花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • ナガバノイタチシダ

  • ナガバノイタチシダ

    春がもうそこまで来ているのに、空が晴れてくれません。
    今日も裏山から、ナガバノイタチシダをアップしま~す。

    最下羽片

    最下羽片の後側第一小羽片は幅が広くて大きく、なんとなく丸っこい感じだし
    鱗片が多くてあか抜けない感じのイタチシダの中でも、さらっとしています。

    ソーラス

    ソーラスは葉全体に中肋よりについて、葉裏も鱗片がほとんど残っていません。

    ソーラス

    基部の鱗片

    葉柄基部の鱗片も、幅が広い被針形で淡褐色

    イタチシダやカナワラビ、オシダ科のシダを調べる時は雑種を見るようにしてるのだけれど
    ナガバノイタチシダの雑種はアイイヌタマシダ、メズラシクマワラビがありました。
    名まえだけ聞いて、メズラシなんて楽しい名まえをつけてもらって「どんなシダか見てみたい」なんて思う私
    シダの名まえは楽しいですよ。

    ---------------------------------------------------------
    ナガバノイタチシダ
    分類  オシダ科 オシダ属
    分布  本州(千葉県以南)~琉球

    常緑性のシダ。2回羽状複生~3回羽状深裂
    葉の上部はやや急に狭くなる。

    クリックすると大きくなります。 苞膜のようす
    web拍手 by FC2

    12 Comments

    平家蟹 says...""
    イタチシダとカナワラビはパッと見て違いが分かるのでしょうか。
    みくらべる~むで比較して見るんだけどそこに候補がなかったら美野がしているんだろうな(^^;)
    イタチシダとカナワラビは別々のみくらべになってるし。
    ベテランならパッと見て違いが分かるだろうけど
    属を超えてでのみくらべも欲しいなと思う今日この頃(^^;)
    2012.03.08 19:18 | URL | #- [edit]
    こまつな says...""
    こちらでも見た事のあるシダが幾つかあります。
    とっても参考になってありがたいです。
    麟ぺんの形や大きさも要チェックなのですね~。
    コンデジで撮る事も多いですが、
    葉柄の基部等はいつも暗くてブレてばかりなんです^^;
    2012.03.08 21:48 | URL | #YPF4kFnU [edit]
    panda says..."こんばんは~♪"
    ★平家蟹さんへ★
    平家蟹さんも私と同じことを思ってるのですね。
    イタチシダとカナワラビはなんとなく雰囲気が違うんです
    金蕨というくらいだから、光沢があってすぅっとしています  (^_^;)ゞ
    イタチシダとベニシダはよく似ていて、
    これはどっちも見比べないとわからないときがあります。
    と私は思ってみてるんだけど、正しい見わけ方なのかわからないです。

    でも、雑種が多くてピタッと当てはまらないのがおおくて・・・
    それで最近は雑種名を調べて図鑑に写真がないときは
    ネットで画像検索をすることにしてます。(標本にたどりつくことがあります)

    http://homepage2.nifty.com/fern/
    ↑ここにも雑種の調べ方や一覧表もあるよ

    一応そこまで確認しても、わからないものはわからない  (┯_┯)
    誰かに聞かないとシダはわからないです。
    と、開き直っている  (^_^;)ゞ m(_ _;)m



    ★こまつなさんへ★
    こまつなさん、沖縄のシダは魅力的ですね
    草花も面白いけれど、シダもワクワクします。
    私はまだシダは勉強中なので、間違いもあるとおもいます
    気がついたら教えてくださいね。

    鱗片の形が決め手になることも多いのですが
    確かにブレブレ。isoを上げてフラッシュをたいて撮ります。
    でも、こまつなさんのようにコンデジで撮るのがいいかもしれない。
    こまつなさんのコンデジの写真はきれいですよ。
    2012.03.09 02:05 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    光田 重幸 says..."ナガバノイタチシダ"
    イタチシダとカナワラビの違いがわからないーもっともですが、慣れたら5m先からでも分かりますよ。カナワラビはカッターナイフの刃、イタチシダはなまくら出刃包丁。そんな感じかな。
    それと、ナガバノイタチシダ、ミヤマイタチシダ、イヌタマシダ、リュウキュウイタチシダなどはイタチシダ類ではなく、ナガバノイタチシダ類です。名前にごまかされないように。むしろオクマワラビに近いと思うほうがいいでしょう。ヌカイタチシダはベニシダ類。
    イタチシダ類やベニシダ類の小羽片は下先、カナワラビ類やイノデ類は上先(最下羽片のものを除く)。これも便利な特徴ですが、ナガバノイタチシダ類はどっちつかずです。ベニシダ類ではムカシベニシダだけは例外で、上先。
    2012.03.09 02:52 | URL | #UPCNk2uw [edit]
    panda says..."★光田先生★"
    光田先生、おはようございます。
    「カナワラビはカッターナイフの刃、イタチシダはなまくら出刃包丁。」このたとえ、よくわかって笑ってしまいました。昨日はこのカッターナイフの刃をあれこれながめてきました。カッターナイフって、包丁みたいに変化がなくて細部ばかり見ているとみんな同じに見えてきてしまいました。

    先生、「小羽片は下先」というのがわからなくて、検索してみました。そしたら、いつも参考にさせていただいているノパさんのムカシベニシダにヒットして、「ムカシベニシダ」という名前は興味があって、見てみたいシダの一つでした。先生が名づけられたのですね。
    それで、この「上先と下先」の意味がよくわかりませんでした。が・・・

