花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • コアゼガヤツリ

  • コアゼガヤツリ?

    放棄水田にはえていました。第一印象はやわらかいことです。
    花序枝が多数出て、線香花火みたいに花を咲かせて可愛かったですよ♪


    根茎

    カヤツリグサの仲間は難しいですね、でも、見てくださる人がいるのでアップしてみます。
    小さくてめしべの数やおしべの数を確認することが難しく、検索表をたどることができません。
    根茎が這うことで、絞れました。
    それで、候補のカヤツリグサ属を一つ一つ画像確認して、コアゼガヤツリかなと思いました。

    小穂

    花序は複生ときに単生、
    小穂は線形扁平で、花穂の先端に4-5個と図鑑にはありますがそれより多く見えます。
    (※花序枝につく小穂の数については、光田先生からコメント欄で解説していただきました。読んでくださいね)
    竜骨は緑色で鱗片より少し飛び出しています。

    いい色

    苞葉は1-2枚

    たくさん

    こんなにたくさん!コアゼガヤツリであっていますか?→OKだと言うことです<(_ _)>
    裏山なので、不足する部分の観察はできます。よろしくお願いします。

    皆さん、台風は大丈夫でしたか?今度の台風で車庫のトタンがはがれてしまいました。遠く離れた長崎でもこんなに風が吹いたので、太平洋側のみなさんのところは大変だったでしょう。

    -------------------------------------------------------------------------
    コアゼガヤツリ
    分類  カヤツリグサ科  カヤツリグサ属
    分布  本州~沖縄

    水田や湿地にはえる。
    web拍手 by FC2

    8 Comments

    光田 重幸 says..."順調ですね"
     正解! 泥に汚れてないと思ったら、先日のミズハナビのところじゃなかったんですね。根茎が長く這うものはカヤツリグサ属では少なく、ヒメクグなど(別属にされることあり)を除けばわずかです。コアゼガヤツリもミズハナビと呼ばれることがあり、最近ではツルナシコアゼガヤツリも登場してややこしいですが、可愛さは同じですね。
     問題は、花序枝につく小穂の数です。ひとかたまりの小穂群とみえるものでも、数個づつ束ねる小さな花序枝がついていませんか? コアゼガヤツリの花序枝は、分岐するのが普通なのです。ときにこの花序枝の分岐が抑えられるものがあり、その結果7-10個の小穂がつくように見える場合があります。現場で、良く成長した株を見つけて観察してみてください。
    2013.10.16 19:48 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    平家蟹 says...""
    先日ヒメガヤツリかと思って撮ってきたけどコアゼガヤツリもあったな(^^;)
    ヒメガヤツリは全高20cm程度だそうでそれ以上あったからコアゼガヤツリかな。
    根茎なんて確認してないもんな(^^;)

    台風から随分離れていたけど風が強かったですね。
    こちらは被害はなかったけど車庫のトタンが剥がれましたか。
    でも吹き飛んで余所に被害を与えなかっただけでもよしとしようヾ(^^;)
    2013.10.16 19:54 | URL | #VD0bvtlU [edit]
    panda says..."ありがとうございます。"
    ★みっちゃん先生へ★
    コアゼガヤツリでよかったんですね、よかった!
    先日のミズハナビは根っこが這っていなかったので、ミズハナビかツルナシコアゼガヤツリみたいなのです。マツモムシさんから見わけ方を教えていただいているのに、「鱗片の先に短芒があって外反していればツルナシコアゼガヤツリ、先が切形で少し外反していればミズハナビです。」のところが見わけられないのです。果実も確認ができなくて・・・やはり、まだ観察不足のところが出てきてダメですね。でも、次に出会ったらちゃんと確認します。

    「数個づつ束ねる小さな花序枝」画像をよく見ると、短い花序枝みたいなのがついています。花序枝は分岐するのですね。わかりました、それで納得です。まだまだカヤツリグサの仲間の写真がありますので、よろしくお願いします。

    2013.10.16 21:32 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says..."( ^^)人(^^;)ナカマ"
    ★平家蟹さんへ★
    ヒメガヤツリに似たのは、コアゼガヤツリだけでなく他にもあるみたい・・・ 
    芝生の中にも似たのがあるし、まだ同じに見えるということは修行が足りません。。。 ^m^ いっしょに修行してね。

    長崎なんて遠く離れていたのに風が強くて、今だに植物は小屋に引越し中です。今年は台風が多いのかな?
    2013.10.16 21:40 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    私も、先日、コアゼガヤツリを確認したところです。
    線香花火のようで面白い形ですね。
    それにしてもカヤツリグサ科のい同定は難しいです。
    2013.10.18 08:06 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    panda says..."★多摩さんへ★"
    多摩さん、こんばんは
    コアゼガヤツリが見つかりましたか?線香花火だったでしょ ^m^
    私もカヤツリグサ科でなやんでます。似たようなのがいっぱい!
    多摩さんや平家蟹さんが時々アップしてくださるので
    頑張ろうという気になります。ありがとう~♪楽しみにしてるね、コアゼガヤツリ
    2013.10.18 21:26 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    マツモムシ says..."次はツルナシ?ミズハナビ?"
     こんばんは。
     コアゼガヤツリ、OKですね。こんな感じでより小さく、根茎がないのがツルナシコアゼカヤツリ。小穂が細長く感じ、扁平だという印象が強ければミズハナビって感じです。決定的な区物点は鱗片の形ではありますが・・・
     長崎では2次的自然度の高い棚田では小さなミズハナビを沢山見ました。こちら兵庫ではミズハナビは無く、もう一度見たいなぁと思っています。
    2013.10.18 21:37 | URL | #7qQ58teA [edit]
    panda says..."★マツモムシさんへ★"
    マツモムシさん、こんばんは
    コアゼガヤツリを教えてくださってありがとうございます。県北のミズハナビみたいなのは、根茎が這ってなかったのでミズハナビかツルナシコアゼガヤツリだと思います。まだ若くて小穂が伸びてなくもう少し成長したらわかるかもしれません。明日はまた湿地巡りということなので、気をつけて見ることにしますね。また、教えて下さい。
    2013.10.18 23:00 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1763-9f318e30
    該当の記事は見つかりませんでした。