花の日記

 山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録

謎のヒゴスミレ

ヒゴスミレ?

「ナンザンスミレとヒラツカスミレがどう違うのかは難問」と聞いた通り、
ヒゴスミレの迷宮にはまり込んでしまいました。こんなにきれいなピンクは初めてです。

葉

葉はヒゴスミレ的

咲き始め

一株だけというのではなく、この周辺はピンク色。

葉

陽あたりのいい草原には、白いヒゴスミレが咲いていました。

ヒゴスミレと思う

でも、よく見ると花弁の裏はほんのりピンクです。

エイザン

林下のエイザンは、白っぽい花を咲かせています。

ナンダロウ?

その中間的な環境にピンクのスミレさんたちは咲いています。
葉の形はヒゴとエイザンの雑種的な感じがするのですが

葉

九州中部の山地にはナンザンスミレ系の分類群と思われるものが分布しているということなので
近くのエイザンスミレがピンクだったら雑種かも!と思うのですが
う~ん…

また夏の終わりにこの山に登る予定が入っているので、夏葉を観察してみます。

-----------------------------------------------------------------------
参考図書:対馬の花 1―陸橋の島の植物相 邑上益朗
ナンザンスミレの写真がたくさん載っています。
これを見ると、対馬のナンザンスミレとも葉の形が違っていました。
web拍手 by FC2

Comment

2013.04.20 Sat 06:48  ナンザン? 難産?

 まず、エイザンとしたものがほんとうにエイザンかどうか確かめるのが先決でしょうね。九州中部の山地にあるナンザン系には、葉が三裂するものがあるといがりさんも書いていますね。こうなるともう何がなんやらという状況でしょうが、個人的な印象としてはエイザンとナンザン系が浸透交雑しているように感じます。
 対馬のナンザンと九州中部のナンザン系が同じでないから、九州中部のものにはアカバナスミレの名が与えられた経緯があります。赤(ピンク)は指標になりえるのでしょうか。地元民に与えられた観察特権だと思って頑張るしか…。
  • #UPCNk2uw
  • 光田 重幸
  • URL
  • Edit

2013.04.20 Sat 07:58  ★みっちゃん先生へ★

みっちゃん先生、おはようございます。
ナンザン系というのは、アカバナスミレのことだったのですね。アカバナスミレが俗称ということも知りませんでした。
長崎のエイザンスミレは、多良山系のものが白~薄紫、雲仙山系のはピンクが多いんです。どちらも林下に咲いています。長崎でヒゴスミレは見たことがないので、山もちがうし違いを観察するのにはよさそうです。でも、問題は雲仙山系でたくさん咲いてるピンクの花の中で、どれがアカバナスミレか?と考えたことがあるのですが、その時挫折したのでした。何をもってアカバナスミレとするのか、基準がはっきりしなくて、いがりさんのページをみると、あの山のは全部アカバナスミレなのかしら?なんて短絡的に思ったり。今度もわかるかなぁ・・・と、地元民は思うのです。スミレも難しいです。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2013.04.20 Sat 10:00  

うわぁ、これは綺麗だけどちっとも菫らしくない色(^^;)
もともとヒゴやエイザンは葉がスミレらしくないしね。
こんなのが自然の中に咲いているのか、
町中で咲いていたら絶対園芸種だと思うわな。

スミレは交雑種が多くてほんと厄介ですね。
°の系統かなと思う以前に交雑種かなと思うレベルまでにも達してないわ(^^;)

2013.04.20 Sat 20:50  こんばんは~♪

平家蟹さん、山口のエイザンはどんな感じですか?
スミレは難しいですね・・・前に挫折したことをすっかり忘れて、またエイザンスミレとアカバナスミレに手をだしてしまいました。でも、今度は少し違うかなぁ、少しはマシになってるかなぁ・・・もう一回考えてみるね。
平家蟹さんも、教えて下さい。よろしくおねがいします。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2013.04.20 Sat 23:00  片親はエイザンのような気が・・

 花弁が波打ってるのでエイザン・・・つまりヒラツカ?という印象です。
ヒゴスミレは赤の色素が出やすくて・・・とは言ってもナンザンスミレ(ヒゴスミレが変種?)を自然界では見た事がありません。
 波打ってるからヒラツカでしょうという、単純な話。

 でも下から2番目は波打っているようには見えない・・・。
確認・・・ナンザンスミレって花弁は波打ってないのですよね?

2013.04.21 Sun 01:47  こんばんは^^

なんて綺麗なピンク色なんでしょう。
園芸種かもって思ってしまいそうですね。

すみれって どの花も難しい。
タチツボで躓いて 「エイザンスミレだったら すぐわかるだろうに・・・」と
浅はかな考えを持ったのは一昨年の私。
どのすみれも 尋常じゃなく複雑難解。攻略してやる!なんて思ったことに
己を知らない無知を知りました。
でも少しでも すみれとわかりあいたいです。
  • #f4O6ifVo
  • ha-chan
  • URL
  • Edit

