花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • ハマスゲ

  • ハマスゲ

    すでに残骸のようなハマスゲでしたから、今頃はもうないかもしれません。
    カヤツリさん達を始めたばかりの9月ころ、
    こまさんにかわいいハマスゲを見せてもらって「頑張ろう」と誓ったハマスゲ
    あの青々とし姿からは想像できませんでした… (^_^;)ゞ

    花序

    スゲとつくけどカヤツリグサ属で、他のカヤツリさん達とは雰囲気が違う。
    草丈30cmくらいで、海岸の砂浜にありました。

    花序

    広い葉は他の植物の葉です。
    小穂は線形で光沢があり、少なくとも一部は血紅色なのだそうですが枯れていてわからないですね。

    鱗片

    鱗片は狭卵形、3-3.5mm

    そう果

    そう果は鱗片の半分より短くて3稜形

    根茎

    根茎は・・・ああ・・・砂を払えば球茎状に肥大していたのかもしれない
    最初見たときはハマスゲと思わなかったので、根っこは這っていないと確認したつもりが
    ハマスゲは細長い地下茎があり、引き抜いても地下に残ってまた繁殖するのでしたね

    名前がわかったので、これから観察を続けます。


    2014/07/30
    他の畦で

    ハマスゲのきれいなとき

    花

    去年観察できなかった「小穂は線形で光沢があり、少なくとも一部は血紅色」ですね ^m^

    根茎

    根茎が露出していたので、根の様子や葉の観察にはいいかなと思って。

    -------------------------------------------------------------
    ハマスゲ
    分類  カヤツリグサ科 カヤツリグサ属
    分布  本州~沖縄

    日当たりのよい砂地にはえる多年草。
    根茎の肥大部分は香附子とよばれ、生薬の一つ。
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    光田重幸 says..."ふふっ"
     観察したというアリバイづくりのような…。でも、ちゃんと合っているから、いいか。地下の「芋」は、丁寧に掘らないと見つからないかも。親株の根元は、とくに肥大はしないです。
     地下茎であたり一面に広がっているはずですから、遠慮なく掘りましょう。ただし、持ち帰って庭に植えないように。完全駆除をするのはたいへんで、泣くことになります。
    2014.01.16 10:10 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda  says..."へへっ "
     みっちゃん先生、ごめんなさい (^_^;)ゞ
     沖縄へ行ったら、撮りためたカヤツリやイネ科が闇に葬られそうなので、発掘しています。とりあえず名前が間違えていないとわかり、ありがとうございました。またボランティア作業をしながら花や根っこを確認して画像を追加していきますね。許してください(。-人-。)  

     はい、カヤツリさんたちは除草が大変だと身にしみているので、見るだけにします。今日はよいお天気です。近所を歩いて春を見つけてみます。
    2014.01.16 13:40 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1818-a502f1df
    該当の記事は見つかりませんでした。