花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
野の花山の花
  • センニンソウ

  • 牧場

    広い牧場に 雪が積もったように白い花がさいています。
    別名 ウマクワズとかウシノハコボレと呼ばれるのは、有毒植物だからで、
    牛から食べられなかったセンニンソウは のびのびと咲いていました。

    センニンソウ

    牧場の中はセンニンソウの保護区?牛からも食べられず、草刈にもあわず、
    そのうち牧場全部センニンソウになるのでは?って思うけど・・・ならないんですよね ^m^


    あっちにも

    あっちにもこっちにも
     
    こっちにも

    上から見ると十字の花が星のように見えます。

    近くで見ても

    センニンソウのしべは、ガクより短くて、花としてのバランスはとれてるみたい。

    長くてスミマセン

    長い写真になってしまったけれど、ツルと花や葉のつき方がわかるかなと思って。

    果実

    センニンソウのいわれ、

    仙人

    ふわふわになるまで、ゆっくり時間をかけて・・・

    センニンソウ、ボタンヅル、コバノボタンヅル3つ続けてアップしてみましたが
    どの花が好きですか?

    ----------------------------------------------------------------------------
    センニンソウ
    分類  キンポウゲ科  センニンソウ属
    分布  日本全土

    日当たりの良い道端、林縁にふつうにある、ツル性の半低木。

    葉 葉

    葉は3~5の羽状複葉、小葉は2~3に切れ込むことがあるが、鋸歯はない。
    葉柄や葉の中軸でまきつくので、きれいなカタチの葉にはめったに出会わないです。

    花 花

    花は2~3cm。ガクの縁には白い毛。
    花糸はガク片より短い

    種子

    そう果は扁平な卵形で縁は隆起、花柱が2.5~3cmの長い羽毛状になっている。


    ------------番外編------------

    1月末に咲いたセンニンソウ
    真冬に咲いた!

    8月に咲く花が、まさか冬真っ只中の1月に咲くなんて・・・
    花数は少ないし、白いガクもちょっと紫色になって寒そうです。

    もしかしたら・・・

    もしかしたら、センニンソウの変種かもしれない ( ̄ー ̄)!
    なんて、花の隅々まで観察。
    苞があることや3出集散状の花序だと、夏には気がつかなかった。

    たくさん

    いったい何があったの?刈り込まれて花が咲けなかった・・・のかしら。
    それにしても、寒そうな咲きかた  ^m^
    でも、ただのセンニンソウみたい・・・

    冬に・・・

    今年もセンニンソウが1月に咲いていました。
    web拍手 by FC2

    8 Comments

    とんちゃん says..."センニンソウ"
    どれが一番かと決めることになったらコバノボタンヅルかな~
    見ることは先ず出来ないと思うから
    花後はセンニンソウかな~
    近くではセンニンソウしか見られないからボタンヅルをいっぱい見たい!
    牧場の白いかたまりは全部センニンソウなの?
    草刈りにあうことがないのでのびのびですね。
    きれいな画像なのでここのセンニンソウは特別のように見えました。
    センニンソウやボタンヅルの花後は雪が残っている寒い山でのお楽しみ
    咲き終わっても「なお」ですね!
    2011.08.27 08:16 | URL | #- [edit]
    yumi says..."それはコバノです~"
    どの花もきれいですが、コバノボタンヅルがめったに見られないせいもあって美しいと思います。