2013.04.21 Sun 09:08  おはようございます!

★syuichiさんへ★
syuichiさん、おはようございます。
ナンザンスミレは図鑑で見た限りでは花色は白~ピンク。ヘリは波打っているものが多くて、全縁のものもあり。葉は3裂だけど側片がわかれて正5角形。葉の幅は広くて全裂したモミジみたいな感じなのです。(果時には3裂もあり)
そしてアカバナスミレは・・・いがりさんの図鑑の変異の写真を見てね、花色がピンクで普通へりは波うたないと書いてあるけど、エイザンと似ているのもあるし・・・
http://photozou.jp/photo/list/157455/484821
↑これは2008年に写真を撮ったものなのだけど、確かsyuichiさんにそちらのエイザンと雰囲気が違うと言われた気がする。それで、花友さんにアカバナスミレがあることを教えてもらったんだけど、よくわからなかったのです。(アルバムは1週間だけ公開します)

アカバナスミレって、ナンザンとヒゴの中間みたいな。とすると、ヒゴとエイザンの中間のナンザンと並べると
ヒゴ→アカバナ→ナンザンで、エイザンに似てくるの?と解からなくなったのでした。また、今回もそこら辺で行き詰まってます。 r(^^;


★ha-chanへ★
ha-chan、おはようございます。
ほんとにきれいなピンクですよね。みた時はヒゴスミレ花弁の裏の色がこんなピンクだから、ヒゴスミレのピンクバージョンと思ったのです。スミレってやっぱり難しいと・・・毎年春になると思います。
でもha-chanのところのエイザンならすぐわかるのじゃないかなぁ。九州にはエイザンとヒゴとナンザンがあるからややこしいんだと思います。スミレは可愛いからつい深入りをしてしまいました。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2013.04.21 Sun 14:03  

ひゃぁ~ pandaさん 恐ろしいエリアにお住まいで・・・
ヒラツカだけでも わたしはよくわからないのに それにナンザンスミレが入るんですね。
アカバナスミレも見たことないと思うんですが 東京エリアで 普通のエイザンスミレがあるところに 一株とか二株とか 大株のアカバナスミレみたいなのを見ることがあります。こっちのほうでもアカバナスミレはあるのかなあ まあエイザンの突然変異?なのかなあとか思ってエイザンスミレだということにしていますが。
他の県でヒラツカスミレが 周りの親がほとんどなくて いろんなバリエーションのヒラツカスミレだらけ(というか どちらかが少し入っているというのもあって)になっているところがありました。
わたしには わかるのは無理だ! と思ってしまいました。
見るだけの私にとっては pandaさんの探究心に敬服です!!
恐ろしい九州にも 怖いもの見たさで行ってみたいです^^;

2013.04.21 Sun 22:36  ★volさんへ★

volさん、こんばんは。だったば
volさんのヒラツカを読ませてもらいました。花はよく似てるのですが、ナンザン系というのが絡んできて、解からなくなってしまいました。
volさん、シダも難しいけどスミレも難しいね・・・特に、似たもの同士が両親だった場合、どこから雑種なのかわからないです。それに1年で花が咲くから、次の年は雑種同士が親になったら、ますますわからなさそうで、奈落の底に落ち込んでいきそう・・・ (^_^;)ゞ

volさん、来年の春はリュック隊で九州に遠征してください、その時はスミレのこと色々教えてもらいたいです(^O^)/
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1636-83dc119c

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

最近であった花

memoφ(。・・。 )memo

リュウキュウイチゴを食べた!
美味しかった
リュウキュウイチゴとリュウキュウバライチゴを食べ比べ、どちらが美味しいか?好みは2分されそうなくらい甲乙つけがたかった・・・

コメントありがと!

TBありがと!

ブログ内検索

最近うまく拾ってくれません<(_ _)>

<< Archives >>

お気に入りの散歩道

カテゴリー

参考文献

Panda

Author:Panda
花の分類・内容については
平凡社
 日本の野生植物草本1-3
 日本の野生植物木本1-2
 日本の野生植物シダ 
 日本の帰化植物
日本帰化植物写真図鑑(全農教)
日本のシダ植物図鑑1-8
     (東大出版)
しだの図鑑(保育社)
日本のスゲ(勝山輝男)
カヤツリグサ科入門図鑑(全農教)
イネ科ハンドブック(文一総合)
日本の水草(文一総合)
日本のテンナンショウ(北隆館)
増補改訂新版日本のきのこ(山溪)
検索入門きのこ図鑑(保育社)
長崎県植物誌(中西弘樹)
長崎県植物誌(外山三郎)
長崎県シダ植物誌(松林文作)
対馬の花ⅠⅡ(邑上益朗)
九州の野の花 春夏秋
日本の野菊(山溪)
樹に咲く花1~3(山溪)

Flora of japan
その他
から引用しています

参考にしているサイト
撮れたてドットコム
大阪南部の自然シダ植物
日本のシダ植物
西宮の湿生・水生植物

「虫えい同好会」の掲示板


ブログ中の風景画像は自生地保護のため、一部修正してあります。

あしあと数

2007.12.19 統計開始

リンク


アマゾンさんから本の画像を借用させて頂いていますので、広告を載せています。

只今修行中φ(。・・。 )

まだ駆け出しの植物好きです。間違いも多々あるかと思います。その際はご指摘いただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。また、個人的なメールも下記より送信してください。

メールフォーム

画像が「not found」になる場合

拡大する画像が 「not found」や「404エラー」の場合。再読み込みしても表示されない場合
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/n/a/n/nannjyamonnjya/IMG_0084.jpgの中の-originを抜いたURLだと表示されることがあります。 ネット上には画像があるのですが…

Top