花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • イワイタチシダ

  • イワイタチシダ?

    長崎ではイワイタチシダにはなかなか出会えないので
    遠征した時は要注意です。小さい個体なのでわからないかもと思いながら
    鱗片をみてみると…

    わ!

    こんなの見たことない!
    これだ、これだ、今度こそイワイタチシダ でいいかしら?

    鱗片

    直角から下向きに開出して、弓なりに反曲。先は上をむいています。

    ソーラス

    葉先にちょっとソーラスがつくくらいの小さな個体だったので
    鱗片が少し明るめですが、葉柄基部のものは少し色が濃くなっていました。

    最下羽片

    ヤマイタチシダに似ているけれど、陰湿な深山の岩についていて
    2倍体で、イタチシダ類の原型に近いと書いてありました。

    カメノコテントウ

    大きなテントウムシです。はじめはカメムシかと思うほど大きかった。
    冬の寒さをしのいで、目がさめたとたんに追いかけまわられて災難だったかな?


    --------------------------------------------------------------------
    イワイタチシダ
    分類  オシダ科 オシダ属
    分布  北海道~九州
    撮影地 熊本

    鱗片の形が特徴的。
    web拍手 by FC2

    6 Comments

    光田 重幸 says..."祝イタチシダ"
     ついに! おめでとうございます。おイワい申し上げます。
     イワイタチシダはけっして大きくなりません。深山の渓谷岩上に着生し、小さな姿でつつましく暮らす有性生殖種です。仲間の無融合生殖種がきまって大きくなるのに対し、昔ながらの生活を続けているといってよいイタチシダ類の祖先種。カミガモシダと同じような生活ですね。済州島からモンゴル付近まで分布が知られている寒地性の種類です。
     イワイタチシダが見つかる谷には、必ずといってよいほどヤマイタチシダとの中間形(雑種起源でしょう)であるイヌイワイタチシダが見つかるものですが、逆は真ならず。渓谷が開発されたり空中湿度が下がると、姿を消してしまいます。自生している暖地の府県では、たいていレッドデータブックに載っているのもうなづけます。
    2013.04.03 03:41 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    おはようございます。
    イワイタチシダでOKですか?うれしい~♪
    そして、小さな姿でつつましく暮らすのですね。回りを見渡したのですが、これ1株しか見つけることができませんでした。これでイワイタチシダの鱗片をおぼえたので、もう間違わないと思います。あとは、長崎でもみつけてみます。空中湿度が高くて標高が高いところを探せばいいですね。
    ありがとうございました。

    それから先生、もうひとつお願いしたいのですがBBSに、私には名前のわからないシダがあるのです。見てもらえないでしょうか。いつもすみません。
    http://yukidori.bbs.fc2.com/
    今、2番目になってます。
    2013.04.03 07:21 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    光田 重幸 says..."名前のわからないシダ"
    BBSのほうへ投稿したのですが、反映されません。タイムラグかもしれませんが、再度ここに書いておきます。
    これは常識的にはフクロシダの発育不良型を疑うべきでしょうね。毛や鱗片もフクロシダの範囲に入ります(フクロシダの鱗片には縞の出るタイプもありますが、ないものもあります)。
     
    問題はソーラスがないこと。こういう場合、プロはまず科を決めることから始めます。葉柄に入る維管束が二本なら、イワデンダ科かチャセンシダ科。さらに葉軸の溝に盛り上がる部分があればチャセンシダ科、無ければイワデンダ科です。
    フクロシダなら暖地では石灰岩・緑色岩に出現するのが普通ですが、溶岩性のアルカリ玄武岩では常習的に方解石(石灰分)が含まれています。ただ、この場所の湿度環境はどうなのでしょうか。フクロシダなら、高湿度地に見られるはずですが。
    2013.04.03 18:51 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    ありがとうございました。
    BBSも調子が悪かったですか?FC2に頑張ってもらわなければ、このところ調子悪いことばかりです。
    お尋ねは「フクロシダ」と聞いて「ほんとだ~、フクロシダ!」に見えてきました。げんきんな私です。
    >葉柄に入る維管束が二本ならイワデンダ科かチャセンシダ科。
    トラノオやクルマシダではわかりそうですが、チャセンシダやイヌチャセンシダのようにワイヤーみたいな葉柄だと難しそう・・・マイクロスコープでためしに見てみます。

    陽だまりさんには、先生のコメントを伝えました。ありがとうございました。
    2013.04.04 00:47 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    陽だまり says..."ありがとうございました"
    光田先生、pandaさん、ありがとうございました。
    たしかにフクロシダにみえてきました。といってもまだ実物は見たことがありません。
    自生環境についてはbbsのほうに書きました。そちらを見てください。
    2013.04.05 07:13 | URL | #KtOtvm9U [edit]
    panda says..."★陽だまりさんへ★"
    陽だまりさん、こんにちは。
    フクロシダだと、ソーラスがついていれば間違えることないからよかったですね。言われて見れば「そうか・・・」と思うけれど、思いつきませんでした。
    2013.04.05 08:57 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1626-66851c33
    該当の記事は見つかりませんでした。