花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
山の木
  • ツタ

  • ナツヅタ

    昨日は樹木版設置の調査をしながら、ツタを教えてもらいました。
    「ツタ」って身近にあるのに、深く考えたことがありません
    冬でも常緑のウコギ科のキヅタを「フユヅタ」とよぶのに対して
    ツタは落葉するので「ナツヅタ」とよばれるそうです。

    ナツヅタ

    ツタはブドウ科、こんなに色づいていればツタとわかるけれど
    じつを言うと、野山ではノブドウくらいにしか思っていなくて、
    知ってるつもりで気がつかなかった植物がまだまだありそうです。

    果実

    果実がついていました。ブドウ科だから食べられるかも・・・と
    まず、タブチさんが毒見「甘い!」ということばにつられてあちこちから手が伸びてきました。

    果実

    大きいのから食べられたので、私は真ん中の小さいのを食べてみました・・・
    ブドウの味です。種子もブドウの種子・・・って言っている間に 
    だんだん口の中がカスカス、ニガニガ、イガイガ、ヒリヒリなんと形容したらいいのか 
    お茶を飲んでもなおりません。みんなで大笑い、お菓子を食べてごまかしました。



    帰ってツタのことを調べると、身近にある「紅葉するツタ」はこれだとわかりました。

    ナツヅタ

    園芸種だと思うけれど、とてもきれいな色、
    巻きひげは分岐して、先は吸盤になって壁を登っていきます。
    花のつかない枝の葉は小さくて、柄も短くてずんすん伸びています。
    右の隅っこにある葉は、花のつく枝で葉は大きくて、柄も長くて、葉質は厚く3裂、
    縁には小突点でおわる鋸歯があります。

    柄の長い葉

    手のひらくらい大きいのもあります。

    小さい葉

    これは我が家のツタです。今撮ってきました。
    花のつかない枝の、小さな葉です。

    根元

    根元のほうは3深裂しているものもありました。

    平安時代は樹液を煮詰めて甘味料を作っていたので「甘蔓」とよばれると図鑑にかいてあったので、
    そうか、果実じゃなくて茎を食べてみなくちゃいけなかったのねと・・・
    若い茎をかんでみましたが味がしません。花の咲く枝なのかな?とかんでみたけど・・・
    味がしません・・・

    ・・・・?・・・・!!!・・・・ 唇がヒリヒリします 

    みなさん、ツタはブドウ科ですが食べられません。

    ----------------------------------------------------------------------
    ツタ
    別名  ナツヅタ
    分類  ブドウ科 ツタ属
    分布  北海道~九州

    落葉性のつる性木本で枝は無毛、皮目があり短枝がある。(花のつく枝→短枝)

    巻きひげ 巻きひげの先は吸盤
    web拍手 by FC2

    8 Comments

    花かんざし says...""
    pandaさん、こんにちは。今日は珍しく朝から雨が降っています。

    ツタは紅葉していると気がつきますが、普段は見過ごしますね。
    花も果実もまだ見ていないのを、pandaさんの記事で思い出しました。
    まだ間に合うでしょうか?果実は美味しそうに見えるけどヒリヒリ?
    何でも味見(毒見?)する方なので教えて頂いてよかったです。

    pandaさんの記事を拝見し、参考にさせて頂いてます。
    今日のシマニシキソウは合っているのか随分と悩みました。
    地域変異があるのかなぁ。間違っていたら教えて下さいね。
    それから、いつもグットをありがとうございます!
    2012.10.17 13:30 | URL | #Xlf.8pIU [edit]
    panda says..."★花かんざしさんへ★"
    花かんざしさん、こんばんは
    長崎の雨は夕方から上がりました。明日は晴れると思います。
    長いこと雨が降らなかったので、庭の木々が喜んでいるみたいです。