    しょっちゅう会ったいたら、そこまで美人だ~とは思わないでしょうね~~

    コバノボタンヅルでは大変お手数かけました~
    名前が分かってスッキリです~~感謝です。
    2011.08.27 08:46 | URL | #ykKW7avM [edit]
    ha-chan says..."私もコバノ・・かな。"
    こんにちは^^
    近くの里山で見たセンニンソウも草むらの中に白い塊のように
    咲いていました。
    あんなに絡まれた草木は光合成も出来ずに、さぞ迷惑だろうなぁって
    思って帰ってきました。
    でも 良く考えてみたら絡みつかれたからって、枯れてないですよね。
    センニンソウが髭になるころには一緒にカラカラになっていたりするけど
    常緑のものは緑を保っています。
    うまく共存しているのかも。
    サルトリイバラ(4枚目の写真)も負けてないし。^^
    2011.08.27 14:28 | URL | #f4O6ifVo [edit]
    panda says..."こんばんは"
    ★とんちゃんへ★
    とんちゃん、こんばんは
    とんちゃんはコバノボタンヅル、気に入りましたか?
    牧場の白い花はみんなセンニンソウでした。
    センニンソウは遠くから真っ白に咲いたのを見るのいいですよね
    それに、綿毛になった様子も楽しみです
    秋になったら、見つけましょうね

    ボタンヅルは山を歩くとき気をつけてみてね
    ちょっと黄色っぽい花が咲いてたら要注意です。


    ★yumiさんへ★
    yumiさん、コバノボタンヅルがわかってよかったです。
    花を見るとき、ぱっと見さえなくても
    よくよく見るとかわいかったりします。
    そんな時、私だけが知ってるこの花の魅力!
    な~んて嬉しくなります。


    ★ha-chanへ★
    ha-chan、こんばんは
    ツル植物は木に登ってちゃっかり特等席に座ってます。
    下になった木は青息吐息
    でも、ツル植物ももとの木がたおれては困るのかしら
    なんとか木も生きていますよね・・・
    クズなんて飲み込むようにはびこっているけれど
    ha-chanが言うように、冬には常緑のものは一息ついてるみたい
    でも、やっぱり木にとっては厄介みたいだよ。

    2011.08.27 23:21 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    KLX says..."覆われるメリット"
     覆われるメリット・・・・牛や馬が食べにくいので細々とはだけど生き残れる・・・また、覆われても生き残るような植物が残ってくるのも当然の結果。

     植物同士で競争や共存が絡み合って今の世界が選択されたのでしょうね。
     一番形が綺麗で茶花でも通用しそうなのはコバノボタンヅル。
     ガクの質感が好きなのはボタンヅル。
     遠くから見て雪の様に咲いて美しいセンニンソウ・・・・むむっ

     一輪で見ても遠くから見ても綺麗なセンニンソウが好き。
                今はね・・・・・(笑)
    2011.08.29 13:54 | URL | #H6hNXAII [edit]
    panda says..."★KLXさんへ★"
    こんにちは、暑いですね~♪
    牧場では覆われるメリットありますね、ホントだ!

    センニンソウ属の花は、こうしてみるとどの花もきれいだと思います。
    私もKLXさんと同じ。芸術的に巻きついててくれたら、最高!
    だと、思います。

    それにしても暑い毎日ですね、ハチはばててないの?
    2011.08.29 16:56 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    ブリ says...""
    pandaさん、こんにちは。
    わたしも初めて見せていただいたコバノボタンヅルが好きかも。
    竹筒から、2,3輪たらりといけられていたら、
    とても趣があると思います。

    牧場に咲くセンニンソウ。
    広々としたところでゆったりと咲けて、うれしそうです。
    でも有毒なのですか。
    清楚な感じですのにねぇ
    きれいな花には毒があるっていいますが、
    見た目ではわかりませんねぇ←何に感心しているんだか。
    2011.08.30 17:34 | URL | #- [edit]
    panda says..."★ブリさんへ★"
    ブリさん、こんばんは
    コバノボタンヅル、好きでしたか?ヨカッタ  ^m^
    野の花をすっと1輪さして、似合うような空間があるといいなぁ
    ブリさんの生活はそんな感じですか?
    私は観察用に台所にさしてることが多いです。

    キンポウゲ科の花は有毒のものが多いですよね
    でも少しの毒は薬にもなるというし
    センニンソウもその一つなのかなぁと思ったら
    けっこう毒性が強かったです・・・(~_~;A

    牛の歯がこぼれるわけだぁ ^m^
    2011.08.31 00:39 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1226-bdb126f2
    該当の記事は見つかりませんでした。