花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
ボランテァ日記
  • オウゴンオニユリ

  • オウゴンオニユリ

    たった1本ですが…
    50年前、対馬に咲いていた由緒正しいオウゴンオニユリです  ^m^
    このたび、植物園の新しい仲間になりました。
    対馬のオウゴンオニユリは、今は自然状態では絶滅状態、でも
    対馬の花として保存育成が進められて、毎年花の時期には公園を彩っているそうです。
    同名で、オニユリとの人工交配種が販売されているので、あちこちの花壇で見かけることはあります。

    オウゴンオニユリ

    今が一番きれいなときです。

    蕾

    この株は、50年前外山三郎先生が対馬長松寺より頂いたものだということです。

    蕾

    茎の高さは1mくらい、暗紫色で白い綿毛がついています。
    葉は披針形で5~15cm、オニユリよりもやさしく感じました。

    後ろから

    花は横向きに咲いて

    花粉

    花粉の色は黒褐色、光が当たるとこんな色に見えます。
    雌しべはまっすぐタイプでした。

    ムカゴ

    紫褐色のムカゴが50個くらいついていました。

    ムカゴ

    ムカゴから根が伸び始めていたので、増やしてみようと思います。
    ユリはウイルスに弱いといわれていますので、心細い・・・内心はドキドキです。

    ムカゴから

    もう芽を出しました。(24個中5個)

    大きくなった!

    7月に芽を出したムカゴは、冬に葉が枯れて
    新しい葉が出てきました。すっかりユリの葉の形をしています。
    他のムカゴも、かわいい一枚葉をだして24個中20個出芽したことになります。

    2013/05/12
    ↑上の写真の苗が、もうムカゴをつけています。

    IMG_3916.jpg

    今年はまだ花はつけないけれど、もしかしたら来年には大きな株になりそうな予感。

    オウゴンオニユリ

    それから、本株には蕾がつきました。

    2013/06/02
    植物園から、今朝オウゴンオニユリが咲いたと連絡がありました。

    2013/12/10
    球根

    ムカゴからできた球根、他にも12個。消毒して畑に植えました。
    来年花が咲くものが出てくるかもしれませんね。

    2014/06/01
    2世

    植物園で生まれたオウゴンオニユリです。ねずみ算より増殖率は高そう ^m^

    -------------------------------------------------------------
    オウゴンオニユリ
    分類  ユリ科 ユリ属
    分布  対馬

    花の細部の写真
    柱頭 柱頭 花披片 花披片の突起

    花被片 葉 葉 ムカゴ ムカゴ

    ※植物園では希少種保護のために育成しています。販売などはしていません。
    web拍手 by FC2

    2 Comments

    光田 重幸 says..."オウゴンオニユリ"
    ああ、憧れのオウゴンオニユリ…。黄色系のユリは、日本には少ないのですよね。並みのオニユリなら、近所の木津川堤防にゴマンとありますが。栄養繁殖なので、突然変異を待つしかない。間違いなく日本の宝です。
    2012.06.16 08:28 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★光田先生へ★"
    光田先生、おはようございます。
    日本の宝ですか?そういってもらえるととてもうれしい反面
    枯らしてしまったらどうしよう。。。と不安になります。
    長崎には、コオニユリやオニユリ、ノヒメユリなども黄色があって
    それも県北限定です。
    県南ではノヒメユリが草原一面に咲いても、黄色はでてこないのに・・・
    突然変異の遺伝子をはこんで~♪と虫にたのみたいです。
    とにかく、数を増やさないと気になって気になって・・・ 夜も眠れません。
    2012.06.16 08:54 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1421-fcddb03c
    該当の記事は見つかりませんでした。