    ツタはいろんな種類をひっくるめて「ツタ」というのだと思っていました。そしたらただの「ツタ」でしょう、いつも見ているのに気にもかけていませんでした。それから、我が家のツタはもう花は咲いていなくて、果実でした。ツタは果実も茎もあとから口の周りなどがピリピリします。きっと動物に食べられないようにこんな味なのかしら。

    花かんざしさんの「シマニシキソウ」を読んで、悩んでいらっしゃるみたいだと思いました。でも写真で見る限り他に候補があがらなくて・・・長崎にはシマニシキソウは多くて、特別意識して細部を見たことはないのですが、長崎のとはちょっと違うみたいでかわいいですね。Euphorbia hirta Lで検索したらいろんなのがでてきたよ ^m^
    2012.10.18 00:06 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    syuichi says..."サポニン?"
     ツタという事はサポニン?
    ブドウの実の皮なんかにも含まれているとか。
    ごく微量なら薬になるし、微量ら問題ないのかな・・・他にも食べた人を散見しますし(笑)
    2012.10.18 20:32 | URL | #H6hNXAII [edit]
    panda says..."★syuichiさんへ★"
    syuichiさん、こんばんは
    他にも食べた人いるんですね ^m^ 見た目はブドウみたいなのです。
    サポニンかなぁ、そうかも、ネットにのってた。
    ところで、壁のツタは大阪です。
    水陸両用の車が出るところの近くの壁、syuichiさん見たことない?
    2012.10.18 21:20 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    花かんざし says...""
    pandaさん、記事に関係のないコメントですみません。
    シマニシキソウ、学名で検索したらよく似たのを見つけました。
    葉が小さく、鋸歯が低く、花序のつき方も同じに見えます。
    教えて頂いてありがとう!ちょっともやもやが取れました。
    2012.10.18 21:31 | URL | #Xlf.8pIU [edit]
    panda says..."★花かんざしさんへ★"
    花かんざしさん、わざわざありがとうございまいした。
    外来の植物は難しいですね、イヌホウズキとか見るのをやめています。
    今日は畑の草取りしながら、花かんざしさんのシマニシキソウをえい!と引き抜いて捨てました。それから、ハイニシキソウかコニシキソウか・・・と考えていくうちに、ええい!とみんなはがして・・ (^_^;)ゞ

    学名で検索すると似たのが出てくるけれど、英語が苦手なので理解するまでにはいたりません。もしかしたら、シマニシキソウの変種だったり品種だったりするのかもしれないですね。
    2012.10.18 22:38 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    ブリ says...""
    pandaさん、こんにちは。
    先日キヅタのお花を撮りました。
    花弁とおしべに守られた部分がつるっと光って見えて、
    あれはいったいなんだったんだろう??でした。

    キヅタは別名フユヅタというそうで、
    ナツヅタはどんなだろうと思っていましたら、
    この子がそうなのですか。
    秋にきれいに紅葉する子ですよね。
    そういえば、この黒っぽい実もみたことがあるような。
    キヅタは葉が驚くほど変化しますよね。
    ツタらしいのから、菱形の葉っぱまで・・驚きました。
    2012.10.20 16:13 | URL | #- [edit]
    panda says..."★ブリさんへ★"
    ブリさん、こんばんは
    ブリッタさんって誰だろう?とちょっと考えました。ブリツタでした (^_^;)ゞ
    キヅタの花はウドやヤツデみたいな花でしたよね
    今ごろ、たくさんの虫達が集まっているのかしら?
    花弁とおしべに守られた部分には蜜がいっぱいだってでしょう?
    私が見たときはハエみたいな虫が、雑巾がけするように蜜をなめていました。

    よく見るツタなのに、ホントの名前もツタなんて・・・ ^m^
    でも、ナツヅタとよぶといいですね。
    このナツヅタは特に大きい葉と小さい葉のギャップがありますよね。
    びっくりしました。
    2012.10.20 21:24 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1521-49e284b6
    該当の記事は見つかりませんでした。