花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
野の花山の花
  • ヤマアザミ(ツクシヤマアザミ)

  • 綿毛・・・ ( ̄□ ̄||)))

    九州のヤマアザミをまとめようと、今回は楽しみに出かけたんだけど・・・
     ( ̄□ ̄||))) 綿毛じゃん・・・

    ヤマアザミ

    これが一番カッコヨカッタ?  ^m^

    九州と四国の海抜1000m付近に咲くヤマアザミ、別名はツクシヤマアザミです。
    葉も総苞もトゲが鋭く、触れません。
    背丈も1.5-2mと高いのですが、横に張り出さないので大きさはあまり感じません。

    蕾だったり、ちょっと咲いていたりですが昔の画像をさがしてみました。

    ヤマアザミ

    花期は8-10月。山地の草原に咲いています。

    ヤマアザミ

    頭花は小さくて、枝を出しても短くて棒立ち。
    この花がたくさん咲いた姿を見たかったんだけど・・・

    綿毛

    これでした・・・ガックシ

    総苞片

    総苞は7列、太い刺針、片は反り返っています。
    アザミはわからないことだらけなので、少しずつ頑張ってみますね。

    ------------------------------------------------------------------------
    ヤマアザミ
    別名  ツクシヤマアザミ
    分類  キク科 アザミ属
    分布  九州・四国

    葉

    葉は羽状に中裂、刺針は太く鋭い。

    総苞片

    花は穂状につき、上を向く。
    web拍手 by FC2

    10 Comments

    ha-chan says...""
    おはようございます。
    葉のわきに蕾をたくさんつけてる姿は‘やる気満々’って感じ。
    >九州と四国の海抜1000m付近
    ってことは子供のころにはよく見てたかも?
    あの頃は十把一絡げでぜーんぶ「アザミ」っていってた。
    もったいない子供時代を過ごしたものです・・今となっては。
    2011.10.15 09:51 | URL | #f4O6ifVo [edit]
    平家蟹 says...""
    pandaさんのこれからの観察に大いに期待。

    アザミは難しいよね。殆ど敬遠しているしな(^^;)
    スミレもノギクもやっと調べる気になったけどアザミはまだまだ(ーー;)
    幸いというか身近にはあまり面倒なのはないけれど(多分)
    それが逆に調べる気をなくしているかもね(^^;)
    2011.10.15 09:54 | URL | #- [edit]
    とんちゃん says..."ヤマアザミ"
    すごいとげとげですね
    盛りの頃だったら・・・というpandaさんのがっくり感がこっちにも・・・
    ガックシ で たちあがれないー
    ずっと前から狙っていたんですね。
    咲き残りも綿毛もいいと思うけど・・・
    限られた場所でしか見られないアザミなんですね。
    またこの次のお楽しみにしたら目標ができていいと思います!
    2011.10.15 15:07 | URL | #- [edit]
    panda says..."こんばんは"
    ★ha-chanへ★
    ha-chan、海抜1000m付近 って
    ほんとに自然いっぱいのところに住んでいたのですね。
    私も田舎に住んでたけど、お花の記憶はあんまりないのです。
    あの頃にもどれたら、きっとまだたくさんの自然が残っていただろうね・・・

    10年前でも働くことに一生懸命で、お花なんて見えていなかった
    ha-chanのほうが私より早くに気がついて
    ちょっとくやしいなぁ  ^m^


    ★平家蟹さんへ★
    スミレもノギクもはじめの頃はてこずったけど
    今は近くのものならすこしづつ見分けられるようになって
    アザミもそんなふうに数年後はわかるようになりたいなぁ

    そうだ、アザミの図鑑を見てみてください
    気がついていないだけで、身近なアザミにも区別できるものがあるかも
    帰化植物図鑑も見てみなくっちゃ・・・
    平家蟹さん、一緒に考えてください。


    ★とんちゃんへ★
    一緒にガックシきてくれてありがとうございます。
     ^m^
    高速を片道3時間だから、そうカンタンには行けなくて
    蕾しか見たことない花とか
    咲き終わりしか見たことない花とか・・・
    葉っぱだけなんていうのがあります。

