花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
山歩き
  • 夏の自然観察会(第6回)

  • 観察会

    第6回 夏の自然観察会に参加させていただきました。
    植物を見て、触ったり、匂いをかいだり、食べてみたり五感を使っての観察会でした。

    標本つくり

    午前中は公園や畑の植物を観察採取して、午後は夏休みの宿題もかねて植物の標本作りです。
    今回は小学生にも簡単に作れる標本のつくりかたを教えていただきました。

    発表

    最後に、この日一番好きだった植物を一人一人発表です。
    この子はイネ科の仲間、地味だけど何か惹かれるものがあったのでしょうね、
    オニウシノケグサを選んだ感性に男の子らしさを感じました。

    そして、標本作りのお手伝いをしているうちに 私も気になる木がありました!
    中国産のナンキンハゼです。長崎市の木なので公園や街路樹によく見かけますが、
    細かいところまで観察したことがありません。フィールドでは気がつかなかったのですが、
    雌花、雄花を教えながら、ナンキンハゼには2タイプの木があることに気がつきました。

    ナンキンハゼ

    A 花序が一つの木と

    ナンキンハゼ

    B 花序が複数の木です。

    Aの花序

    Aは、同じ花序の基部に若い果実と、先端には花粉を出している雄花が咲いています。

    Bの花序

    Bは、主軸の花序は枯れていて、枝を分けて第二次の花序ができています。

    Bの花序

    Bを拡大してみると、枯れた花序は雄花だけです。
     新しく展開した第二次の花序には基部に雌花が咲いて、雄花はまだ花粉を出していませんでした。

    つまり、このナンキンハゼは同時に咲き出して、ABお互いの花粉で受粉するしくみになっています。

    ナンキンハゼは長崎市の木なので、街路樹や公園でよく見かけます。
    帰りの道々確認してみたら、Aタイプのナンキンハゼのほうが多かったですが
    市民の森の2本のナンキンハゼは、ちょうど違うタイプの木で相性ピッタリ
    さて、どちらのほうがたくさん種子ができるでしょうか?秋になるのが楽しみです。

    それから、タブチさんが「この果実でろうそくを作ってみようか?」と言ってました。
    それもまた楽しみですね、ヨロシクです!楽しい一日をありがとうございました。

    -----------------------------------------------------------------------------
    ナンキンハゼ
    分類    トウダイグサ科 シラキ属 
    原産地   中国

    花のつくり

    雌花雄花

    先に花序の基部に雌花が咲き、1週間後くらいに先端の雄花が咲く。

    蜜腺

    苞の両側に耳たぶのような蜜腺がある。やっぱりトウダイグサ科ですね  ^m^

    葉

    葉のつけ根に腺がある。

    紅葉果実

    秋のナンキンハゼ、紅葉と白い果実


    参考ページ:ナンキンハゼの花序の二型
    web拍手 by FC2

    8 Comments

    平家蟹 says...""
    二つの型があるなんて知らなかった(^^;)
    Bのタイプは多分見たことないからAタイプばかりかな。
    今度よく観察してみよう、
    あそこの公園に沢山あるからな、とはいえこの暑さの中
    これだけを見にあの公園に行くのもしんどいヾ(^^;)
    2012.07.29 14:46 | URL | #VD0bvtlU [edit]
    風太 says..."ナンキンハゼ"
     え~っ   ナンキンハゼはハゼって名前つくだけで

    まさかロウが採れるとは知らんかったゎ
    2012.07.29 20:13 | URL | #c8dTRiQ2 [edit]
    panda says..."こんばんは~♪"
    ★平家かにさんへ★
    平家蟹さん、こんばんは。
    私も長い花序が1本の記憶しかなかったのですが、人に教えるというのは自分もわからないことに気がつくもので・・・この日「雌花」を探していて気がつきました。でも、少し前の時期だとBタイプも長い花序が1本だから気がついていなかったかもしれません。
    「でも、それがどうした?」なんて言われると身も蓋もないのだけど、平家蟹さんだから同調してもらえて嬉しいです、ありがとうございました。


    ★風太さんへ★
    風太さん、お帰りなさい。
    立山は涼しかったですか?風景もきれいだろうなぁ、行ってみたいなぁ、うらやましいなぁ・・・と羨望のまなざし?もしかしたら嫉妬?のまなざしでブログを読ませてもらってます。う~ん、くやしい!

