花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • ツクシイヌワラビ

  • タニイヌワラビ

    久しぶりにみんなでワイワイとシダ散策をしました。一人で歩くより楽しい!

    それで、渓流沿いですが少し乾燥したところに、
    ちょっとポッチャリ系のタニイヌワラビそっくりのシダがはえていました。
    ポツリポツリとあちこちにあったので、数はそんなに少なくないと思います。

    最下羽片

    「タニイヌワラビの丸くてポッチャリ系は要注意」と教えていただいていたので
    「これタニイヌワラビ?」と同意を求めたら
    「ツクシイヌワラビですね」と教えていただきました 
    図鑑を読んでもよくわからないので、アップしてみます。

    小羽片

    羽柄はほとんどなくて、小羽片も無柄、前側基部はあまり耳状に張り出してなくて鋸歯縁。
    羽軸裏は無毛。羽軸と小羽軸の分岐点に刺状の突起がありました。

    ソーラス

    ソーラスは先端まで探したのですが、曲がったものはなく三日月形。
    鱗片は褐色で少なめで、下に画像を入れています。


    タニイヌワラビのほうが湿ったところにはえていて、全体的に大きめで
    そっくりなんだけど、ぱっと見て、小羽片が丸っこくてちょっと違うなと感じました。
    でも、しげしげと眺めるとわからなくなるんです(ToT)

    ------------------------------------------------------------------------------
    ツクシイヌワラビ
    別名  アリサンイヌワラビ
    分類  イワデンダ科 メシダ属
    分布  本州(中部以西・伊豆諸島)~九州

    常緑性、タニイヌワラビに似ているが葉柄基部の鱗片は茶褐色~褐色で明るめ。
    葉質は硬く、小羽片はやや鈍頭、基部は羽軸に流れることが多い。

    根茎 葉柄の鱗片 葉柄の鱗片 タニイヌワラビと比べると

    刺 分岐点に刺状の突起

    大きなツクシイヌワラビ
    web拍手 by FC2

    7 Comments

    光田 重幸 says..."ツクシイヌワラビ"
     ツクシイヌワラビでよいと思います。終わりのほうの画像でタニイヌワラビと並べて写したものがありますが、混生していたり近くにあったりするようなら、雑種があるかもしれません。(ナンゴクイヌワラビと呼ばれているものは公式にはアリサン×タニイヌになっていますが、真のアリサンイヌワラビは日本では屋久島にしか知られておらず、タイプ標本を含めてツクシ×タニイヌでしょう)。しかしこのページのものは鱗片も褐色系で明るく、小羽片は丸みを帯びて多少沿着(完全に独立してないこと)ぎみですから、ツクシイヌワラビで問題ないでしょう。
     ツクシイヌワラビがあるとなると、その雑種は常緑になりますから、私なら冬じゅう通いつめるでしょうね。
    2013.01.22 07:52 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    先生、こんにちは。
    ツクシイヌワラビでよかったのですね (^.^)>やったー!ありがとうございます。
    この渓谷でヤクシマホウビシダやヌカイタチシダに出会いました。他にもスジヒトツバなどめずらしいシダをみることができる渓谷で、家から1時間弱のところなのでよく散策しています。先生だったら冬中通いつめますか? ^m^ それでは、私もまた行ってきますね。懸案のシダがいくつも残っていて・・・
    タニイヌワラビは湿ったところにはえていて、混生してはいないのですがすぐ近くにありました。それで、並べたタニイヌワラビも雑種じゃないかと見比べたのですが、曲がったソーラスがまじっていて、胞子もはじけているしタニイヌワラビとしましたが、雑種を見分けるのは難しそうです。鱗片の色、小羽片の形などが違うので、そこを見分けられればいいのだと思うのですが・・・「日本のシダ植物図鑑」の写真だけではよくわかりませんでした。
    2013.01.22 14:21 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    光田 重幸 says..."panda先生へ"
    雑種をきわめないとイヌワラビがわかったことにはならないというのは本当ですが、panda先生、途は遠いですぞ。
     両親となる種の特徴は産地ごとに微妙に違うことがあるので、AとBの雑種の特徴はCですとは言い切れないことがあります。ただ、普通はですが、雑種は両親より大きめになるので目立ちます。イヌワラビ類の胞子は小さく、大量に形成されることがありますので、カナワラビ類やヌリトラノオ類のようにルーペでソーラスを見れば簡単に分かるというものでもありません。葉の色や鱗片のようす、軸の色などを自生地で一株ごとに見比べるのがもっとも確かなのです。だから通いつめる…
    2013.01.22 19:29 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    ha-chan says..."こんばんは^^"
    pandaさんのシダの研究が勢いを増しているように感じます。
    すごい!!ヽ(^。^)ノ
    光田先生はじめみなさんのコメントもすごく参考になります。
    読んでいて楽しいです。

