花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
季節の挨拶など
  • 「赤鬼の腕」紅大根

  • 紅大根

    「赤鬼の腕」に似てますか?長崎の伝統野菜「紅大根」
    大きさは…直径3cm、長さ15cmくらい、赤鬼の腕というには華奢ですね ^m^
    形は大根に似ているれど、蕪の一種です。

    最近は節分に、恵方巻をがぶりと食べるとか流行っているけれど、
    長崎ではこの紅大根をがぶりと… タベマセン

    酢の物

    長崎市内では節分料理として、ガッツの塩焼きと紅大根の酢の物を食べます。
    きれいでしょう  ^m^
    蕪よりきめが粗いのだけど、味は蕪です。
    西彼特産のゆうこうを絞って、葉っぱにも栄養があるので刻んで入れました。


    ガッツは魚で、学生の頃友達に食べさせたら「深海魚?」って言われました。
    一般的には「カナガシラ」と呼ばれています。
    子どものころは、トラックで「新しいカナガシラが入りました~」と売りに来てとても安かった。
    今は節分のときだけ高級魚になって、普段は目にかかりません。
    赤い体で、兜をかぶったような頭で尖った口が鬼のように見えて、
    母から、これを食べると鬼退治になるとか言われたけど本当かな?
    今の子ども達は、小骨が多くて食べてくれないので、
    せめて紅大根の酢の物だけでも…と作ってみました。


    ※調べてみたら、長崎では節分料理としてカナガシラの煮付けを食べると書いてありました。我が家はカナガシラは塩焼きが定番だったので、我が家の節分料理と書かなくてはいけませんねm(_ _;)m

    web拍手 by FC2

    18 Comments

    thispine says..."美味しそうな色"
    人参のように中まで赤色じゃないんだ。白色ってことで彩りが鮮やかで綺麗ですね。ガッツの塩焼きも見てみたい。
    2013.02.02 17:01 | URL | #- [edit]
    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    最近は東京でも恵方巻きなるものが席巻していますが、そもそも西のほうから伝わってきた風習で、我が家では縁がありません。
    長崎では紅大根をガブリと・・、食べないんですか? 期待していましたのに。
    2013.02.02 18:00 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    yuuko says..."節分は赤い色?"
    長崎では 節分に赤い蕪と赤い魚を食べるのですね
    紅大根 こちらの二十日大根と似ています
    二十日大根はもっと短いけど 赤さはそっくり
    美味しそうね
    私だったら丸齧りだわ(*゚ー゚*);

    ガッツって石松みたいね!
    2013.02.02 18:48 | URL | #7PUYXG.I [edit]
    神戸のhiro says..."ガッツ"
    こんばんはpandaさん そうでした割と 深い海で獲れました
    節分の巻き寿司は 大阪の海苔店が 考えたそうです

    昼から 須磨の裏山を歩きました
    シダかゼンマイかも判りませんが 感嘆しました

    美味しそうですね 明日は節分 新しい年の始まりです
    今までシダは見ずに上を向いていましたが 今度からはシタを見て歩きます
    2013.02.02 19:06 | URL | #KWARhjdM [edit]
    平家蟹 says...""
    これはまた鮮やかな紅色ですね。
    姿は大根だけど蕪ですか、
    そう言えば赤蕪なんてあったな(某推理小説で知ってるだけだけど(^^;))
    中まで真っ赤より表面だけ赤の方が色が映えますね。
    確かに酢の物とか生に近い方が色をいかせそう。
    煮たりしたら色はどうなるんだろ(^^;)
    2013.02.02 19:38 | URL | #VD0bvtlU [edit]
    光田 重幸 says..."カナガシラ"
     節分にイワシはよく聞くけど、カナガシラは初めて。ほほう。オコゼも宗教的な意味合いの行事につかわれることがありますが、刺があったり見てくれのよくない?魚はそれなりの役割があるのかな。イワシは傷みやすいから臭く、鬼が嫌うとかいうけど、本来の意味は別にありそうですね。
     塩焼きにするのは立派。それがいちばん旨い。煮ると口を開けてキョロンとしたあほづらになるし。美味しい魚ですが、塩焼きが締まったうまみがいちばんよく出ますね。
    2013.02.02 20:50 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    Panda says..."こんばんは~(^O^)/"
    ★thispineさんへ★
    thispineさんは、ガッツ食べなかったの?私達が学生の頃までは市場に出回っていたから、時々食べてました。久しぶりにガッツの塩焼きやってみようか?明日ね・・・


    ★多摩NTの住人さま★
    多摩さん、こんばんは。恵方巻が西の方というと、やっぱり発祥は関西なんでしょうか?おすし屋さんと海苔屋さんはこの日はかきいれどきですね。その土地その土地の節分のお祝いも大事だけど、恵方巻もなんだか楽しいし・・・ま、いいか。
    紅大根はけっこう硬いんです。ラデッシュみたいにサラダ感覚では食べられないかな。


