花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • ホオノカワシダ

  • 熊野古道

    植物観察でいっぱいいっぱいの中を、雰囲気だけでもと案内してもらった
    熊野那智大社へ登る 杉並木に囲まれた石段「大門坂」
    こんなに大きなスギの木、みたことがありません。

    わぁ!

    見上げると何処までも高く、力強く伸び上がっています。
    南紀の森の中は、空中湿度が高くしっとり
    その空気が気持ちよくて、やっぱりもう一度この道を歩いてみたいと思いました。

    石段

    すごい石段なんだけどね  (^_^;)ゞ

    湿度の高い暖帯林には、いろんなシダがありました。まるで宝箱をひっくり返したようです。
    同じ場所で、次から次へとシダのことを教えていただいて、頭の中はパニック!
    そんな中で、ホオノカワシダは大きくて存在感があって印象に残ったシダです。

    stellaさん

    (クリックすると大きくなります)
    大きくてもまとまりがあって、特徴もあって、わかりやすいホオノカワシダ

    鱗片

    シラガシダ(キヨスミヒメワラビ)も主軸に鱗片が密生しているけど、ホオノカワシダは黒髪です ^m^

    最下羽片

    最下羽片の下向き小羽片は、シラガシダに比べると大きくて

    ソーラス

    ソーラスには包膜がありません。

    ホオノカワシダ

    気に入ったので、どうしても全体像が撮りたくて、切り株に登りました。

    ---------------------------------------------------------------------------
    ホオノカワシダ
    別名  ホウノカワシダ
    分類  オシダ科  オシダ属
    分布  本州(伊豆・紀伊半島、福井県、山口県)~ 九州
    撮影地 紀伊半島

    暖地の陰湿な林下にはえ、常緑性。長さ1mを超えるものもある。
    根茎は斜上し、葉を叢生する。
    葉柄、葉軸に褐色~黒褐色で光沢のある鱗片を密生する。

    ホウノカワシダ

    葉身は3回羽状深裂~複生

    葉表

    葉質は草質、葉面にまばらに太い毛がある。

    キヨスミヒメワラビ(シラガシダ)
    web拍手 by FC2

    7 Comments

    花かんざし says...""
    pandaさん、こんばんは。

    ホオノカワシダ、ナチシケシダを拝見しました。名前も知らないシダです。
    シダは私には難しくて、昨年覚えたものでさえもう忘れているくらい(笑)
    pandaさんが頑張っているので私もと思うのですが・・・

    那智大社、青岸渡寺、那智の滝、とても懐かしいです。
    随分昔の事で、ほとんどもう忘れてしまっています。
    南紀の風景は好きです。伊勢湾の風景とは全く違うので。

    後ほど、今年の9月初めに伊吹山の山頂お花畑で撮った
    ツリガネニンジンの花の写真をお届けしますね。花のつき方が
    輪状ですが、確か輪状でないツリガネニンジンもありました。
    2012.11.07 18:27 | URL | #Xlf.8pIU [edit]
    光田 重幸 says..."ホオノカワシダ"
     何度見ても存在感が薄れないシダですね。ヌカイタチシダマガイとキヨスミヒメワラビとアジアンタムのいいとこ取りをしたような…。
     苦手な北地の植物を攻略しようと、最近は北に向かうことが多い私。あと何回出会えることやら。
    2012.11.07 21:04 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★花かんざしさんへ★"
    花かんざしさん、こんばんは
    シダは難しいですね、私も200種近くアップしているけれど、ほんとに見分けられるのは1/3あるかどうか・・・初めて見るシダに出会ったとき、似ているシダと、もう一回違いを見直さないと理解できないことばかりです。でも間違っていたら訂正してもらえるので、「○○かな?」と疑問が次々と解決しないままになることがなく、それが一番の励みになっています。

    三重と和歌山はお隣りどうしなのに風景が違いますか?佐賀と長崎もお隣だけど全然違いますものね ^m^  たくさんの植物に会えて大満足の2日間だったけど、何を見てきたの?と聞かれるとほとんど山の中だったりして、普通の人には理解できないかも  r(^^; でも花かんざしさんならわかってもらえそうです。またゆっくり紀伊半島を訪ねてみたいです。

    それから、伊吹山のツリガネニンジン見せてもらえますか?ありがとうございます。メールまっていますね。
    2012.11.07 22:01 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says..."★光田先生へ★"
    光田先生、こんばんは
    >ヌカイタチシダマガイとキヨスミヒメワラビとアジアンタム・・・
    ヌカイタチシダマガイは葉の形がなんとなく似ているような気がします。でもアジアンタムはどこが?・・・と画像を検索してみたら・・・
    うん!ヌカイタチシダマガイとキヨスミヒメワラビとアジアンタムでホオノカワシダです。アジアンタムがあか抜けた美しさに仕上げています。

    苦手な北地の植物? 長い日本列島いろんな植物があって楽しいですね。先生これから北地は雪です。南のほうへもおいでください。お待ちしています。
    2012.11.07 22:22 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    syuichi says..."那智?"
     京都南部だけではなかったのですね。

     その辺りは珍しい植物が沢山生えていますね。
    バイクで林道を走っていた頃、走行可能な所は走りつくした感じです。
    写真には興味はありましたが、野草には興味が無くって・・・色んな花を見たのに撮影していません・・・惜しい事をしました。

     南紀は海も山も綺麗な所です。
    また行きたいなぁ・・・目的は野草で。

     しかし那智か・・・行動力あります。
    2012.11.08 19:28 | URL | #H6hNXAII [edit]
    とんちゃん says..."熊野古道"
    那智大社までいかれたんですね!
    うっそうとした木々に囲まれてここはpandaさんにとって胸がざわついてどうしようもないんじゃないの!
    ここにも!そこにも!もうどうしよう!!!
    大きな杉の木は風格あってどっしり構えて悠然と立ってる!
    きっとみんなを大きな力で迎え入れてくれるのだと思います。
    こんなのを見ると神聖なおごそかな気持ちにならなくっちゃ
    ホオノカワシダって大きくて形がいいですね。
    黒髭生やして居座ってる!!!
    2012.11.09 08:15 | URL | #- [edit]
    panda says..."こんにちは"
    ★syuichiさんへ★
    syuichiさん、こんにちは
    せっかく行ったので、和歌山まで足をのばしました。でも遠かった・・・長崎から鹿児島まで行くような感じ  (^_^;)ゞ よく考えたら近畿圏といっても九州と同じくらい広いのですよね。
    紀伊半島は独特の花が咲いていました。一つの植物の観察時間10分と、いつもの私のペースでは考えられないスピードでこなさないと、全部見ることができません。色々考えていたら置いていかれそうで・・・ ^m^

    それで、今ごろ写真をみながら、ああでもない、こうでもないと悩んでいます。また行きたいなぁ・・・ (^_^;)ゞ


    ★とんちゃんへ★
    とんちゃん、こんにちは
    那智の山は深くて、木が大きかった。そんな中に立っていると気持ちよくて、とんちゃんの言うとおりです。朝早かったので登山者もいなくて、その空気を独り占めしたみたいでした。一人じゃなかったけどね、でも一人じゃなかったからよかったのかも (^_^;)ゞ

    ホオノカワシダって大きいけど、格好良かったよ。森がしっとりしてるからシダも生き生きしてて、もののけ姫の世界を感じました。そう思うと、屋久島にも行ってみたいなぁなんて、やりたいこと、行きたいところが増えていきます。行ってみたいなぁ・・・

    2012.11.09 11:22 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1535-f360b84f
    該当の記事は見つかりませんでした。