花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
海辺の植物
  • ハマベノギク

  • ハマベノギク

    ハマベノギクは、ヤマジノギクが這って咲いているような感じです。
    図鑑の写真は砂地を這っているものが多いけど、長崎では海岸の草地や岩場にも咲いています。

    花が大きくて・・・

    花が大きくて、5cmくらいあるもめずらしくありません。

    県北へ行ったとき、ハマベノギクも楽しみにしていた花です。
    長崎の南部ではハマベノギクと言うには微妙に茎が立ち上がって、這っているのかな?と
    ヤマジノギクとの境界がわからない花の一つでした。

    茎が這っている

    だから、ハマベノギクの茎が地を這うように伸びているのを見て、
    「やっぱり、ここまで這わなきゃハマベノギクじゃないのね ^m^ 」なんて思いました。

    ハマベノギク ハッテマス 

    冠毛は赤も白っぽいのも・・・

    冠毛の色は赤褐色のも、淡褐色のものもあります。

    綿毛

    日当たりのいいところでは、すっかり綿毛になっていました。
    今日は大阪見物の予定です。串カツ、お好み焼き 食いダオレ・・・( ̄¬ ̄)・・・

    ----------------------------------------------------------------------------------
    ハマベノギク
    分類  キク科 ハマベノギク属
    分布  本州(富山県以西)、九州

    海岸の砂地に見られる越年草。

    根生葉 根生葉はサジ形

    茎葉 茎葉はヘラ~サジ形、ヤマジノギクより幅が広く、厚い。

    総苞 総苞片

    異冠毛 異冠毛

    茎や葉面にはまばらに毛がはえています。

    ヤマジノギク
    web拍手 by FC2

    5 Comments

    とんちゃん says..."ハマベノギク"
    海岸付近にある植物っていいです!
    色々いっぱい見てみたい!
    だからpandaさんが紹介して下さるのを待ってる~
    お帰りも待ってる~
    関西の旅を順調に楽しんでいると思います
    あっちもこっちも見てみたいと目をキョロキョロさせながら歩いているでしょ!

    ハマベノギクの冠毛の色が混ざり合っているのできれいです!
    まん丸になったところも可愛らしい♪
    2011.11.27 09:09 | URL | #- [edit]
    多摩NTの住人 says..."こんにちは"
    海岸に生育する野菊も多いんですね。
    もちろん多摩では見たことのない花ばかりです。
    とても興味深く拝見しています。
    2011.11.27 14:27 | URL | #rId1tC1Q [edit]
    panda says..."おはようございます"
    ★とんちゃんへ★
    とんちゃん、海岸植物は面白いですか?
    長崎は日本一海岸線が長いんじゃないかしら?
    荒海に生きている植物や、静かな内海の植物の違いも面白いものです。
    でも、そろそろ冬枯れの季節になってきました。
    ちょっと淋しい・・・ (┯_┯)

    関西旅行は楽しかったけど、人人人・・・人を見に行った気が ^m^

    ★多摩NTの住人さま★
    おはようございます。
    長崎は海岸線が複雑で、広い範囲に島があるから
    いろんな植物を見ることができます。
    でも、対馬なんていうと遠くて長崎県でも一生に一度行けるのかな?
    行ってみたいけれど、旅行気分なところです。

    多摩さんも長崎を訪ねた気分で、長崎のお花を見てくださいね。
    2011.11.28 07:05 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    こまつな says...""
    こんばんは~。
    京都に行かれたんですね。紅葉も拝見させて頂きました。

    ハマベノギク、色は薄い紫が入っている様にもみえましたが
    花は白ですか。清楚でいい色ですね。
    こちらのイソノギクに似た感じを受けました。
    2011.11.28 22:46 | URL | #YPF4kFnU [edit]
    panda says..."★こまつなさんへ★"
    こまつなさん、おはようございます。
    こまつなさんも、イソノギクに似てるって思いましたか?一緒ですね ^m^
    よく似てるのに、ハマベノギク属とシオン属と属が違って
    それが、冠毛だなんて・・・

    九州の甑島あたりでは
    このハマベノギクとイソノギクが繋がるような、
    さまざまな長さの冠毛をもつ群落があるそうです。
    見た目じゃきめられない
    あ”~これだからノギクってややこしいんだ・・・
    と、痛感したハマベノギクでもありました。

    でも、こまつなさんからコメントをもらって、
    長崎南部にあるハマベノギクはどんな冠毛なのかしらって
    見つけてみたくなりました。
    2011.11.29 08:26 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1284-b0e6d8ff
    該当の記事は見つかりませんでした。