花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • トウゲシバ

  • トウゲシバ

    標高は600m、トウゲシバだと思います。
    どこにでもあるのに、まだトウゲシバをアップしていませんでした。

    細い・・・

    今まで、一番大きな葉でこのサイズならホソバトウゲシバと思っていたのですが
    同じ山系の1000m付近で見たホソバトウゲシバとは見た感じが違います。

    ムカゴ

    ムカゴと胞子嚢


    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    トウゲシバ

    これは近所のトウゲシバ

    葉の形

    葉の幅は2mm以上あるから、ヒロハノトウゲシバにあたるかもしれない。

    横から

    胞子葉は栄養葉よりやや小型・・・なのだそうだけどどれが胞子葉?
    そんなこと等々を考えていて、トウゲシバがアップできなかったのです。

    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
    オニタイプ

    これは葉幅が広く、葉柄があるのでオニタイプかな?

    横から

    「ヒロハノトウゲシバでも、ムカゴから生えた若い個体で、オニトウゲシバタイプの葉をつけることはあります。オニタイプは葉の大きさが周期的に極端に変わるのも特徴のひとつ。」と教えていただきました。

    でも連続していて、見わけるの難しいです。

    カッコいい!

    カッコいいトウゲシバをみつけました。なんだか小さな南国の雰囲気 ^m^

    ---------------------------------------------------------------
    トウゲシバ
    分類  ヒカゲノカズラ科 ヒカゲノカズラ属
    分布  北海道~沖縄

    葉が細いものから幅広いものまである。
    web拍手 by FC2

    5 Comments

    平家蟹 says...""
    私もこれを初めて見つけたときは、ワー珍しいなんて思ったけど至るところで見かけますね(^^;)
    ホソバ、ヒロハと連続的に変化するのならもう区別は(・_・)ノ~ ゜ポイ ヾ(^^;)
    ノギス初登場ですか、でもこの使い方では普通の定規と違わないような(^^;)

    ネタが尽きてきました。
    シダは全然撮ってないしな(唯一分かるのを撮っていたけど写真が行方不明(/_;))
    カヤツリグサ科も難しいし今年の冬はどうしよう。
    2013.11.29 22:40 | URL | #- [edit]
    hnd says..."トウゲシバ"
    トウゲシバ,難しいです.
    葉の大きさや葉の着く角度でホソバトウゲシバとヒロハノトウゲシバを区別するのは困難だと思います.
    チャボトウゲシバやトヨグチトウゲシバという,あまり知られておらず変種や品種としても認められることの少ないもの(いずれも,別種ではないかと考えています)を別として,次のように考えています.

    オニトウゲシバ(独立種,Huperzia javanica)葉の形の他,胞子葉が著しく小さくなることも特徴.私自身は,自分で四国(愛媛県)で採集した標本がこれではないか,と考えています.

    和名なし(独立種,Huperzia crispata か?)オニトウゲシバに比べ,胞子葉は多少大きいようです.鋸歯の様子など,ヒロハノトウゲシバによく似ており,粗い鋸歯の他に細かい鋸歯が多数ありますが,葉の辺縁が波打つことで区別できます.この型をヒロハノトウゲシバの典型としているページを見たことがあったような.

    ヒロハノトウゲシバ(独立種?)粗い鋸歯の他に細かい鋸歯が多数あることでホソバトウゲシバと識別できると思います.葉は開出してホソバよりも大きく,中間またはやや上方で最も広くなります.

    ホソバトウゲシバ(広義)は,鋸歯の様子で定義すると識別しやすいと考えております.粗い鋸歯がやや間隔を置いてつきます.細かい鋸歯はないか,またはごく少ないようです.葉の大きさや着き方は,ヒロハノトウゲシバに似たものから,より小さくて反曲してつくものまであります.あるいは,典型的な「ホソバ」は何らかのランクで区別されるかもしれません.

    ここでアップされた写真のものは,ホソバトウゲシバに相当すると思います.
    といっても,アマチュアの限られた観察に基づく見方でしかありませんが.
    2013.11.29 23:14 | URL | #dao85L4E [edit]
    usunoki says..."おひさしゅ"
     こんばんは。

     ほう、トウゲシバ。
    小型の3脚立てて一生懸命撮った記憶があります。
    大阪と奈良の県境で初めて見て雨の降った後だったからか透明感が有った様な気が・・・。
     今年は夏前から忙しくなって、思い通りには行きませんでした。
    2013.11.30 02:54 | URL | #H6hNXAII [edit]
    panda says..."おはようございます。"
    ★平家蟹さんへ★
     平家蟹さん、おはようございます。
     ノギス使ってみたかったのだものヾ(^^;) でも、けっこう難しい2mmと3mmなんて微妙で薄っぺらい葉は曲がってしまうし・・・それで、スケールとして上にのせたわけです。

     カヤツリグサもイネ科ももう種になってしまって、冬はやっぱりシダかな?と思って歩いてみたけれど、すっかり忘れていてコレナニ?状態。図鑑を持ち歩いて復習しなければ・・・


    ★hndさんへ★
     hndさん、おはようございます。
     詳しい解説をありがとうございます。オニトウゲシバの胞子葉は著しく小さくなるのですか?葉が不ぞろいだと感じたことはあるけれど、オニトウゲシバのときは顕著なのですね。
     それから、ホソバトウゲシバ(広義)とヒロハノトウゲシバは区別の難しいものがあります。長崎の低地のものはほとんどがヒロハノトウゲシバだと思うのですが、その中でも葉が細かったらホソバトウゲシバと考えてもよいのか、そこがわかりませんでした。それでまとめてトウゲシバとしてしまいました。葉の鋸歯も考えて観察してみます。
    2013.11.30 06:34 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says..."★usunokiさん!!!!★"
     usunokiさん、どこに行ってたの?探したのよ~ツイッターもなくなってる?
    突然ブログは消えているし・・・いつも私が心配しないように予告して消えるのに・・・でも、コメントありがとうございます。あすちーさんはフェイスブックで元気な様子はわかるよ。お仕事が忙しくなって大変でした。これから年末にかけても忙しいと思うのにありがとう。なんだか今日はいい日になりそう!
    2013.11.30 06:41 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1797-9a14e389
    該当の記事は見つかりませんでした。