花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
湿地・水田の植物
  • サクラタデ

  • サクラタデ

    長崎で会いたいと思っていたサクラタデ・・・
    ずっと、温めていた写真です。
    稲刈りが終わった田んぼに、ひこばえといっしょにヒョロヒョロと咲いていました。
    遠くからでも咲いてるってわかるくらい、サクラタデの花は大きいですよ  ^m^

    サクラタデ

    サクラタデの果実は3稜形なので、柱頭が3つに分かれています。
    それから・・・

    サクラタデ

    サクラタデ

    茎は直立して、花のところで多少枝を分けています。ここでは1~2本に分かれていました。

    サクラタデ

    シロバナサクラタデと比べると、花がひとまわり大きくて
    シロバナサクラタデのほうが花数が多いような気がします。
    でも、片方だけしか見たことないときは、どのくらい大きいかわからないし
    一節からでる花数も、花の最盛期を過ぎないとかぞえられませんね。

    サクラタデの白花は、シロバナハナサクラタデとよばれて、シロバナサクラタデとは別種です。シロバナサクラタデにもピンクがあるからよく似ていて迷いました。そのときのことがここに書いてあります。→ピンクのシロバナサクラタデ見てみてくださいね。

    -----------------------------------------------------------------------
    サクラタデ
    分類  タデ科 イヌタデ属
    分布  本州~九州

    茎は直立して、花のところで多少枝を分けている。
    サクラタデの果実は3稜形なので、柱頭が3つに分かれている。
    花序の節当りの花数が2または3個。
    web拍手 by FC2

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1255-40909cea
    該当の記事は見つかりませんでした。