花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • ナキリスゲ

  • ナキリスゲ?

    12月になってもまだ観察できるのはナキリスゲしかありません。
    でも、ナキリスゲって難しい、これは10月29日に撮影したものです。
    ナキリスゲをみて歩いて、かれこれ1ヶ月・・・う~む 

    せめてナキリスゲがわかれば、その仲間が区別できるのにとアップしてみることにしました。

    先端

    ナキリスゲは湿気のあるところが好きみたいで、
    今年の秋はため池巡りの途中、林下でよくみかけました。
    これは一株日向に連れてきて写真を撮ったもの。

    小穂

    ナキリスゲの仲間は、小穂が頂端に雄花,下に雌花をつける雄雌性なのが特徴です。
    高さは50cm、小穂の数7~15個で苞の鞘内から1-3個出ていました。

    そのまま

    これは林下で撮ったもの、葉の色は濃緑色、葉幅は3mmくらい。

    果胞

    果胞は3mm、脈と開出毛があり、そう果はレンズ形。

    根茎

    日が当たって明るく写っているけれど、基部の鞘は暗褐色。


    これが一番図鑑のナキリスゲの記述にあっているような気がしたんですが・・・
    ナキリスゲみたいなのに、そう果や草丈のあわないものの方が多くて困りました。

    ----------------------------------------------------------------------
    ナキリスゲ
    分類  カヤツリグサ科 スゲ属
    分布  本州(関東以西)~九州

    葉がざらついて菜っ葉も切れるということでナキリスゲ。

    クリックすると大きくなります。 果胞の開出毛
    web拍手 by FC2

    4 Comments

    光田 重幸 says..."ご苦労さま"
     正解だと思います。
     ナキリスゲ類は、フサナキリスゲやコゴメナキリスゲのようなはっきり分かるもの以外は区別点が微妙で、苦労するもの当然でしょうね。九州にあるものでは、本種のほかキシュウナキリスゲ、ヒメナキリスゲ(ジングウスゲ)、センダイスゲが代表的で、対馬からオオナキリスゲも報告はされています。キシュウナキリスゲは小穂のつきかた(各節2-3個)で見当がつきますが、あとのものはプロ向きかな。海岸に近いところだと、小型のセンダイスゲに注意が必要かもしれません。
     ナキリスゲで思い出すのは、よく見るカンスゲワタムシ。同類の生態から本来はニレ類に虫コブを作る種類だと考えられ、一時的にナキリスゲに寄生している姿らしいのですが、そのニレ科植物はたぶん絶滅してしまい、ひたすらスゲ類だけで生きています。それでも同類が移動して繁殖する時期になると、こちらも有翅移動型になるという悲しさ。すべて雌で、雄はいないそうです。つまり有性生殖はできない。何百万年も単為生殖で暮らし続けているなんて想定もありますよ。
    2013.12.13 09:34 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."よかった~♪"
    ★みっちゃん先生へ★
     ナキリスゲでよかったですか?ありがとうございました。他のはキシュウナキリスゲ、ヒメナキリスゲ(ジングウスゲ)、センダイスゲ、コゴメナキリスゲ、フサナキリスゲを考えればいいのですね。ひとつひとつ検証してみます。
     それから、カンスゲワタムシなのかな?小穂に白いワタみたいなのがついているのがありました。カビだと思って撮ってないのが残念。でも、マイクロスコープでみると、そのワタのようなものが写っています。昆虫なのに単為生殖なのですか?どんなふうに増えるのかしら?芋虫時代に2分裂するとか、それじゃ命を繋いでいけない・・・ですね (^_^;)ゞ面白そうなので、少し調べてみます。
    2013.12.13 23:06 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    光田 重幸 says..."あはは!"
     アブラムシに芋虫時代? pandaちゃん、アブラムシはセミの仲間ですよ。つまり不完全変態類といって、芋虫にならないグループ。バッタもそうですね。しかし芋虫の二分裂とは傑作。文句なく面白い!
     仕事でキクバヒヨドリを調べていたら、タイプ産地は長崎・佐賀の多良岳とありました。ブログの検索で調べたのですが、花の日記には載っていない?見かけたことありませんか?
    2013.12.14 06:56 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."おはようございます"
    ★みっちゃん先生へ★
     おはようございます。カンスゲワタムシを調べてみて私も笑ってしまいました。原生動物じゃああるまいし・・・なんて。でも昨夜は忙しくて訂正する暇もなく、忘れていました。
     キクバヒヨドリでしたね・・・佐賀(多良でなく唐津です)で見たものがあります。たぶんキクバだと思うのですが、フォト蔵のほうにアップしてみます。腺点があるほうですよね、間違っていたらごめんなさい。多良岳のものはどうだったかな?ずっと昔なので探してみます。
    2013.12.14 07:52 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1805-240143d5
    該当の記事は見つかりませんでした。