花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • ヤワラシダ

  • 明るいところ

    明るい田圃の畔や

    湿った

    湿った林縁

    暗い・・・

    暗い林床など、どこにでもはえています。

    ヒメシダの仲間はまだよくわからないので、苦戦しています。
    あ、ヒメシダの仲間だけじゃないですよ、ベニシダもイタチシダもカナワラビも・・・
    み~んな  (^_^;)ゞ

    でも今日はヤワラシダを攻略!のつもりです。

    田圃のヤワラシダ

    葉柄はわら色、淡緑色、紫を帯びることもあって毛が生えて、
    葉身は2回羽状深裂~全裂でやわらかい草質、
    羽片は短い柄があって、基部にむけて狭くなってます。

    林縁のも


    明るい田圃のものも、林縁のものも、林床のものも
    裂片にはあいまいな鋸歯があって、側脈は単条か二又、先端は葉縁に達していません。

    林床のヤワラシダ

    ソーラスは中肋と辺縁の中間で、包膜は円形で有毛・・・

    羽片が広い

    羽片が広いタイプ、

    切れ込み

    深裂して、鋸歯もはっきりしている。


    ヤワラシダ

    全部ヤワラシダで・・・ (^_^;)ゞ

    ------------------------------------------------------------
    ヤワラシダ
    分類  ヒメシダ科 ヒメシダ属
    分布  本州(東北地方中部以西)~九州

    野山や村落に普通にある夏緑性のシダ
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    光田 重幸 says..."No title"
    順調ですね。
    ヤワラシダとハリガネワラビの違いが遠目でわかるようになると、ヒメシダ科の攻略は間近いです。
    変化の多いシダで、とくに葉柄が淡色で葉が深裂するものはツクシヤワラシダの可能性がありますから、ご注意ください。ヨコグラヒメワラビは石灰岩地や緑色岩地のもので、めったにあるものではありません。
    2012.07.02 03:14 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★光田先生へ★"
    光田先生、いつもありがとうございます。
    先生、たぶんヒメシダとヤワラシダとハリガネワラビとハシゴシダが混生してたんだと思うのです。ところが
    シダ友さんたちに「これヒメシダ」「「それはハリガネ」「こっちは・・・ハシゴ」なんて、呼ばれるままに写真を撮ってしまったものだから、画像がまぜまぜになってしまって、ハリガネとハシゴのソーラスの区別がつかないのです。ヤワラシダはあちこちにあったので、何とか確認できたのですが。
    葉柄が淡色で葉が深裂するツクシヤワラシダも見つけてみますね。それからヨコグラヒメワラビも長崎に記録があります。夏になってもシダを探しているなんて、去年までは考えられないことです。宝探しをしているみたいで、先生ありがとうございます。
    2012.07.02 13:22 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1435-e3108200
    該当の記事は見つかりませんでした。