花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • ミヤマノキシノブ

  • あれかも!

    ミヤマノキシノブに会いたいなぁっと願って山に登りました。
    標高があがるとモミやツガ、ブナの森に入ります。
    1300mくらいまで登ったころ冷たい空気がとても気持ちよくて・・・見上げると!あれかも~
    でも遠すぎて確認できません・・・

    ミヤマノキシノブ

    ブナの木には、いろんな植物が着生しています。
    楽しくて、上ばかり見て歩きました。
    みんなミヤマノキシノブだったのかしら?という気持ちはあるのですが、みてくださいね。

    ミヤマノキシノブ

    やっと手の届くところに見えはじめました。
    根茎は横走。葉は硬紙質で広線形の単葉で鋭頭。

    ソーラス

    ソーラスは円形で葉先についています。

    葉表

    葉柄は茶褐色~黒褐色で長くてはっきりしています。
    今度は間違えていないかなぁ  (^_^;)ゞ

    2013/07/12
    ミヤマノキシノブ

    鱗片を撮り忘れていたので、同じ山の手の届くミヤマノキシノブの鱗片です。
    目で見てはわからないほど小さいのですが、写真には写っていました。
    この黒いぽちぽち

    クリックすると大きくなります

    葉を一枚もらって、拡大。

    鱗片

    葉柄基部の鱗片、三角状卵形かな?黒褐色で圧着。
    先端がちょっと尾状みたいな気がするけれど…

    鱗片

    拡大するまで鱗片とは思っていなかった。


    ☆ほしさんと光田先生に教えていただいたノキシノブの4倍体のこと
    ----------------------------------------------------------------------
    ミヤマノキシノブ
    分類  ウラボシ科 ノキシノブ属
    分布  北海道~九州
    撮影地 九州内陸部

    温帯を中心に、山林中の岩や樹幹に見られる常緑の多年草。

    ソーラス ソーラスの拡大
    web拍手 by FC2

    6 Comments

    光田 重幸 says..."ミヤマノキシノブ"
     ブナ帯に出てくるこのタイプのノキシノブは、まずミヤマノキシノブとして良いと思いますが、根茎が写っていないので鱗片の様子がわからず、断定は控えておきます。実際には根茎はコケなどに埋もれ土が付いていますから、洗って紙で水分をぬぐわないと撮影は難しいですが。
     朝方ちらりと拝見したときにはツクシノキシノブが載っていたような…。どこかから「自主規制」の要請がきましたか?
    2012.09.04 12:55 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★光田先生★"
    先生、いつもありがとうございます。
    これだけあったら、少しくらいはがしてもいいかなぁとは思ったのですが、やっぱり、確認してくればよかったですね。シダは標本がないと確実なところはわからないことが多いとわかっていながら、やっぱり抵抗があります。

    ツクシノキシノブは「雑種かもしれない・・・」と、シダ友さんから連絡がはいりました。写真をみるとまだ胞子が若くてはっきりしないのか、雑種だからこんな感じなのかわからなくて、一旦さげています。鱗片などの特徴も出ていないそうで、ニセツクシノキシノブのほうがぴったりなんです。先生もそう思われたのではないでしょうか?写りは悪いのですが、ソーラスのアップをのせてもう一度あげてみます。
    2012.09.04 13:32 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    ミヤマノキシノブではなく、ノキシノブは比較的早いうちに覚えたシダですが、去年、ヒメノキシノブらしきものを見つけて、同定に悩まされました。記事やコメントを拝見し、奥の深さを実感しています。
    2012.09.05 08:09 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    panda says..."★多摩NTの住人さま★"
    多摩さん、おはようございます。
    未明から雷がとどろいて目が覚めてしまいました。私もノキシノブは簡単!と思っていたのです。でも、調べていると似たのがたくさん出て来ました。一つづつクリアしていけば、そのうち見分けられるようになるかしら?私もまだその段階です。多摩さん一緒に頑張ってくださいね
    2012.09.05 08:28 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    光田 重幸 says..."ミヤマノキシノブの鱗片"
     今年出たばかりの葉ですね。鱗片が豪華(これでも)だなぁ。ミヤマノキシノブの鱗片は早く落ちるので、貴重な写真ですね。
     ほんといえば、根茎の鱗片に特徴があり、長さ0.5ミリと小さく、根茎の先端部を除いて鱗片が落ちてしまうのです。また、根茎は細くて径1ミリほど。高いところに生えるので根茎の観察は難しいのですが、倒木にでも生えていたら見ておいてください。
    2013.07.14 13:57 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★みっちゃん先生へ★"
    こんばんは、ミヤマノキシノブの鱗片はこれでも豪華なのですか?
    汚れかと思っていましたが、写真を拡大して鱗片だと気がつきました。サラッとしているんですね。根茎の鱗片・・・コケに埋もれてどこに根茎があるのかわかりませんでした。根茎の鱗片も小さいのですね。

    ミヤマノキシノブは見ただけでわかるようになりました。それから、ツクシノキシノブにも違う場所で、木についているものに出会いました。なんとなくわかるようになりましたよ、先生!ありがとうございます。でも、もしかしたらよく似た何かだったかもしれませんね。雨が降っていなければ写真を撮れたのですが…また、気をつけて観察を続けますね。
    2013.07.14 22:32 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1485-d0af6a7c
    該当の記事は見つかりませんでした。