花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
湿地・水田の植物
  • ヌマゼリ

  • ヌマゼリ

    ミズトラちゃんのそばで、控えめに咲いていたセリ科の花
    花序は小さめで葉も細く、高さは60cmくらいのスレンダー
    と思っていたら・・・

    アゲハの幼虫・・・ r(^^;

    もしかして、このおかたが食ってしまったのか?
    キアゲハの幼虫みたい。

    花

    花は葯がちょっとピンクで可愛い。

    葉

    図鑑には3出葉と書いてあるけれど、これは奇数単羽状複葉で小葉の幅は広めの線形。
    側小葉は無柄、基部のほうの小葉はもう少し幅広い。
    丸いムカゴはついていなかったし、茎は屈曲していないのでヌマゼリじゃないかと思います。

    --------------------------------------------------------------------
    ヌマゼリ
    別名  サワゼリ
    分類  セリ科 ヌマゼリ属
    分布  北海道~九州
    撮影地 宮崎県

    湿地にはえる多年草。
    多くの枝を出し、高さ60-100cm。

    クリックしてね 総苞片と小総苞片は広線形

    クリックしてね 3角形のガク歯片がある。

    クリックしてね 葉鞘
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    マツモムシ says..."ヌマゼリ"
     ヌマゼリでよいと思います。茎に屈曲がほとんどなく、小葉の幅もムカゴニンジンよりも広いですね。どんどん、珍しい植物がでてくるのでビックリです。
     ところで、兵庫県では葉腋に柄のあるムカゴをつけるものがあります。どうみても雑種ではなく、やはり図鑑の記述を鵜呑みにしてはいけないということですね。
    2013.10.23 22:34 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda says..."★マツモムシさんへ★"
    マツモムシさん、こんばんは
    ヌマゼリは図鑑だけで考えていたら、三出葉に引っかかってしまいわからなくなりました。それで、マツモムシさんの奇数単羽状複葉の写真といがりさんの写真で、これはヌマゼリでいいのかもしれないと思いました。

    マツモムシさんのヌマゼリはムカゴがついていましたね、光田先生からも図鑑を鵜呑みにしてはいけないと言われました。そんなとき、ネットでいろんな人の写真で確認できるのはいいですね。でも混乱することもあるけれど・・・ハリイもよくわからないので、見てくださいね。
    2013.10.24 00:23 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1770-ff515d18
    該当の記事は見つかりませんでした。