    でも、いつか花の頃に行き合わせたらなぁって
    楽しみにしてますね。
    2011.10.15 18:15 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    乳待坊 says..."勉強になります"
    pandaさん 今晩は
    お世話になっています。
    こうしてツクシヤマアザミの画像を拝見し、ご解説を拝見しますと、私の頭の中でも、いつも、もやもやして判断に迷っていたものがすっきりするようで嬉しいくなります。ありがとうございます。
    2011.10.15 23:32 | URL | #mhDHt9YE [edit]
    panda says..."★乳待坊さんへ★"
    こんばんは、アザミは難しいです。
    このヤマアザミは特徴があるのでわかりやすいかなぁと思うのですが・・・
    私はまだツクシアザミとウンゼンアザミの区別をはっきりさせることができずにいます。佐賀で見たツクシアザミは雲仙のものとは見た目で違和感があります。でも、細かい部分を見ていくとどこがどう違うのか、説明ができないのです。困った困った、なーんて頭をかかえてる私。。。
    ひとつひとつ整理していけば、そのうちわかるでしょうか  (^_^;)ゞ
    2011.10.16 01:21 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    いっしい says..."トゲトゲが・・・"
    こんばんは~

    ツクシヤマアザミ、トゲトゲすごいね~
    私なんか、キク科の花は敬遠気味なのでいつもながらpandaさんの研究熱心には脱帽です~

    でも来年はキク科の花ともちゃんと向き合ってみようかなぁ~と思っています
    来年は宜しくご指導くださいね~m(__)m
    2011.10.16 23:06 | URL | #XqimSTzw [edit]
    panda says..."★いっしぃさんへ★"
    いっしぃさん、おはようございます。

    キク科の花は難しいですね、ヨメナタイプとアザミタイプは特に・・・
    一度見分けても、次ぎみた時は思い出せない。

    なんかもう、ほんとに三歩進んで二歩下がるです。

    いっしぃさん、来年は忘れてるかも・・・ r(^^;
    でも、ブログにまとめてると健忘録になるのでちょとはマシかなぁ

    いよいよ花が少なくなってきて、南へ南へと行かないとですね
    私もポケットにつめて連れてってください・・・でも
    そんな巨大なポケットはない!と風太さんからつっこまれそう・・・
    2011.10.17 07:32 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    vol says...""
    アザミはpandaさんでもやっぱりむずかしいんですね。
    総苞は7列 っていうところから 投げ出したくなります とほほ(-_-;)
    きょうから宮城県にいるんですが ナンブアザミひとつでも確信が持てません。葉っぱの形がいろいろなような・・・
    でも 意欲的なpandaさんをみて わたしもと思ったのですが
    まあ とりあえず 近所のオヤマボクチを見てこようかな。
    2011.10.17 21:02 | URL | #n.R1x1CA [edit]
    panda says..."★volさんへ★"
    volさん、おはようございます。
    pandaさんでもって、違います!
    私はまだ野の花修行中で、どの花も見分けるので精一杯 r(^^;
    でも、次の年にはポイントを忘れてしまうので、健忘録なのです。

    総苞の7列って難しいですよね、どこからが2段目かわからないものも多いし
    写真にマークをつけながら数えています。
    それでも、植物のことだから6列だって8列だってあって
    たまたま撮った写真が7列だったからよかったものを・・・ってこともあります。

    ナンブアザミらしい写真を旅行先で撮っています
    volさん、ナンブアザミを教えてくださ~い
    ほんとに、どこまでが変異の範囲なのかよくわかりませんね  ^m^

    1ヶ月前オヤマボクチが開きかけていました。
    低地なら今ごろきれいに咲いてると思います。
    私はこの○○ボクチは咲いたのには出会ったことがありません。
    いつか出会ったみたい花の一つです。
    2011.10.18 07:57 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1260-56341f36
    該当の記事は見つかりませんでした。