    ろうそくができるそうですよ、クリスマスにナンキンハゼのキャンドルでって言うのもいいかもしれませんね。
    2012.07.29 21:56 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    ha-chan says..."こんばんは^^"
    いやぁ~、びっくりです。
    近所にあるナンキンハゼの木はどれもAタイプ。
    何が違って2つの型があるんだろう??日当たりとか栄養状態とか??
    これからは 「見た見た。」と通り過ぎることなく
    じっと見つめて観察してみようと思いました。

    観察会の男の子。すばらしい!イネ科は目をつぶって通り過ぎているのですが
    興味を持って発表して。 これからが楽しみですね。

    ナンキンハゼのロウソク、楽しみ♪
    楽しみに待ってますね。

    2012.07.29 23:17 | URL | #f4O6ifVo [edit]
    かえで☆ says..."観察会バンザイ!"
    オニウシノケグサを選んだ小学男児って
    とっても('∇^d) ステキ~~☆!!
    こんなお話く聞くとおばさんも頑張らないと…
    ひゃぁ~毎日猛暑で…目が眩みます!

    長崎の市の木 ナンキンハゼ。
    pandaさん~~是非ロウソクを作って下さい♪
    2012.07.30 00:44 | URL | #mn6gys/M [edit]
    panda says..."おは"
    ★ha-chanへ★
    ha-chan、暑さに少し慣れてきましたか?
    ドアを開けると熱風、バタンと閉めました。
    でも、やっぱり出て行くしかない・・・か  という毎日です。

    イネ科を選んだ男の子、カッコイイですよね。
    標本を作りながら誰かに褒められたのかなぁ、
    「すごいぞ~、こんな花に気がついたんだね!」とかと想像しました。
    そんな一言が興味を引き起こすのですよね。
    私もナンキンハゼを一緒に考えながら、へぇ~なんて思ったものだから
    ナンキンハゼを選んだ子も多かったです。

    2タイプの木があるから、どの木にも果実がつくのですよね
    木もよく考えたものだ、Aタイプの方が多かったけれど
    Bタイプも10本に1本はあったみたい。
    ナンキンキャンドルはha-chanが試しているので、それを参考にさせてね。


    ★かえでさんへ★
    かえでさん、おはようございます。カメラガールさんも頑張ってますか?
    子ども目線って、新鮮ですよね。
    口を出せば簡単だけど、だまってみてるとちゃんと自分で考えているのです。
    そして、私の方が教えられてしまいます。だから楽しい。
    きっとカメラガールさんも、かえでさんのことをマネしながら
    独自の発想で驚かせているのではないですか?
    もうすぐ8月、ぼちぼち頑張って下さいね。
    2012.07.30 09:01 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    とんちゃん says..."観察会"
    いつもながら楽しそうな観察会!
    みんなそれぞれ選んだ植物を発表するの?
    ドキドキしそう
    きれいな標本ができるといいですね。
    オニウシノケグサって調べてみたらよく目にするみたいだった
    こういうところに個性が出ていいですね。

    ナンキンハゼってそうなの~
    もっとちゃんと見ることが必要ね いつもちゃらんぽらんだから肝心なところは見逃してる
    Bタイプがあるのかどうか注意してみます。
    雌花に雄花も!
    果実でろうそくができるなんて素晴らしいです。
    丁度クリスマスの頃に白くなるでしょう!それをリースにして!
    最初は黒だったかしら・・・あいまいでどうしようもない
    2012.07.30 15:16 | URL | #- [edit]
    panda says..."★とんちゃんへ★"
    とんちゃん、こんばんは
    子ども達が発表するのを聞いていて、葉っぱの裏がきれいだから好きとか気づかないようなキレイを教えてもらったりしました。もっと素直に植物を楽しまなくちゃって思ったよ (^_^;)ゞ
    とんちゃんのナンキンハゼを見ていたから、雌花と雄花のことはわかっていたんだけど、花穂の長さが全然違って今の時期ならAとBの区別はたやすいと思います。そうか、ナンキンハゼの果実ができる頃はクリスマスなんですね、クリスマスキャンドルを作るほどたくさんの蝋をとるのは難しいけれど、回りにドングリなんかを飾り付ければ、ステキなキャンドルができそうですね。今度、スタッフさんに話してみますね。とんちゃん、ありがとう。
    2012.07.31 00:01 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1456-578549e8
    該当の記事は見つかりませんでした。