花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
野の花山の花
  • ホソバオグルマ

  • ホソバオグルマ

    湿った草原や湿地ではホソバオグルマにも出会いました。
    時期的には遅かったのだけれど、見たかったのでうれしい!

    2cm

    花の大きさは2.7cmくらい。

    枝分かれ

    これが一番枝分かれして、花の径も大きくて3.6cm。

    3cm

    この湿地のホソバオグルマはこの範囲内。

    こんな感じ

    といっても、こんな感じでポツリポツリと咲いていました。草丈は膝くらい。

    葉

    葉は細くて1cm前後、一番幅広のが1.5cm。

    冠毛

    冠毛の長さはマイクロスコープで測ると3mm前後。種子には毛がはえています。

    総苞片

    総苞片の感じは、エダウチオグルマとちがいますね。

    エダウチオグルマの総苞片

    エダウチオグルマはオグルマの変種だから、オグルマの総苞片とは似ています。
    エダウチオグルマの成長が悪いものはホソバオグルマとよく似ているけれど。
    区別は総苞片でわかるかも!

    -----------------------------------------------------------------------------------
    ホソバオグルマ
    分類  キク科 オグルマ属
    分布  北海道~九州
    撮影地 熊本

    冠毛 冠毛の長さ

    葉 一番幅が広かった葉
    web拍手 by FC2

    8 Comments

    光田 重幸 says..."総苞片の形の違い"
     なるほど、これは面白い。エダウチオグルマでは漸尖して鋭頭、ホソバオグルマでは鈍頭~鋭尖頭。使えるかもしれませんね。
     花(頭花)の大きさには変異もあるでしょう。このホソバオグルマ、典型品より大きめのようですが、さらに観察してみてください。
    2013.09.12 03:19 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    陽だまり says..."枝蔚オグルマ?"
    近くの湿地にエダウチオグルマらしきものがあります。
    ホソバオグルマとしていたのですが、以前に光田先生がエダウチオグルマのことを書かれたのがきっかけでエダウチオグルマでは?と考え直しています。
    pandaさんのところは同定のプロセスがわかり易いのでとても参考になります。
    総苞片はpandaさんのエダウチオグルマ型。花は3cm前後が多く決め手になりません。7~8月にかけて咲くと良く分枝します。この時期に夏草刈りに合うと下部から茎を伸ばして10~11月に咲き、この場合はあまり分枝せず、以前見た熊本県型に似てきます。
    そこで、エダウチの意味を考えててみました。以下、エダウチオグルマの名前、陽だまり説です。
    草冠に尉と書く“蔚”という漢字がありウツとも読みます。ウチでも“蔚”に変換されます。草木がこんもりと茂るさまという意味があるので、良く分枝すると考えてもよさそうです。つまり“エダウチ”を“枝蔚”と漢字表記すると、良く分枝する(ホソバ)オグルマとなります。どうでしょう。
    2013.09.12 06:40 | URL | #KtOtvm9U [edit]
    panda says..."今日も暑くなりそうです。"
    ★みっちゃん先生へ★
    おはようございます。
    ホソバオグルマを2ヵ所で見てきたのですが、花の径は大きくても3.5cmどまりで、だいだい2.5cmくらいでした。でも、草原のホソバオグルマは冠毛の長さが4mmくらいありました。はじめに、湿った草原のホソバオグルマを見たので、ホソバとエダウチは冠毛の長さでは区別できないのではないかと思いました。

    熊本には、オグルマもホソバもエダウチもあります。
    先生、Flora of japan、Yリストでは学名を見るとホソバオグルマとオグルマは変種関係ではないみたいなので、どこかはっきり違うところがあるのでしょうか。
    2013.09.12 07:51 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says...""
    ★陽だまりさんへ★
    陽だまりさん、おはようございます。
    そちらにもエダウチオグルマらしいものがありますか?心強いです。
    長崎のエダウチオグルマは2・3年前は草丈1m、花も大きく、よく分岐しホソバオグルマにするのには抵抗がありました。でも、今年のエダウチオグルマは衰退して草丈も低くなり、見た目はホソバオグルマにしても違和感がありません。はっきり違うところは冠毛の長さと総苞片くらいでした。