    ★yuukoさんへ★
    yuukoさん、こんばんは。
    二十日大根はプランターで作ったことあります。可愛くて食べるのがもったいないと思っていたら、とうがたって美味しくなかった (^_^;)ゞ
    でも、二十日大根はサラダで丸かじりできるけれど。紅大根は硬いので、向かないみたい。小さい頃だったら大丈夫かもしれないけれど・・・
    どうして「ガッツ」って呼ぶのかな?何が鈍ったんだろう。「固い頭」からきたのかもしれないね、長崎って「っ」ってつめることが多いから・・・
    2013.02.02 22:00 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says..."気持ちのいい朝です、おはようございます。"
    ★神戸のhiroさんへ★
    hiroさん、おはようございます。
    恵方巻は海苔屋さんから始まったのですね。今日は節分、大阪の商人さんはもうかってるかな?大瀬戸もカナガシラをトラックに積んで売りに来ていましたか?でも、あのトラックはどこから来ていたのだろう?

    須磨の山はどんな山でしょう?シダやゼンマイがありましたか?
    はじめはとっつきにくいものですが、だんだん可愛くなってくるところが不思議です。もうすぐ、ワラビがでてくるのでシタを向いて歩いてくださいね。


    ★平家蟹さんへ★
    平家蟹さん、おはようございます。
    赤カブはよく目にします。酢の物にするのは、どちらかというと蕪のほうが好きなんですが、紅大根は蕪とも大根ともまた違う、ちょっと素朴なお野菜です。たくと色はどうなるのかな?うっすらピンク色に退色するんじゃないかしら?
    そうそう、この紅大根もお酢をいれると紅色に輝くのです。だから、酢の物にしたほうが色がいいの。
    2013.02.03 09:12 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    おはようございます。
    カナガシラをネットで検索すると、私が食べているガッツとは顔立ちが違います。同じ仲間だとは思うのですが、もっと顔が深海魚みたいなのです。それに大きいサイズを見たことがありません。みんな手のひらサイズくらい。味は淡白で、私はお腹が大好き。なぜか腹を出さなくても全部食べられるのです。秋刀魚のようにほろ苦いとかそんなのじゃなく、内臓そのものがほとんど無い。変な魚です。
    みっちゃん先生は魚料理のことも詳しいんですね。

    カナガシラに似ている魚で検索したら・・・
    http://oldphoto.lb.nagasaki-u.ac.jp/GloverAtlas/target.php?id=536
    これが近いような気がします。口にあるツノみたいなものが特徴なのです。
    2013.02.03 09:35 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    ha-chan says..."春のようです♪"
    こんにちは^^
    御天気が良くて春の真ん中に居るような気分です。

    ガッツ食べてガッツ出してがんばろう!!!って?
    ベタなことを行ってしまいました。^_^;
    紅大根の紅と白が美しい・・。御祝にピッタリな色合いだわ。

    ふと、実家(徳島)の節分料理ってなんだろう?と考えたのですが思い当たりません。
    ただ、家の敷地に入る場所に竹の串にヒイラギとニボシを挟んで立てていました。
    イワシじゃないところが 田舎っぽいでしょ。
    2013.02.03 14:45 | URL | #f4O6ifVo [edit]
    syuichi says..."良い感じ"
     新鮮な感じの写真です。
    いや・・・紅大根が新しいそうとか言う意味ではないですよ。
     ガッツと紅大根・・・長崎県ではなく長崎市の文化とか・・・違うのかな?

