花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
海辺の植物
  • オオムラサキシキブ

  • オオムラサキシキブ

    ムラサキシキブの花が咲きだしました。
    以前から、オオムラサキシキブがあることはわかっていたのだけど、
    どの木そうなのか、区別できずにいました。
    それで、梅雨の晴れ間に散歩がてら、じっくりと見比べてみました。

    オオムラサキシキブ

    オオムラサキシキブは、ムラサキシキブの海岸型です。
    葉や花序がひとまわり大きくて、長崎の海岸沿いの山にあるムラサキシキブは、
    ほとんどオオムラサキシキブかその中間型のようです。 

    オオムラサキシキブとムラサキシキブ

    左がオオムラサキシキブ、花がたくさんあつまって大きな花序をつくっています。

    ムラサキシキブとオオムラサキシキブ右:オオムラサキシキブ

    こんなに違いがはっきりしてるものもあります。
    花序が大きいので、花が葉の下に垂れ下がってしまいます。

    オオムラサキシキブ

    それから、ムラサキシキブの花序は ほぼ腋生なのですが、
    オオムラサキシキブは葉腋から離れているものも多いです。

    オオムラサキシキブ

    オオムラサキシキブの花の色は白っぽいものから紫色までイロイロ
    秋に見事につけた紫色の果実が楽しみです。

    おまけ
    カミキリムシ?

    ハチだと思ってたのだけど翅がちがう・・・カミキリムシ?
    ハチみたいに腰がくびれてないのに、模様でハチの体型にみえてだまされました。


    2015/07/27
    鹿児島の海岸沿いにオオムラサキシキブが咲いていました。

    鹿児島のオオムラサキシキブ

    葉が大きくて、野生のムラサキシキブという感じ

    近づくと・・・
    ちょっとずつ近づいてみます ^m^

    一枝

    葉のつき方

    花のつき方

    花序のつき方

    果実

    果実のつき方もダイナミック、これが紫色に熟したところをみてみたいです。


    感想、長崎のものより野生的!

    ------------------------------------------------------------------------------
    オオムラサキシキブ
    分類  クマツヅラ科 ムラサキシキブ属
    分布  本州(東海以西)~沖縄

    暖地の海岸近くに見られる落葉低木。

    オオムラサキシキブオオムラサキシキブ 

    樹高4mありました。
    枝は垂れ下がるようにつかないので、見上げるとこんな感じに花がついています。

    腺点  まばらに腺点あり

    星状毛 星状毛

    果実の比較 果実の比較

    オオムラサキシキブとムラサキシキブの果実の大きさはほとんど同じです。
    web拍手 by FC2

    6 Comments

    yumi says..."オオムラサキシキブ"
    オオムラサキシキブに中間型と、言われても~~困る~~
    海岸あたりと言われても、長崎の山には海岸べたの植物が生育していますからね~
    私が見ていたのは何?と又、謎が増えました~
    植物の世界は不思議だらけですね~
    2011.07.09 22:15 | URL | #ykKW7avM [edit]
    平家蟹 says...""
    最近イヌムラサキシキブを知ったばかりなのにオオムラサキシキブまであるんですか。
    (漢字変換で一発で変換するからどこかのブログで見ているかも^^;)
    確かにこう並べて比較すると葉の大きさなど違いが分かるけど単独で見るとどうだろう。
    特に葉腋から離れて花柄が出ているともうそれだけでコムラサキシキブと判断しそう。
    そういえばこちらでは海岸ではムラサキシキブは見たことないな。
    もっとも海岸と言ってもどれくらい離れているかが問題だけど。

    最後のはヨツスジハナカミキリかな?
    やはりスズメバチに擬態しているそうでpandaさんが蜂と間違えたのもカミキリにとってはしてやったりでしょうか。
    2011.07.09 22:24 | URL | #- [edit]
    雑草 says..."中間型"
    こんばんは yumiさんからご紹介いただきました。お世話様になります。
    オオムラサキシキブに似た木を海なし県の栃木の山中で見つけたのですが、葉腋から離れている点がこれほどはっきりしません。ムラサキシキブと比べて葉、花穂の大きさは明らかに大きい。新枝も太いです。でも葉腋からの距離がこれほど顕著ではなくわずかに離れているにすぎません(古い枝は特に腋に近い)。ただ徒長枝のように新しく伸びた太い枝先に着く花は葉腋から離れています。でも普通のムラサキシキブでも徒長枝につく花は離れる傾向があるようです。
    というわけで、長年迷っています。茨城生物の会の先生も??です。中間型かなと思う次第です。
    2011.07.10 00:40 | URL | #rlt97/4Y [edit]
    panda says..."こんばんは"
    ★yumiさんへ★
    yumiさん、こんばんは
    ムラサキシキブの変種がオオムラサキシキブで
    ムラサキシキブの大型のものがオオムラサキシキブです。
    それで、中間形があってムラサキシキブと接続するということなので
    その境目ははっきりしないのではないかなぁ・・・
    まるで、キブシとナンバンキブシみたいですね。
    同じ植物でも、海辺で育つとたくましくなるのかしら?

    みんなムラサキシキブでも間違ってないと思うのよ  ^m^


    ★平家蟹さんへ★
    平家蟹さん、こんばんは
    単独でみるとわからないです。きっぱり!
    木が高くて、花序も葉も大きいのはわかるけど
    みんながみんなそうではなくて、中間形も多いんです
    その中間形をどう呼ぶのか・・・

    ヨツスジハナカミキリはありがとうございました。
    よく似ています。すぐ飛んで行ったので写真が1枚しかなくて
    名前を見つけることができませんでした。

    ★雑草さんへ★
    雑草さん、yumiさんのところではいつもお世話になっています。
    拙いブログに来ていただいて、ありがとうございました。
    ムラサキシキブの花は腋生といわれるけれど、少し離れてつくのもみかけますよね、
    よく見ると花柄は枝から出ているので、雑草さんが言われるように、
    「枝が徒長したら離れる」のかなぁと思いました。
    6枚目の写真は新枝なので、かなり離れているけれど
    同じ枝でも、7枚目の写真のように枝先では葉腋に近いところからでています。
    オオムラサキシキブは、枝も葉も花序も大きくなるので離れているのが多くなるのかしらと思いました。

    枝が太くて、葉が丸く大きくて、花数が多くてという要素も含めて考えても
    その中間形っていうのが・・・きめられないのですよね。
    参考にならなくて申し訳ないです <(_ _)>

    2011.07.10 01:59 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    とんちゃん says..."オオムラサキシキブ"
    並んでいると分かりやすい!
    葉は大きいし花も随分差がありますね。
    4メートルにもなるの?すっごく大きくなるんですね。
    シベがピヨ~ンって飛び出してるし!
    花色もうすいのから濃い色まで様々なんですね。
    果実も大型になるのかしら・・・そのときにも教えてもらえたらいいな!

    関東地方も梅雨明けして夏本番になりました。

    2011.07.10 09:02 | URL | #- [edit]
    panda says..."★とんちゃんへ★"
    とんちゃん、今日の長崎は気持ちいい一日みたいですよ
    早い梅雨明けだったけど、もう雨は十分ですよね。

    オオムラサキシキブの木は4m以上あるのもあるかも
    計れないので、人間の身長の何倍かを目安にしました。
    花数が多いから、どんな果実がつくのだろう?
    ちょっと楽しみです。鳥に食べられないうちに撮りに行きますね。
    秋まで待っててください <(_ _)>
    2011.07.10 12:15 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1199-14a5f540
    該当の記事は見つかりませんでした。