花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • イワハリガネワラビ

  • heiseisinzan1.jpg

    立ち入り禁止の平成新山ですが、調査のために登っている人発見  ^m^
    アリンコの行列のように並んでいました。クリックすると大きくなります。
    ガレガレの岩場で、大きな溶岩もあり、まだ安定していないのでとても危険です・・・

    平成新山の山頂

    写真を一枚もらいました。まだ噴煙のあがる頂上は迫力があります。
    私は麓でお留守番していました。

    気になっていたシダ

    8月にハリガネワラビみたいなんだけど、ちょっと違うなと気になっていたシダです。

    ハリガネワラビ

    湿った岩につき、ハリガネワラビより小型で葉身15cmくらいです。
    葉柄や葉軸は淡緑色。

    最下羽片

    全体に毛が少なくて

    ソーラス

    ソーラスにも毛がありません。イワハリガネワラビでいいかしら・・・

    平成新山

    何が生えてた?と聞いたら、「イネ科カヤツリグサ科シダもあったよ」ということでした。
    森になるには何千年何万年とかかるのでしょうね・・・

    2013/06/03
    1991年の大火砕流から22年、平成新山の植生についてこの日の調査のことが新聞に載っていました。
    光田先生に教えていただいた、キリシマヘビノネゴザの名前ものっていてうれしくなりました。

    新聞 新聞


    ---------------------------------------------------------------------------
    イワハリガネワラビ
    分類  ヒメシダ科 ヒメシダ属
    分布  本州~九州

    ハリガネワラビは地上生、アオハリガネワラビは湿地生、イワハリガネワラビは岩上生で生態的にも異なる。

    ソーラス ソーラス
    web拍手 by FC2

    12 Comments

    とんちゃん says..."平成新山"
    pandaさんは噴煙のそばまでは行かなかったのですね。
    おとなしくしていたの~
    どこにありんこがいるのだろうというくらいちっちゃいので高さが相当なんですね。
    始めはシダからって本当ですね!
    ハリガネワラビより小さなイワハリガネワラビですか~
    岩だらけのガレ場が緑におおわれるのは気が遠くなるほどの年月を経なければ・・・
    2012.09.26 15:53 | URL | #- [edit]
    光田 重幸 says..."イワハリガネワラビ"
     間違いなくイワハリガネワラビだと思います。別名コウライヤワラシダといいますが、この名前はアオハリガネワラビをさすという見解があり、使わない方が良いです。学名についても混乱があり、従来アオハリガネワラビに使われてきたThelypteris musashiensisが、このイワハリガネワラビにあたるという見解があります(奈良県レッドデータブックなど)。
     今では北海道から九州まであると報告されています。国外では朝鮮半島だけです。北方系でも南方系でもなく、さりとて大陸系ともいいがたい、準日本固有種というところでしょうか。
     九州にはきわめて少なく、長崎県のものは初めて見ました。以前から報告はあったようですが、貴重なものですね。
     噴火後にとのくらい経てば森林が回復するか? 三宅島の例では、300年経てば林と言えるものになっていますよ。日本は雨が多いですから。もちろん硫化水素や塩化水素を含むガスが出続けている場合は別です。
    2012.09.26 20:15 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★とんちゃんへ★"
    とんちゃん、こんばんは
    私はとても登れるようなところじゃないのです。それに許可も要るし。
    おとなしく、麓のほうを散策してました (^_^;)ゞ

    ここの山は溶岩ドームがいくつかあって、
    その年月によっていろんな風景を織り成しています。
    とんちゃんに見せてあげたいなぁ
    新しい山はどこかの惑星みたいなんですよ ^m^
    2012.09.26 21:49 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    panda says..."★光田先生へ★"
    光田先生、こんばんは
    イワハリガネワラビでよかったですか、ありがとうございます。たしか、先生からハリガネワラビの時に、変種のことを教えていただいたので頭の中にありました。湿地でもハリガネワラビは見かけるのですが軸が紫で変わりません。そのうちまた気がついたら写真に撮ってきます。
    それから、平凡社の図鑑の書き方は、このイワハリガネワラビがどんなものなのかわかりませんでした。名前が混乱しているのですね。

    三宅島の例では、300年経てば林になったのですか?ここも20年で火砕流が流れたあとはニシキウツギの群落ができています。これからどんなふうに変わっていくのでしょう、時空をこえた溶岩ドームを見ることができておもしろい山なんです。
    2012.09.26 22:12 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    ミラ says..."平成新山"
    pandaさん、こんにちは~♪

    登らなかったのね~-;-;;
    私は調査隊のお仲間に入れて頂いて2度のぼりましたが、もう随分昔のような気がします~

    新ルートから眺めては「登る気力ない。。。」と思っています~>_<
    2012.09.27 12:43 | URL | #51pO7RlA [edit]
    panda says..."★ミラさんへ★"
    ミラさん、こんにちは
    前にミラさんが登ったって聞いたことがあったから、「私も・・・」と言ってはみたのですが
    実際登るルートをみて、こりゃ無理だわ・・・と。(~_~;A
    あの山頂に立ってみて、惑星に降り立った気持ちにならなかったですか?

    5月に始めて登ったので、来年は4月に新しいルートを登ってみたいです。
    ミラさん、いつか誘ってね
    2012.09.27 15:52 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    ha-chan says..."こんばんは^^"
    ここはすごいですね。
    厳しい状況から少しずつ変化しているんだと思うと 感慨深いものがあります。
    上っている人の小さいのにはビックリ!!
    あっ、人が小さいんじゃなくて 周りの岩が大きいのです。
    いやぁ~ すごいなぁ

    2012.09.28 00:16 | URL | #f4O6ifVo [edit]
    panda says..."★ha-chanへ★"
    ha-chan、おはようございます。
    うん、私も5月にはじめて登って感動しました。20年前にできた溶岩ドームと
    何万年も前の溶岩ドーム、何千年前の溶岩ドームと見ることができて、その
    風景の変わり方が面白いのです。
    ha-chanもぜひ一度お越しくださいって、超おすすめです。
    2012.09.28 08:52 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    ha-chan says..."追伸です。"
    こんにちは^^
    2枚目の噴煙のあがる頂上の写真の岩・・・。
    丸顔のおばちゃんが空を見て にっこりほほ笑んでるように見えませんか?
    垂れ目の朗らかお母さんの横顔です。
    なんだかなごんでしまう・・(*^。^*)
    2012.09.28 13:04 | URL | #f4O6ifVo [edit]
    panda says..."★ha-chanへ★"
    ha-chan、こんばんは
    人面岩なの?  ^m^
    横向きのおばあちゃんが見えるよ。
    今度の台風は日本列島を縦断しそうですね・・・
    たぶん長崎は台風の西側だから大丈夫だと思うけれど
    ha-chan、気をつけてね。
    2012.09.29 00:09 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    Pooh says..."去年のことだけど"
    普賢岳の大火砕流から22年目の今日、地元紙のトップニュースで、この調査のことが紹介されました。
    2013.06.03 09:17 | URL | #7/4H6z0A [edit]
    panda says..."★poohさんへ★"
    洗濯終了しました。今から新聞を買いに行ってきます。
    読んだら、ここのページに載せてもいいかな?
    いってきま~す。
    2013.06.03 11:16 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1508-31dfb99b
    該当の記事は見つかりませんでした。