花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
湿地・水田の植物
  • ムカゴニンジン

  • タムラソウと

    タムラソウに寄り添うように咲いているセリ科の花

    シラヒゲソウ・・・

    むかごがついているので、ムカゴニンジン。
    タムラソウもシラヒゲソウも綺麗だけど、今日はムカゴニンジンが主役です。

    クリックしてね

    これはムカゴニンジンだけ、か細い感じがステキです。

    下部の葉

    下部の葉は5小葉、これは葉が細いですね。

    花

    総苞片、小総苞片は小さく披針形で反曲してます。

    長崎のムカゴニンジン

    何だか雰囲気が全然違うけど、これは長崎で見つけたムカゴニンジン ^m^
    節で屈曲してジグザグしてるし、葉の幅も広い。

    ムカゴ

    立派なムカゴがついてます。

    花

    総苞片、小総苞片は小さく披針形で反曲してるし、葯の色は薄いピンクで同じ。
    葉の幅はけっこう変化するのかな。

    -------------------------------------------------------------------
    ムカゴニンジン
    分類  セリ科 ヌマゼリ属
    分布  北海道~九州
    web拍手 by FC2

    11 Comments

    光田 重幸 says..."ニンジンという名の植物"
     セリ科の中でも、ムカゴニンジンは花が咲いてないと気づきにくい植物。湿地ならどこでもあるようなものではなく、粘土質のところを好むようです。京都府の最南部には古琵琶湖層群といわれる数百万年昔の琵琶湖の湖底堆積物が残っているところがあります(琵琶湖は600万年前に京都府と三重県にまたがるところに誕生したのです。現在は滋賀県ですが、北に向かってまださすらい中)。そこの粘土層には、ムカゴニンジンがけっこう残っています。オミナエシやキキョウ、イヌタヌキモ、トウカイコモウセンゴケ、イシモチソウなども見られ、私もよく歩きます。
     ニンジンと名前がついている植物の根は、昔はけっこう食用にしたといいます。ツルニンジン、ツリガネニンジンなどは、いまでも好んで食べる地方があります。ムカゴニンジンを食べた人によると、けっこうオツな味らしいですよ。ヌマゼリほどではありませんが希少種なので、私は食べるわけにはいかないのですけど。
    2013.09.18 15:53 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    こんばんは、古琵琶湖層群、なんて魅力的な響きなのでしょう ^m^
    私にはムカゴニンジンは花が咲いて、むかごが確認できないとムカゴニンジンとはわからないと思います。この6年でみたのは5回です。長崎にはまれで、九州の真ん中で見かけます。今の湿地は面白いですね。
    シムラニンジン、ウバタケニンジン、シラネニンジン、セリ科の「○○ニンジン」は葉がニンジンに似ているからと思っていましたが、長崎のムカゴニンジンはニンジンの葉じゃないし、根っこがニンジンの形なのですねφ(・・。)ゞ ナルホド
    ツルニンジン、ツリガネニンジンの根もニンジンの形・・・根っこまで見たことがなかったので、ニンジンと名前がついたわけがわかりました。イトラッキョウもラッキョウと同じと言うけれど、食べる気にはならないですし・・・あ、でもタマムラサキはラッキョウになるかもしれませんよ ^m^
    2013.09.18 20:30 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    光田 重幸 says..."タマムラサキのラッキョウを食べるぞ!"
     私も同じことを考えていました。送っていただいたM地点海岸のものは、ラッキョウよりも大きなくらいの鱗茎! 高知県大月町のものも見事です。殖えてきているので、来年は酢漬けにしようかと。でも、今ツボミから開花しようとしていますが、花を咲かせると鱗茎が太らないかなぁ。悩みますね。
    2013.09.18 21:03 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."よかった!"
    ★みっちゃん先生へ★
    花が咲きそうですか?ぼんぼんみたいな花はラッキョウとは思えないので、今年は半分花を咲かせて、美味しかったら来年大幅に作付け面積を増やすというのはどうでしょう。幸せな悩みで笑ってしまいました ^m^
    でも、根っこを育てて株分けするほうが大きく育つかしら、悩みどころです。
    2013.09.18 21:26 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    平家蟹 says...""
    ムカゴというのは色んな種類の植物で見られるけど
    かといって属や科レベルで普遍的に見られるとは限らないんだよね。
    (私の見てきた限りで特に調べてないけどヾ(^^;))
    ムカゴがつくと識別しやすくなるからそういう意味ではすっきw
    ムカゴニンジンも岡山県の某湿地で見たことがあるけどムカゴがついてなかったら悩んだだろうな。