    それが、タワラのホソバさんは草丈は膝くらい、見た目はホソバなのですが冠毛が4mmちかくありました。(総苞片はホソバ型)これは、見わけるのは一筋縄ではいかないかもと思いました。陽だまりさんのところのがエダウチオグルマだとうれしいな!
    2013.09.12 08:07 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    平家蟹 says...""
    こうやって総苞片を比較すると両者の違いがよく分かりますね。
    やはり言葉だけでは分かりづらい(^^;)
    頭花の大きさも結構ばらつきがあるんですね、それが当たり前だよね。
    とは言え3.6cmもあったらちと迷うかも。

    やはりこれは典型的な湿地系植物なんですね。
    となると秋吉台の上で咲いていたのはなんなんだ(^^;)
    秋吉台全体が湿地だと言われてもやはり素人には湿地と言えば水が滲みだしているような場所を連想するよね。
    2013.09.12 17:33 | URL | #VD0bvtlU [edit]
    panda says..."★平家蟹さんへ★"
    今日は暑かったですね、部屋の中でじっとしていても汗が出てきました。
    総苞片の違いに気がついたのは、平家蟹さんと多摩さんの写真をみた時からです。だから、自分でも確かめてみたかった。
    秋吉台のは頭花はもっと小さいですか?あ、それから、また行くことがあったとき、もしよかったら綿毛をものさしの上で撮ってもらえませんか?そろそろ綿毛になってると思うのです。ついでがあったらでいいです。

    秋吉台は草原ですよね、阿蘇の草原もくぼんだところにあちこち湿地があります。それから、川はないけれど雨が降ると水が流れる谷間があります。そんなところに湿地の植物がはえていました。
    2013.09.12 18:14 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    光田 重幸 says..."エダ「ウチ」オグルマ"
     エダウチオグルマの「エダウチ」は、学名のramosa(←ramosus)を訳したもの。ramosaは「たくさん枝分れする」という意味で、「めちゃくちゃ枝分かれする」という場合にはramosissima(-mus、-mum)となります。イヌドクサの学名にも使われていますね。
     つまり、エダウチとは、ただ枝分かれするという意味ではなく、「陽だまり説」が正しいのです。オグルマもホソバオグルマも、ちゃんと枝打ちします。とくに環境に恵まれれば、数個の枝が見られます(この場合の「数」とは、5-6本の意味)。現実にはよく草刈りされますので、枝打ちが見られないこともありますが。
     ただ気をつけていただきたいのは、学名も和名も「その種類の特徴をよく現わすような」名前をつけるのが原則ですが、必ずしもそれが分類群の差異を的確に示しているとは限らないということ。「まじめ人間」として定評のある人が、「本質はエッチだった」みたいなもんです。エダウチオグルマの場合も、「枝の数」にこだわるのがよいとは限らないのです。京都府ではベニバナヤマシャクヤクがはたしてあるのかどうか問題視されてきましたが、調べてみるとヤマシャクヤクはむしろ少なくて、大半がベニバナヤマシャクヤクでした。ただ、京都府の場合、ベニバナヤマシャクヤクはほとんど白花だったのです。そのため私はわざわざシロムクベニバナヤマシャクヤクと呼んでいますが、こんなことはときどきあること。
     その意味で、オグルマ類の総苞片の形の違いは、今後注意したいもの。もちろん中間型もあるかもしれませんが、それが雑種(サクラオグルマのように、ただし雑種と確定したわけではありませんが)なのか、種類として連続してしまうのかが、大きなポイントでしょう。
    2013.09.13 05:07 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    今日も暑い一日でしたね。
    エダウチオグルマの枝分かれのことはよくわかりました。その場合の数個が5-6本というのが、前のセリ科の数個の疑問と重なって、なんだかうれしいです。
    今年のエダウチオグルマは一目見たとき、ホソバオグルマと間違えるのは無理ないなと思うような小さな固体でした。カヤに負けてしまったのだと思います。ですから、この総苞片の違いで見わけられるといいなと思います。ホソバオグルマの総苞片と冠毛については、出会った時は必ず確認するようにしますね。陽だまりさんのが総苞片がエダウチに似ているということなので、これも興味があります。

    ベニバナヤマシャクは見てみたい花の一つです。でも白無垢ベニバナヤマシャクだと、あれ?こんな季節に?と思って見過ごしてしまいそうですね。
    2013.09.13 21:03 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1737-aaa896df
    該当の記事は見つかりませんでした。