花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
野の花山の花
  • ヤマサギソウの距

  • 私は誰?

    ヤマサギソウは変異に富み、いろんな変種があります。

    正面横から

    正面からと、横から撮ってみました。これは距の長さが2cm以上あります。
    距の長さだけでみるとハシナガヤマサギソウでよさそうですが・・・

    気になってしかたなかったので、小雨の降る中、傘をさして草原を歩きました v(^^*)

    全体の姿

    ヤマサギソウの葉は、下の一枚が大きく披針形の鱗片葉が2-5枚
    茎にはやや稜があります。

    花の向き

    花茎が延びるにつれて、花は子房がねじれややに下に曲がり
    はじめ花茎側を向いて上向きだった唇弁が外側を向いていきます。

    満開

    やがて、私たちが通常見る唇弁が下向きになり、距は上を向いています。
    距の長さは、花が咲く頃には蕾の頃より長くなります。

    満開

    距が長いタイプは距が包葉や他の花の部品と干渉し、曲がり方が変わっているように見え
    子房の曲がりが大きく花がうつむきになれば距は上を向き、
    ハシナガヤマサギソウの場合、このあたりに統一性がなく
    距の向きは下向き、水平、斜め上向きが混在することが多いと教えていただきました。


    ヤマサギソウ?

    それでは、これはどうでしょう?
    草丈は高く、ヤマサギソウより大きいです。
    距の長さは2cm以上、上の花の距は上にのびているけれど

    ヤマサギソウ?

    下の方はごちゃごちゃで、距はどこを向いているのかわかりません。
    平凡社の「日本の野生植物Ⅰ」では距の長さが20mm以上はハシナガヤマサギソウで、
    図鑑に掲載されている写真も距が下を向いてるとは思えないから、
    こんなのがハシナガヤマサギソウなのかしら?

    拡大図 クリックすると大きくなります。


    今悩み中・・・o(´^`)o  


    -----------------------------------------------------------------
    ハシナガヤマサギソウ
    分類  ラン科 ツレサギソウ属
    分布  北海道~九州

    ヤマサギソウの距が2cm以上あるもの。

    去年のヤマサギソウ、マイサギソウ

    2015年ハシナガヤマサギソウ いろんな方からのコメントが面白いです。

    ※2015/07/21 一部修正しました。
    web拍手 by FC2

    8 Comments

    平家蟹 says...""
    これは距が随分上に伸びていますね。
    秋吉台では幾らでも見かけますが距はみな下向きなんですよね。
    ヤマサギソウの方は距が短くほぼ水平、って殆どこれだけで判断してますが(^^;)
    (色合いも微妙に違うかなと言う気がしないでない)
    この上向きのも変異の範囲内なのかな。
    2011.06.20 19:56 | URL | #VD0bvtlU [edit]
    panda says..."★平家蟹さんへ★"
    平家蟹さん、ありがとう。
    ネットには秋吉台のハシナガさんが多くて
    距はみんな下向きなんです。それに白っぽいし
    それがすごく気になってて・・・
    でも当てはまるものがなくて、ハシナガさんにしたのです。
    変異の範囲って、変異が多いから線引きは難しいのかな
    でも、ありがとう。
    やっぱり、平家蟹さんにも違和感があるってわかって良かったです。
    2011.06.20 20:52 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    とんちゃん says..."ハシナガ"
    距がすっごく長い!
    ぴんと跳ね上がって逆立ちしてる!
    この手のランは全くなにがなにやら分からなくてみんなトンボソウになっちゃう
    雨の中の草原を歩いていたんですね。
    調べてたどり着くまで投げ出さないところがpandaさんのいいところ!

    ヒメクラマゴケ きれいです~
    ヒバみたいにふくよかで緑色が目に沁みました。
    たっぷりの水分があれば生き生きしますね。
    2011.06.21 07:44 | URL | #- [edit]
    panda says..."★とんちゃんへ★"
    とんちゃん、おはようございます
    このトンボみたいな花は難しいですね・・・
    せめて、自分の近くに咲く花くらいはわかるようになりたいのだけど
    たくさんランを見たことがある人なら、これは○○だって言ってもらえるかも
    と、最後の手段に・・・笑

    シダは冬場の何にもない時期にと思っていたど
    きれいな季節、面白い季節があって
    そんな時の方がとっつきやすいかも・・・って
    地味だけど、アップしてもいい? 笑
    とんちゃん、見て下さいね <(_ _)>

    そうそう、ボダイジュ?じゃないかと思ったのです。
    自信がなかったんで書き込めませんでした (*^-^*)ゞ

    追伸 3:00pm
    苞葉というか翼があったから、ボダイジュの仲間だと思うのです。
    花のつくり(ガクと花びらの大きさ)と葉脈の走りが、タンナとは違うと思うの。
    もう一回見てみてね。シナノキかも。
    2011.06.21 09:19 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    ha-chan says...""
    こんにちは。
    雨の中も散策に出かけるpandaさん、さすが!!です。
    そのきもちよーく分かります。
    ハシナガヤマサギソウは、バレリーナみたいで、
    マイサギソウは中国雑技団みたい・・(^^ゞ
    この長ーい距の中はどうなっているのだろう?
    2011.06.21 22:25 | URL | #f4O6ifVo [edit]
    panda says..."★ha-chanへ★"
    こんばんわ、
    今日はほんの数時間晴れただけで、また雨でした。

    バレリーナと中国雑技団、ピッタリすぎてスゴイ  ^m^

    この長い距・・・ha-chan忘れてたよ
    そうそう、「名前は何か?」より楽しまなくちゃね。
    この距はどうして長くなったのか?
    どうして上を向いたのか?
    中に蜜が入ってるとしたら・・・たれてこないのか?
    こんなに長い距にストローが届く虫は何なのか?
    いくらでも疑問点が出てくるよ。
    ha-chan流の楽しみ方を忘れてた。

    でも、花を分解してブログに乗せたらヒンシュクものかな  (^_^;)ゞ
    希少種を分解するなんて!!なんてね。
    おやすみなさい。
    2011.06.22 01:05 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    おたみ says...""
    マイサギソウ
    2016.07.11 14:39 | URL | #- [edit]
    panda says..."★おたみさんへ★"
    おたみさん、はじめまして。
    おたみさんはここのはマイサギソウと思われるのですね。ありがとうございます。ヤマサギソウの変化については素人ではわかりにくく、花期が早いことや過去の記録からとりあえずハシナガヤマサギソウの名前をあげています。でも分けられないような個体もあるのかなと思ったりしています。おたみさんにマイサギソウと助言を頂いてなおそう思いました。ありがとうございました。
    2016.07.12 08:55 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1189-2cd0d449
    該当の記事は見つかりませんでした。