花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • イソヤマテンツキ

  • テンツキの仲間だ・・・

    海辺を歩いているとテンツキの仲間のようです。
    ちょっとは予想がつくようになったみたいですか?
    もう枯れてたけど、これを緑色だと思えば変わらないと撮ってきました。

    ここのは1-3個と少なめ

    花序は枝分かれせず1-5個の小穂をつけています。

    小穂

    苞は葉状、小穂は5-13mm。

    根茎

    葉は茎より短く、根茎は短い。

    夏のイソヤマテンツキ

    そういえば、夏に海岸で撮ったのもこれみたい。
    やっぱり緑色にしただけでしょ (^_^;)ゞ

    クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。

    そう果はレンズ形で濃褐色、やや平滑。針状花被片はなし。

    何だろう?

    河口にテンツキの仲間が群生していました。

    一株

    何だろう?と種子を見てみると、イソヤマテンツキしか当てはまるものがありません。

    微毛。。。

    そうだ、微毛を観察するのだった・・・

    微?

    微毛というくらいだから、これくらい目立たなくてもいいのかなぁ

    --------------------------------------------------
    イソヤマテンツキ
    分類  カヤツリグサ科 テンツキ属
    分布  本州(千葉県石川県以西)~沖縄

    海岸付近にはえる。

    鱗片には微毛がある。
    クリックすると大きくなります。 8月撮影分の鱗片には微毛があります。

    クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。 11月末撮影(山口)



    そう果
    クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。
    web拍手 by FC2

    5 Comments

    光田 重幸 says..."ふむう…?"
     笑ってる場合ではないかも。完熟とはいえ痩果がこんなに黒っぽく、「やや平滑」というよりは格子紋状。鱗片も鋭尖頭気味。
     岩場に生えるという点ではイソヤマテンツキと同じ生態ですが、こんなイソヤマテンツキがありえるかな? 私は、超希少種のナガボテンツキの可能性を考えた方がよいと思います。この画像だけでは断定はできませんので、来年の課題ということで、ヨロシク。
    2013.12.07 14:32 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    マツモムシ says..."微妙ですね"
     時期的に難しいですね。痩果が黒いのはそのせいかもしれません。図鑑には書かれていませんが、イソヤマテンツキにも痩果の表面に微妙に微細な格子紋が出るものがあります。「やや平滑」という記述はそこからきているのだと思います。ナガボテンツキは標本を1例しか見たことがなく、自信を持って言えませんが、格子紋はかなりはっきりしていたように思います。あと、小穂の元画像を見て、鱗片の表面に微毛が生えていればイソヤマテンツキであると思います。ナガボテンツキの鱗片は無毛です。しかし、時期が遅いので、微毛が脱落しているようなことがあるかもしれません。
     やはり来年にきっちり見直したほうがよいかもしれませんね。8月の画像のものはイソヤマテンツキの可能性がきわめて高いです。
    2013.12.07 17:13 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda says..."研修会に参加して遅くなりました。"
    ★みっちゃん先生へ★
     こんばんは、すみません。そう果をもっとたくさん載せてみます。色はもう少し薄いと思います。それから鱗片も拡大してみました。微毛については8月の分では写っているのですが、今回の分ははっきりしません。微毛???って感じです。
     ですが来年にきっちり見直すことができるか不明です。というのは山口県産なのです。長崎県産ならどこまでも追求したいのですが、すみません。

    ★マツモムシさんへ★
     こんばんは、ありがとうございます。マツモムシさんの予想通り鱗片の微毛はよくわかりませんでした。でも、そう果の写真を追加しますので、みてください。
    2013.12.07 23:34 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    マツモムシ says..."う~ん、難しい"
     痩果と小穂画像拝見しましたが、やはり小穂の毛はありませんでしたか。痩果を見ると、どちらかというとイソヤマテンツキの可能性が高そうです。でも、保留というのが正直なところ。
     長崎県では平戸の海岸でイソヤマテンツキを見かけたので、機会があれば探してみてください。
    2013.12.11 17:33 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda says..."★マツモムシさんへ★"
    マツモムシさん、こんばんは
    見て下さってありがとうございます。やっぱり難しいですか・・・・違いがわからない私がみても、どこがどう違うのか見るのも大変で、みっちゃん先生やマツモムシさんなら微毛を見つけてくださるかな?と思っていました。夏のイソヤマテンツキは平戸のものです。また、来年の夏に復習してみますね。そう果の形をしっかり観察してきます。
    2013.12.11 18:42 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1802-ae4ceb86
    該当の記事は見つかりませんでした。