花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • ヒメシダ

  • ヒメシダ

    キセルアザミやヤナギアザミをながめながら湿地をかきわけて進むと・・・
    くさん! 羽片がはねて、んでいるように見えました。
    シダも若い時がきれいだと思っていたけれど、
    紅葉しかけた湿地の中で、あたたかい色に変わりつつあるヒメシダもきれいです。

    胞子葉
     
    去年の秋から、ヒメシダの胞子葉がはっきり見たかったのです。
    これこれ

    ひっくりかえすと・・・

    ワクワクしながらひっくり返すと、思ったとおり
    ソーラスで埋めつくされたように見える・・・これだぁ

    栄養葉

    栄養葉は裂片が裏に巻いていないぶん、少し広めで
    羽片の間隔も狭くて、胞子葉と栄養葉はやや2形です。

    ちょっと若い

    これだと全体の形がわかるかな、葉身は広被針形で基部はすこし狭くなっています。

    ヒメシダ

    夏緑性のシダがそろそろ枯れる秋になってきました。
    あたたかい日差しの中で、この色もまたステキだなぁと感じた日でした。

    ヒメシダ

    この写真は、タヌキモ池のそばに芽を出したヒメシダです。
    このときは、ヒメシダ、ハリガネワラビ、ヤワラシダ、ハシゴシダと一緒にはえていて
    どのシダもまだ見分けることができませんでした。何度も通いました。
    皆さんにアドバイスをもらって、この4種をやっと見分けることができるようになって
    ほんとにありがとうございました。私の記念の一枚なんです。

    --------------------------------------------------------------------------
    ヒメシダ
    別名  ショリマ
    分類  ヒメシダ科 ヒメシダ属
    分布  北海道~九州

    向陽の湿地、池や田の土手などでしばしば群生する夏緑性のシダ。

    側脈

    羽片は羽状に深裂~全裂。裂片はほぼ全縁。
    草質でやわらかく、毛がごくわずかある。
    裂片の側脈は2又で辺縁に達する。

    ソーラス

    ソーラスが成熟すると、羽片の裏がソーラスで覆われているように見える。
    包膜は円腎形、辺縁に毛があり腺毛もまじる。
    web拍手 by FC2

    8 Comments

    光田 重幸 says..."ヒメシダ"
     ヒメシダは、北の妖精。長崎県のような暖地では、きっと高いところにあるのでしょうね。ヒメシダ科なのに雑種もまったく見つかっておらず、北半球に広く分布しているユニークな種類です。群生するのは、根茎が長く這うから。
     湿地で草刈をしないところでは、長さ80センチにもなる胞子葉を見たことがあります。しかし葉の幅はほとんど変わらず、やはりスリムな妖精のままでした。
    2012.10.14 20:58 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★光田先生へ★"
    先生、こんばんは
    ヒメシダは北の妖精さんですか? やわらかい緑色のヒメシダが湿地にさわさわと群生しているようすは、妖精さんたちが遊んでるように見えそうですね。長崎にはヒメシダは少ないと思います。でも、ここは標高400~500mくらいです。タヌキモ池のヒメシダは20cmくらいの小さなものでしたが、ここは座ると目の高さになりわかりやすかったです。それにヒメシダというくらいだから姫さまなのでしょうか  ^m^

    はじめは見分けることができなかったハシゴシダ、ハリガネワラビ、ヤワラシダも、だいたいわかるようになってきました。先生、ありがとうございました。同じに見えていたシダの仲間が、少づつ違って見えるようになってきましたよ (^_^;)ゞ
    2012.10.14 23:15 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    こまつな says...""
    pandaさん、光田先生こんばんは。
    ヒメシダはこちらにはないみたいです。色のついた姿は綺麗ですね。
    秋の色だなぁ。。
    たまにテツホシダはこんな雰囲気で湿地に群生するのは見た事があった様な気がしますが、
    こんな綺麗な紅葉はしないかも。
    2012.10.15 21:34 | URL | #YPF4kFnU [edit]
    panda says..."★こまつなさんへ★"
    こまつなさん、こんばんは
    台風はどうですか?なんだか沖縄ばっかり申し訳ないような・・・

    ヒメシダは北の妖精さんだものね、長崎も少ないです。
    でも、沖縄のシダはまた独特でたまには無いのもないと不公平かも  ^m^
    テツホシダを検索してみたら、カッコイイですね。ヒメシダのやさしさと比べると力強い。それにこまつなさんのテツホシダを見せてもらったら、鉄の色に変わって枯れていくのですね。これもいい色かもしれません。
    どうも長崎にもあるみたいです。楽しみが増えちゃった、ありがとう。
    2012.10.16 00:22 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    ブリ says...""
    pandaさん、こんばんは。
    先日お山を歩いていますと、
    シダが一面に倒れるようにひろがっていました。
    葉が小さくなって、小さな△がついているような形です。
    2枚目のお写真に似ています。
    袋状の胞子嚢でよくみるとU字のように見えます。
    ヒメシダかなぁとおもって、
    またpandaさんのところで調べさせてもらったのですが、
    微妙に違うような気が。
    読ませていただくと、ヒメシダは北の妖精さんと呼ばれているのですか。
    やっぱりちがうかも。
    よく似た子たちをもう一度調べてみます。^^
    いつもややこしいことばかり言って、すみません。
    2014.10.20 23:51 | URL | #- [edit]
    panda says..."★ブリさんへ★"
    ブリさん、おはようございます。
    私の好きなヒメシダにコメントをありがとうございます。北の妖精ちゃんといっても、それほどめずらしいものではなく、ブリさんのちかくなら田の畦や水路、ため池など湿ったところにはえているのじゃないかと思います。似ているもにヤワラシダやハリガネワラビなどがあって、初めのころは見わけることが難しかったです。ブリさんが見たのもこの3つ中に入っていませんか?
    この3つはソーラスがあればわかると思うけれど・・・あんまり大きなことは言えません。いつかアップしてくださいね。
    2014.10.21 09:33 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    vol says...""
    また数年前の記事にコメントですみません。
    ヒメシダの胞子葉を やっと撮ることができました。
    通りすがりに あ ヒメシダかなと思ってみても 栄養葉ばっかりでした。
    きょう耕作放置の田んぼにどっさりあったので 長靴で入ってみたら コウヤワラビの大群の一角に いっぱい^^ 胞子葉しかないんじゃないかと思うくらいでした。
    裏は白っぽいのから黒いソーラスまで。
    でも pandaさんの写真のような紅葉したのはなかったです。これからですね。
    2015.09.03 17:10 | URL | #n.R1x1CA [edit]
    panda says..."★volさんへ★"
    volさん、おはようございます。
    何時の記事でも、コメントがあるとうれしいものです。それにヒメシダは北の妖精さんだから、volさんのところで見るのが美しいかも。書き終わったら見に行きますね。
    ヒメシダの胞子葉は今頃出るのかな?コウヤワラビも長崎には少ないので遠征先で見るとうれしくなります。
    2015.09.04 08:40 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1519-f3efb752
    該当の記事は見つかりませんでした。