花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • コウボウムギ

  • コウボウムギ

    もうイネ科、カヤツリグサ科も終わりですね・・・
    でも、冬の砂浜でコウボウムギが気持ちよさそうに日向ぼっこしていました。

    筆

    てっきり、この花序が弘法大師の筆なのだと思って 
    かすれた芸術的な文字が書けそうと思ったけれど
    茎の基部の古い葉鞘が分解して、残った繊維を筆として使ったそうで別名フデクサ

    コウボウムギ

    砂の上から見れば間隔をあけて砂の表面から葉を出しているので
    掘ってみないと解らないけれど、根茎が長く伸びているらしい。葉は革質。

    雌花

    ふつう雌雄異株で、これは雌花序。
    茎頂に単生して柄のない雌小穂を密につけ、苞葉は目立たないのが多いけどこれは右下に苞葉があります。
    尖っているのは苞、縁に上向きのトゲがあり硬かった。

    果

    振って出てきた果胞。

    コウボウムギ

    コウボウムギを見るのは2回目、「県北にはあるよ」と花友さんは言うけれど
    長崎市では準絶滅危惧種、冬色の海岸散歩楽しかったね。

    旅行中みたコウボウムギ

    5月、島根の海岸で見たコウボウムギです。

    --------------------------------------------------------------------
    コウボウムギ
    別名  フデクサ
    分類  カヤツリグサ科 スゲ属
    分布  北海道(西海岸)~沖縄

    去年まで同じだと思っていたコウボウシバ
    クリックすると大きくなります。 葉は似てるけど、花序が違う (^_^;)ゞ
    ※「コウボウムギとコウボウシバは花序がなくても、慣れれば葉幅で区別できるようになります。」と教えていただきました。コウボウムギの葉幅4-6mm、コウボウシバの葉幅2-4mm。
    web拍手 by FC2

    4 Comments

    平家蟹 says...""
    こちらの海岸では普通に見られるけど長崎では準絶滅危惧種なんですか。
    初めて見た時は雄株と雌株別の植物だなと思ったもんな(^^;)
    近くの海岸で見られるけどもう寒いからパス、普通に見られるから暖かくなってもパス(^^;)
    コウボウシバというのもあるんですか、多分見てないと思うけどそれは想定外。
    よく似たのがあっても全く知らないとチェック対象にならないもんな(ーー;)
    2013.12.11 16:06 | URL | #VD0bvtlU [edit]
    panda says..."★平家蟹さんへ★"
    平家蟹さん、こんばんは。
    コウボウムギは地味だから目に付かないのかな?どこにでもあれば引っこ抜いて筆を確認したいけれど、長崎市のNTになるとそういうわけにもいきませんね。どこか、無限に生えているよそで引っこ抜いてみようかな ^m^
    「しっしっ、来るな」なんて言ってない?

    コウボウシバは花序が出てればわかるよ。
    >普通に見られるから暖かくなってもパス(^^;)
    なのかもしれないけれど・・・
    2013.12.11 18:47 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    マツモムシ says..."コウボウムギ"
     pandaさん、こんばんは。コウボウムギはスゲの仲間のうちでは結構存在感があるように思いますよ。まあ、ハマヒルガオやハマエンドウなんかに埋もれてたら目立ちませんがね。
     コウボウムギとコウボウシバは花序がなくても、慣れれば葉幅で区別できるようになります。難しいのはコウボウシバとシオクグの区別。シオクグは汽水域や塩性湿地に生えますが、砂浜に進出してきたものは背丈も低くなり、コウボウシバとそっくりになります。
    2013.12.11 23:02 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda says..."★マツモムシさんへ★"
     マツモムシさん、おはようございます。
     スゲ属の検索表を見て、これかな?と思うところにたどり着いても、それからまた先が細かく見なくてはならなくて、ほんとにスゲは難しい・・・ 。そんな中でコウボウムギはひとめでわかるのがうれしいです。砂浜から頭だけ出してずんぐりしてるのも面白い。ハマヒルガオやハマエンドウ、ハマニガナ、ハマボウフウ、みんな首まで砂風呂の中で夏の陽射しから身を守っているようです。
     コウボウムギもコウボウシバも長崎市内では普通にははえていないので、なかなか比べることができません。もっと島嶼に行った時に確認してきますね。シオクグはあちこちあるので、背が低くなった時コウボウシバとどこで見わけるのか観察してきます。
     それから、ここのところナキリスゲで悩んでいます。どれに名前をつけてもどこか一致しないようなのです。種子の形が違うので別々のものと思うのに見た目は一緒なんです。もうわからないので?であげてみますので見てくださいね。
    2013.12.12 07:46 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1804-3f3d6f60
    該当の記事は見つかりませんでした。