    追伸
    わかりました!小羽片・裂片が分岐するとき先にどちら側についているかなのですね。カナワラビ類は先に上側に小羽片がついているから上先。ベニシダ類は先に下側に小羽片がついているから下先。(ムカシベニシダが例外で先に上側から小羽片がついている上先)。ナガバノイタチシダ類は同じ葉の中に上先と下先が混ざっている。

    先生、ありがとうございました。
    2012.03.09 06:52 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    平家蟹 says...""
    野草を始めた頃は詳しい人のサイトを見たりすると抽象的な表現が使われていたりして
    そんな言い方じゃ分からないよ、と思っていたりしたけど
    多少は分かるようになってくると私も抽象的な表現を使ってきたりする(^^;)
    なのでシダもそなるかな、そうなって欲しいな(笑)

    小羽片の下向き上向き、よく分からなかったけどpandaさんの説明で分かったかな。
    一番下側というか中軸に近い小羽片が根元側か先端側かについているのでいいのでしょうか。
    そう思ってアップしたイタチシダやカナワラビを見てみると確かにそうかなと思えてくる。
    結構微妙なのもあるから迷いそう。
    2012.03.09 19:26 | URL | #- [edit]
    syuichi says..."イタチシダ"
     こんばんは、私は少しだけ忙しくしています。

     イタチシダは好きなシダです・・・なんとなくカッコイイから(笑)
    とか言ってると・・・コモチシダもハカタシダも良いなぁ・・。

     シダって点がつながって線になってくると面白くなってきますよね。
    それまでに障害?が一杯出てきますがそこは踏ん張りどころ。

    シダとか見ていると、HPの方が向いているような気がします。
    「長崎のシダ」はじめますか?
    2012.03.09 23:07 | URL | #H6hNXAII [edit]
    panda says..."こんばんは~♪"
    ★平家蟹さんへ★
    平家蟹さん、こんばんは
    そうですね、私が初めて平家蟹さんのところにおじゃましたのは
    ユリ科の花を検索してたときだったかな。
    まだ花被片という植物用語を知らなくて、花被片って何ダロウ?
    平家蟹さんって何でも知っているんだなぁと思ったのだった。
    あれからたぶん5年くらいたっていると思うのだけど
    今は道で出会う野の花なら、花が咲いてなくても名前がわかるようになって
    シダもそういうふうになっていくといいですよね。
    野の花もはじめはいろんな間違いを犯してきたから  (^_^;)ゞ
    シダもいろんな間違いを犯しているんだと思う
    それが、わかるようになるといいなぁ・・・まだ途中経過中。

    ★syuichiさんへ★
    syuichiさん、こんばんは
    忙しくなりそうですか?でもある日突然消えないでね、淋しいから。
    ハチさんたちを見て待ってるから、忙しいときはお休みしててください。
    私はまだまだ元気だから  ^m^

    syuichiさんもハカタシダもコモチシダも好きですか
    イタチシダもカッコイイのがありますよね。
    葉っぱの姿もだけど、私は芽出しのくるくるも好きです
    ソーラスがリズミカルなのもあるってわかった。
    コモチシダの無性芽も可愛い・・・ ^m^
    でもHPは作れないです。もうHTMLをほとんど忘れてしまいました。
    私のブログは、シダが楽しいって伝わればいいんだ (^O^)/
    syuichiさんに伝わってますか?
    2012.03.09 23:32 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    ha-chan says..."こんばんは^^"
    オオイタチシダは周辺でよく見かけるけれど
    ナガバノ~は、あるかなぁ・・このテカッていないしっとり肌(葉だ!)

    名前は分からないけど、さっきのとはここが違うってことが分かるようになってきました。
    ただ今の私の行動範囲ではその数が限られてしまって・・・アセラナイ、と言いきかせて。

    >上先、下先
    なるほど!!もう目からウロコ、いや鱗片。細かな観察がいかに大切か
    思い知らされた感じです。
    小学生が観察スケッチする意味が分かったような気がしました。
    2012.03.10 00:02 | URL | #f4O6ifVo [edit]
    panda says..."★ha-chanへ★"
    ha-chan、おはようございます。
    ナガバノは林縁で見かけました。山の谷沿いが好きかかも。

    光田先生の「しだの図鑑」を買ったの(アマゾンで中古しかなかった)
    ha-chanの興味がフツフツとわいてきそうな「ひとこと」が面白いのよ
    こんなのも食べられるの?って思ったり
    ヒノキシダの無性芽は何段飛び?なんて、つい数えたくなるような  ^m^
    とっつきやすい図鑑なのです。
    まずはお試しに図書館あたりで眺めてみたらどうかしら

    写真を撮るより、スケッチした方が細部が記憶に残るよね
    私もそう思いました。
    2012.03.10 08:03 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    記事を読んでいてチンプンカンプンですが、まずは意味がわかるようになるのが先決問題です。“ソーラス” という言葉も、この冬に初めて知った言葉でした。
    2012.03.10 08:46 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    panda says..."★多摩NTの住人さま★"
    おはようございます。多摩さん。
    私もシダはね~、ソーラスが気持ち悪いし~
    とかなんとか言って、避けてきたのですが
    去年あたりからなんだか面白くなってきて
    今年の冬はシダ色に染まってしまいました。

    図鑑どおりの表記になってしまうので難しいのかな。
    私もシダ用語が上手く理解できていないんで、応用がきかないのです。
    もっといろいろ読んでみますね。
    2012.03.10 09:06 | URL | #- [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1355-e9f2a5b6
    該当の記事は見つかりませんでした。