     紅大根の酢の物、生の果汁を使った一品。
    今の時期の身体に良さそ~~~~それと西洋の香りがする食べ物みたい。
    2013.02.03 15:20 | URL | #H6hNXAII [edit]
    神戸のhiro says..."須磨のシダ"
    こんにちは もしも 暇があれば パソコンで見てね
     旗振山鉄拐山高倉山 で検索して下さい
    須磨アルプス馬の背から 月見山駅に降りる道に シダが群生して
    います 須磨名水 天皇池もあります
    須磨離宮の裏山 元は天皇家の領地とか 今朝も おじいさんが
    名水を求めて いや健康のためにと 歩いていました
      六甲縦走路からは脇道になります
    須磨浦の一の谷??合戦これには疑問?が残ります
      もっと勉強します   
    2013.02.03 17:16 | URL | #KWARhjdM [edit]
    光田 重幸 says..."イゴダカホデリ"
     鱗が盛り上がった感じのホウボウ類という意味らしいですね。しかも長崎での呼び名が標準和名となったとある。ナガサキシダなど目じゃないくらいVIPな長崎の魚。コチ、ホウボウ、オコゼなどは食通が好む魚だけど、長崎人も舌が肥えてると感心しきり。
     私が小さいころも、トラックでよく魚を売りに来ていました。両親とも仕事で不在のことが多く、買うのはほとんど子供たちの役目。魚を買うときの注意点など、そうやって覚えたものでした。魚種もいまのスーパーよりはるかに豊富。きっと近場で底びき網にかかったものを売りに来ていたのでしょう。今みたいな船団巻き網漁業ではなく。ここにも市場経済による単純化が見えますね。
     魚の干物の行商をするおばさんも、定期的に来ていましたね。一夜干しも多かったけど、ホタルイカサイズのイカの干物など、噛むほどにうまみが出て、子供のおやつとしては上物でした。昭和40年ころを境に、突然来なくなりました。母の話だと、私が京都に来てから数年経って(昭和50年ころ?)、また同じ人がくるようになったと。訊くと、十年ほど建築現場の飯場で賄い婦として働いていたとのこと。大きな風呂敷包を背中に担いで、「ひものいらんかね~」と勝手に玄関を開けて入ってくる…よき時代だったというべきでしょうね。
    2013.02.03 19:44 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    光田 重幸 says..."紅大根"
     おっと、専門は植物のはずなのに、魚ばっかりコメントしてしまった。この手のカブは、伝統野菜として貴重なもの。焼畑で作られていたという温海カブもそうですが、古型のカブで、日野菜や京都のスグキ菜もそうだといわれます。植物学的にはミズナも葉を食べるタイプのカブです。そんなカブがまだ残っているなんて、長崎の人も懐が深いですね。
    2013.02.03 19:55 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."こんばんは~♪"
    ★ha-chanへ★
    ha-chan、ガッツとかいうと受験生を持ってる親としては食べさせたいですよね。長崎には「ガンバ」なんていう魚もあるのよ。お手軽には「ガンバ最中」ガンバはフグのことで、フグの形の最中です。お兄ちゃん達におひとついかが?あ・・・でも思い出した・・・・『ガンバは島原では棺桶の方言で、美味なフグを食す際は傍らに棺桶を用意せよとのいわれから』だった。ちょっと過激すぎ?

    >に竹の串にヒイラギとニボシを挟んで立てて
    なんだか、可愛い!煮干って、いわしだものね。私だったらメザシあたりを刺そうかな。もしかしたらその日のうちに鳥に食べられるかしら?


    ★syuichiさんへ★
    syuichiさん、こんばんは
    この写真はね、syuichiさんの写真を思い出して光をいっぱい当てたのです。紅大根は外水道で洗ってそのまま太陽光の下で。酢の物はベランダに紙をひいて陽だまりで・・・どちらも逆光気味でプラス補正して撮りました。だから、写真のこと褒めてもらってうれしいなぁ。。。

    そうです、これは長崎市の節分料理。というより我が家の節分料理かもしれない。この紅大根を鉢巻にさして鬼に化けるなんていい感じでしょ ^m^
    どんな花が咲くのかなぁ・・・なんて思ってるんです。もうすぐ咲きますよね。


    ★神戸のhiroさんへ★
    hiroさん、こんばんは
    旗振山鉄拐山高倉山で検索してみたのですが、よくわかりませんでした。ブログを書いていらっしゃるのですか?よかったらURLにアドレスを入れてもらえると、遊びに行きます。須磨アルプス馬の背からみえるシダは何だったのでしょう?
    前にこのルートはそよかぜさんが歩いていたのではないかと思うのですが、ご一緒されたのかしら。
    2013.02.03 23:39 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    こんばんは、イゴダカホデリなどという変な名前は、長崎の人が呼んでる名前なのですか・・・でも、そんな呼び名は全然聞いたことありません。イゴダカホデリ、西の果ての異国での呼び名みたいな (^_^;)ゞ 長崎は西の果てですものね、イゴダカホデリ。
    みっちゃん先生が魚をさばいたり、薪き割をして、きのこをとって、アウトドアなのは子どものころからそういう生活をしていたからなのでしょうか?聞いていると、とても楽しそうです。

    >ミズナも葉を食べるタイプのカブなのですか?花は菜の花だけれど、根っこも肥大するのかしら。面白そうなので画像検索してみたら、ありましたよ、根っこが蕪みたいなミズナが!おもしろいですね。市内に紅大根などの長崎の伝統野菜を栽培している方がいて、なんだか面白そうなのです。いつか畑におじゃまさせてもらおうとおもってるんですが・・・
    2013.02.04 02:25 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    かえで☆ says..."凄い内容だネ~!"
    pandaさんのblogが 段々凄い内容になってて
    コメント出来なくなっちゃった。(´ヘ`;)はぁ~

    皆さんのコメントを楽しく読ませて頂きました。 
    2013.02.05 23:09 | URL | #mn6gys/M [edit]
    panda says..."★かえでさんへ★"
    かえでさん、こんばんは~♪
    ごめ~ん、本人は全然変わっていないんだけど、シダにとり憑かれてしまった・・・ r(^^; 私こそ、調べ物ばかりで、なかなか足跡が残せずにゴメンナサイ。でも、かえでさんの写真楽しみに見てるよ。もうすぐシダも一段落すると思うので、春になったらお花も咲くと思うので。。。そしたら、また遊んでね。
    2013.02.06 00:31 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1593-a67e412b
    該当の記事は見つかりませんでした。