花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • イガガヤツリ

  • イガガヤツリ

    なんとか泥まみれじゃないイガガヤツリを見つけなくちゃ・・・と歩いていたら
    これ、イガガヤツリかも!もう、枯れかけてるけど間に合いましたか?

    1ヶ月前

    最初に見たのはこれ、泥だらけ
    花穂が栗のイガに見えるからイガガヤツリ。
    おぼえやすいですね ^m^

    洗った

    洗ってあげたら、こんなに瑞々しい。

    今

    それが今は果実期になって、そう果を調べるのには都合がよかった。

    花序

    鱗片は狭卵形で長さ約2mm、鋭頭。一部赤褐色を帯びてます。
    そう果は鱗片の半分くらいで、約1mm。上端はやや切形。

    茎

    茎は丸っこい三角。

    根

    茎は叢生して硬いので、引っ張ったら根っこがついてきました。

    県北で見た泥だらけのイガガヤツリと、休耕田でみたのはイガガヤツリでいいかしら?

    ---------------------------------------------------------------------------------
    イガガヤツリ
    分類  カヤツリグサ科 カヤツリグサ属
    分布  本州(関東以西)~沖縄

    主として海岸にはえる多年草ということですが、長崎の場合どこも海岸近くなのかなぁ・・・
    どちらも休耕田にはえていました。
    花序は単純で一回分枝するか、頭状に小穂が密集。

    クリックすると大きくなります。 クリックすると大きくなります。
    web拍手 by FC2

    6 Comments

    光田 重幸 says..."イガガヤツリ"
     ストライク アンド セ~~~フ!
     間に合いましたね。
     間違えるものがあるとすれば、特殊なものはさておき、カワラスガナくらいかな。でもカワラスガナの茎(有花茎)は(間隔は短いですが、ギョウギシバのように)地表を斜上する茎から立ちあがりますが、イガガヤツリは(ススキのように)叢生するので、区別は難しくありません。もちろん小穂の色も形も違いますが…。
     「痩果は黒褐色に熟す」などと書いてある本がありますが、私は茶褐色~濃褐色のものしか見たことはありません。この写真で熟していると判断して良いのです。色のことは、人それぞれですね。
     海岸近くという表現は、平坦地の場合海岸線から数キロほどでしょうか。縄文前期には海水位が高く、そのくらいは海が入り込んでいましたから。海岸植物とされるイシカグマが、大阪府では淀川に沿って京都府境まで来ています。ほんとにあと十メートルで京都府なのに…。もちろん日本海側は鳥取くらいまでで、京都府には自生はないようなのです。
    2013.10.28 11:10 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    神戸のヒロ says..."知っとったねー"
    こんばんわ pandaさん
    今日ね畑で からいもの花ば初めて見たとよ
    初めて見てびっくりしたばってん あたりまえたいね
    花も実もつけんばと思ったと 知らんかったなー
    2013.10.28 17:40 | URL | #KWARhjdM [edit]
    says..."管理人のみ閲覧できます"
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2013.10.28 17:42 | | # [edit]
    panda says..."こんばんは"
    ★みっちゃん先生へ★
    ストライクでセーフでしたか・・・もうちょっと遅かったら確認できないところでした。カワラスガナは調べていく中で何度もひっかかりました。似ているようで似ていないようで、出会ってみたいです。根と果実があれば確実に判断できるのですね φ(・・。)ゞ ウーン

    長崎も海岸植物が低山の場合山頂まであります。ボタンボウフウ、ルリハコベ、イシカグマも・・・その逆もあります(^O^)/


    ★神戸のヒロさんへ★
    ヒロさん、こんばんは。
    サツマイモの花ですか?西彼ではカライモって呼んでたっけ、わすれちゃった。私も大きくなってからサツマイモの花が朝顔みたいだと知りました。3月に沖縄に旅行に行ったとき、サツマイモ畑は花盛りでしたよ。南のほうに行くほど咲きやすくなるのかな?
    2013.10.28 20:42 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    マツモムシ says..."イガガヤツリ"
     イガガヤツリ、おめでとうございます。
     次はカワラスガナですか。カワラスガナは花序の小穂数がイガガヤツリよりも少なく、小穂も短くて、先もイガガヤツリのようにとがっておらず、鱗片の先も鈍頭なので、イガイガ感はあまり感じません。イガガヤツリは精悍な感じですが、カワラスガナは純朴で優しげな感じがします。全国的にイガガヤツリよりはふつうに見られるので、すぐに見つかるでしょう。
    2013.10.29 19:29 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda says..."★マツモムシさんへ★"
    マツモムシさん、こんばんは
    今日もため池を歩いてみましたが、そろそろカヤツリグサ科は終盤ですね。ミズハナビを見つけたいのですが、たいがいコアゼガヤツリです。まだ根っこを掘らないと小穂を見ただけではわかりません。
    カワラスガナもヒナガヤツリもこれかな?と思うところがあったのですが、田んぼをひっくり返されていました(ToT) 普通にあるものはちゃんと標本を採ってこないとダメですね、反省。
    マツバイ、ホタルイらしいものに出会いました。またみてくださいね。
    2013.10.29 20:32 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1773-bea3a881
    該当の記事は見つかりませんでした。