツリグサ科、シダ類と課題に掲げたものの、遅々として進まずです。アシボソねえ。見たような気もするんですけどね。
    2014.01.21 08:15 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    panda  says..."★多摩さんへ★"
    多摩さん、おはようございます。
    アシボソってブログネタにできそうな名前ですよね。つい足細に嫉妬を感じてしまう私(*^-^*)ゞ メヒシバにしては総の本数が少ないし太いと思ったらアシボソかも。湿ったところにはえていました。今まであまりの地味さにメヒシバの貧弱なのと片付けていました。
    2014.01.21 08:25 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    vol says...""
    家の近くの田んぼの土手のアシボソみたいなのは 穂が1本のばっかりの群落でした。草刈りにあうので 急いで一本だけにして実になることにしたとか???(^^ゞ ほんとは枝分かれするんだけど開かないでかたまって急いだとか?? なんてあるでしょうかね~
    2017.02.06 13:13 | URL | #n.R1x1CA [edit]
    panda says..."★volさんへ★"
    volさん、こんばんは
    どうして1本なのかなぁ、^m^
    考えてみると楽しいですね、なるほど、とりあえず早く成長して種子を作る戦法もおもしろい。アシボソは枝分かれして四方八方に広がるから、葉っぱや茎に栄養をつかって、総が数本しか作れないとか・・・なんてあるでしょうかね~
    アシボソに聞いてみよう 
    2017.02.07 02:43 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1825-0271242e
    該当の記事は見つかりませんでした。