    今日ムカゴトンボを見てきたけどこれってムカゴついたっけ(^^;)
    2013.09.18 21:30 | URL | #- [edit]
    陽だまり says..."ムカゴとニンジン"
    ツクシフウロの湿地にホソバオグルマやシラヒゲソウが咲いていました。ムカゴニンジンは記憶にも画像記録にもないので見ている湿地が違うようです。
    近くの湿地にムカゴニンジンがあり、最近は以前はなかった湿地にまで勢力を広げています。こちらではやや自生環境が異なるものの良く似たミツバグサも近くに咲いてます。
    ムカゴイラクサとムカゴニンジンのムカゴは味見したことがあります。ヤマノイモのムカゴと同じ味がしました。歯触りも似ています。
    これらのニンジンはチョウセンニンジンを意味しているように思います。名前の由来とは無関係ですが、一時期、ツルニンジンの大株が大量に盗掘されたことがあり、当時、チョウセンニンジンの増量に使われていると噂されたことがあります。

    平家蟹さん、
    ムカゴトンボにムカゴはつきません。橋本保他,カラー版野性ランに『和名はおそらく花序の姿からムカゴソウを想像し、本種の近縁植物に用いられるトンボを組み合わせたらしい』とあります。
    2013.09.19 00:42 | URL | #KtOtvm9U [edit]
    panda says..."本日も晴天なり"
    ★平家蟹さんへ★
    平家蟹さん、おはようございます。
    ムカゴニンジンはムカゴがついて花が咲いてるときでないと気がついたことはありません。探したこともないけれど・・・ (^_^;)ゞ
    ムカゴトンボを見つけたの?あの○って唇弁をあげてる可愛いランですね。ムカゴソウも地味だけど、変わらないくらい地味ですがファンは多いのかな?ムカゴのことは陽だまりさんが教えてくださったので↑を読んでみて下さいね。



    ★陽だまりさんへ★
    陽だまりさん、おはようございます。
    ツクシフウロの湿地は同じだと思います。場所を特定できないようにあちこちの花を混ぜてアップしています。でも、どこも重なっていて・・・それだけ阿蘇は自然が豊かなんですね。私も友達のブログを読んでいると希少種と2つ花の名前がアップされると場所の予測がつくので・・・セリ科を調べていてミツバグサも出てきました。九州にもあるのですね、気をつけて葉を確認してきますね。

    ジイソブをみて、「ツルニンジン」という名前が思い浮かばないので、つい「ジイソブ」と言うのですが、これからはツルニンジンの名前も頭に浮かびそうです。薬草のページで根っこは生薬として利用されているようで、朝鮮人参とは薬効が違うのに増量剤とはずるいですね。

    ムカゴトンボの名前の由来、ありがとうございました。ムカゴソウ、ムカゴトンボ、イヨトンボは、名前と実物をすぐ思い浮かべることができないランの一つです。修行がたりません。
    2013.09.19 07:32 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    里花りん says...""
    こんにちは。
    小さくちまちまとした可愛い花は、
    私も思わず眺めてしまいます。
    ムカゴニンジンも、可愛いですね。
    タムラソウの色もきれいだけど、シラヒゲソウは
    初めて見ました。
    湿地の植物は、独特の可愛さがありますね!
    2013.09.19 10:18 | URL | #- [edit]
    神戸のhiro says..."中秋の名月"
    こんばんは pandaさん
    長崎ではどの山の上からお月さんが見えて来ますか
    烽火山からなら絵になりますね
    2013.09.19 18:34 | URL | #KWARhjdM [edit]
    平家蟹 says..."陽だまりさんへ"
    ムカゴトンボはムカゴはつかないんですか、あの姿ではとてもムカゴはつきそうにないしね。。
    じゃムカゴソウはと調べてみたら塊根をムカゴに見立てたとか。
    希少種だしとても掘り返して見る事なんて出来ないわ(^^;)
    2013.09.19 20:02 | URL | #- [edit]
    panda says...""
    ★里花りんさんへ★
    セリ科の花は、チラチラして他の花の引き立て役にもいいですね。
    シラヒゲソウは花びらが繊細で美しい。
    同じ仲間のウメバチソウは仮おしべが豪華で美しい。
    花を見ていると、ほんとに不思議な気持ちになります。
    こんな形になった理由が知りたい。湿地の植物は好きですよ。


    ★神戸のhiroさんへ★
    hiroさん、満月のことを教えてくださってありがとうございます。
    朝からニュースで知っていたのだけど、夕飯つくりですっかり忘れていました。
    窓を開けたら、ぽっかり月が浮かんでました。


    ★平家蟹さんへ★
    平家蟹さん、こんばんは
    根っこを見なくてもわかるのだったら、掘り返したくないですよね。
    調査ならしかたないけれど、根っこまではね・・・
    平家蟹さんは月、撮ったのかな?なんだか好きみたいだから。
    2013.09.19 21:28 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1742-e95708b4
    該当の記事は見つかりませんでした。