     で、今夜は息子が入試の過去問題を参考に小論文を書いたからと
    添削させられました。
    私に頼むのはどうかと、もうその時点で間違っている事に気付いて欲しい。(@_@;)

    シダもお花も作文も 何度も繰り返し観察して(書いてみて)
    観察点を抑え(コツをつかみ) 系統立てて(構成を組み立て) 同定(結論)していく
    過程が似ているんじゃないかと・・・・睡魔と闘いながら思ったのでした。


    2013.01.23 00:06 | URL | #f4O6ifVo [edit]
    panda says..."おはようございます"
    ★みっちゃん先生へ★
    おはようございます。
    やはりイヌワラビの仲間の雑種は難しいのですね。先生が通い詰める覚悟ということは、シダ一年生の私にはたどり着けない途のようです。しばらくは、ただ眺めながら歩いてみようと思います。

    それから、呼び名はpandaちゃんでもいいですから、なにとぞよろしくお願いたします(お願い)←PCが違うので顔文字が出ません


    ★ha-chanへ★
    ha-chan、おはようございます。
    なんだか最近日記じゃなくて、考察って感じですね・・・とっつきにくいかなぁとも思うのですが今の私の現状みたいです。時々日記も書くので、その時は私の暮らしも読んでくださいね。

    ha-chan、受験生の添削ですか?きっと子ども達から信頼されているのだと思います。私は中学生までなら何とかなったけれど、それ以上になると、まったく信頼してもらえませんでした。挙げ句の果ては「この家の中で、一番頭が悪いのは母」とレッテルを貼られてしまいました。そのくせ、「これは何?」と聞きに来るんだから、私の解答を楽しんでいるとしか考えられない・・・ブツブツ

    そんなわけで、ha-chanも楽しんで一緒に勉強して下さいね。
    2013.01.23 08:55 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    神戸の62才の青年 says..."突然すみません"
    こんにちはpandaさん 写真見ました 西海市南串島 柳の浜から大島大橋が見えています 去年7月20日七ッ釜鍾乳洞と高帆山にも行きました島原雲仙にも行きましたが 綺麗な写真 ありがとうございます
    高校の同窓生にも 黒崎 出津からバスで来てました
    そよかぜさんの 山が呼んでる 楽しく見ています
    日浦病院には従兄弟が勤めています
           昭和44年に神戸に来ました     神戸のhiro
    2013.01.24 13:08 | URL | #- [edit]
    panda says..."はじめまして"
    ★神戸のhiroさん、こんにちは★
    そよかぜさんや山馬鹿さんには、山歩きの時はお世話になっていました。最近は長く歩くことが少なくなってしまいましたが、hiroさんも山男ですか?そして、もしかしたら西彼杵半島のご出身ですか?
    私は故郷、西彼杵半島が大好きで、歴史も自然も産業も興味があります。私が暮らしていたころは陸の孤島といわれるくらい、何もなかったけれど、今の黒崎、出津は便利になって、景観も変わってしまって、せめて残っている文化財や自然を大切にしたいなぁと思っています。教会群も大切にしたいですよね、神戸から応援してくださいね。
    2013.01.24 16:21 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1585-9761cfae
    該当の記事は見つかりませんでした。