花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
海辺の植物
  • ハマゼリ

  • ハマゼリ

    ハチジョウススキの根元に、びっしりはえてるハマゼリ
    多肉植物を思わせるような葉っぱです ^m^

    果実はまん丸

    果実はまん丸、ピチピチです。

    ハマゼリは海岸の砂地にはえる小型の多年草で、図鑑では高さ10-50cmとあります。
    ここのは10cmくらいで、長く這っていました。

    クリックすると大きくなります。

    こんな感じ。玄界灘の潮風は強いのでしょうね

    内海のもの

    これは有明海側の波静かな砂地。
    ハママツナやフクド、ハマサジがはえるような汽水域のハマゼリです。

    花

    葯が紫色で可愛い花を咲かせていました。

    ----------------------------------------------------------------------
    ハマゼリ
    分類  セリ科 ハマゼリ属
    分布  北海道~九州

    クリックしてね クリックすると大きくなります。

    図鑑の高さ50cmってどんなものなんだろう?
    これは玄海灘のものですが、少し奥まった土手に生えて、立ち上がっていました。
    葉の長さも10cmくらいと大きくなっています。
    葉は単羽状複葉で小葉は柄がなく羽状に切れ込み、裂片は短く先は鈍形。
    (大きな葉は下部の小葉には柄がありました。)

    クリックすると大きくなります。

    花序はまばらで小さく、総苞片と小総苞片は細い。
    果実は球形、分果の隆条は太い。
    web拍手 by FC2

    4 Comments

    光田 重幸 says..."玄界灘には負けると思ったけど…"
     この夏京都の北端の経ヶ岬でみたハマゼリは、最初の写真よりはきゃしゃ。「やっぱり負けるなぁ」と思ったけど、玄界灘でも奥まった所にあるものは、やっぱりきゃしゃなんだ。
     そういえば経ヶ岬のものは、半島の東側。潮風があまり当たらないところで、キキョウも近くに咲いていましたね。
    2013.10.27 19:51 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    こんばんは、こんなハマゼリははじめて見ました。
    丸っこくて可愛いとは思っていたけれど、葉が厚くて多肉植物みたいです。でも日本海のほうが冬はもっと大荒れなのではないかしら?学生の頃、冬の能登半島とか鳥取砂丘とか行ってみたかったです。でも友達に話すとブーイング。
    キキョウは海の近くにも咲くのですね、今年の海岸調査の時も海の崖に咲いていました。キキョウも海に咲くとガッシリなるのかしら、なんだか秋の七草ですましているキキョウがガッシリしていたら笑ってしまいそう。
    2013.10.28 00:16 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    南 常雄 says..."虫こぶ"
     セリ科の実を見ると、虫こぶが気になります。セリ科のツボミが肥大する虫こぶが、ここ数年で7種類(北海道6種、本州1種)、発見されていますが、まだまだ多くのセリ科植物に虫こぶが形成されるのではないかと思っています。
     開花する前にツボミが球形に膨らみ始め、成熟するのは実と同じころですが、実より大きくなるので、観察してみてください。
    2013.10.29 00:19 | URL | #ogT5zqDg [edit]
    panda says..."★南さんへ★"
    おはようございます。セリ科にも虫こぶがあるのですか?多くの昆虫が蜜を求めて集まっているのと、アゲハが食べつくしているのはよく見かけるけれど、虫こぶにはまだ気がついていません。今度はそんな気持ちで花をのぞいてみますね。またポイントを教えて下さい。
    2013.10.29 06:54 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1768-f47e96cf
    該当の記事は見つかりませんでした。