花の日記

 山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録

アベマキ

アベマキ

樹皮に厚いコルク層ができて、こんなふうに割れてあばた状になるから
アバタマキ→アベマキとなったとか、
樹皮を押すとふわふわ、昔はこの樹皮からコルクをとっていたそうです。

アベマキのどんぐり

これはアベマキのドングリ、ライオンのたてがみみたいにもじゃもじゃの固い殻斗。

アベマキの林を探し回って、やっと何個か見つけることができました。
やっぱり今年はドングリは不作のようです。 

クヌギとアベマキ、どっちがアベマキ?

クヌギとアベマキ

左がクヌギです。クヌギのほうがドングリが丸い。右のアベマキは楕円。でも微妙…
ドングリだけ見ていると個体差?と思えてわからなくなります。

葉

アベマキの葉っぱは丸くて、わかったつもりだったけど

クリックしてね

クヌギとアベマキ、クリの葉はよく似ています。並べてみました。
アベマキの葉裏は星状毛がはえて白っぽいので、見分けられそうです。

葉裏

枯葉になっても白くてふわふわしています。

--------------------------------------------------------------------
アベマキ
別名  コルククヌギ ワタクヌギ
分類  ブナ科 コナラ属
分布 本州(山形以南)~九州

abemakiseijyoumous.jpg 葉裏の星状毛

鋸歯 鋸歯

アベマキはドングリだけじゃなくて、葉っぱや木肌もみて判断する必要がありそうです。

冬のクヌギ林を歩いてきました。木の根っこがふくらんで面白かった。 v(^^*)
web拍手 by FC2

Comment

2010.12.18 Sat 08:26  アベマキ?

 おはようございます。
あべかわ・・あくまき・・・は知っていたけれど(笑)
 別名がコルククヌギ?へぇ~どんなコルクが採れるのだろう?
 ドングリが生る木の知識も増えて・・・凄いなぁ。

2010.12.18 Sat 16:06  KLXさんへ

こんにちは、小春日和の大掃除日和でした。
あべかわ、あくまき、大好き。
アベマキって可愛い名前なのに
アバタマキが語源だなんて、あんまりだ・・・
どんなコルクなのでしょう?
はがしてみればよかったね、今度また見かけたらはがしてみるよ 笑
薄くスライスしてもみる。
ワインの栓になるかも試してみる (^O^)/
いつか、写真を追加するからKLXさん、見てね。
私、オキナワウラジロガシを見に行きたい!
いつかこの夢をかなえるね。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit

2010.12.18 Sat 19:39  初めまして

ドングリ拾いが趣味の山口市に住んでるアベです
山口も海辺に行くとアベマキが少しだけあります
自慢のドングリは西表島で拾ってきたオキナワウラジロガシです

↓ルリミノキがあるんですね
うちの辺りにもあるかなと探索しましたが 失敗
暖かな地方に多いんですね
羨ましい~

2010.12.18 Sat 22:42  こんばんは。

先日行った公園の山にもドングリはあまり
落ちていませんでした。
今年はドングリが少なくて寂しい思いをしています。

アベマキ?マキに似ているのかと思ったらクヌギ似なのね。
森で出会ったら見わけられるかしら・・・。
葉の裏、木肌。しっかり覚えておくね。
  • #f4O6ifVo
  • ha-chan
  • URL
  • Edit

2010.12.19 Sun 00:20  こんばんは

★あべさま★
はじめまして、コメントを残してくださってありがとうございました。
アベさんのHPを訪ねたら、私何度かみさせていただいたことがあります。
「森羅万象」という四字熟語が印象的で調べたことが… (^_^;)ゞ
オキナワウラジロガシ、うらやましいです。
「いつか私も、沖縄を訪ねてみたい」

ルリミノキは4箇所ほどで見かけたのですが、
ドングリの木を観察してる時みつかりました。
アリドオシがあるようなところに一緒に。
みつかるといいですね。


★ha-chanへ★
ha-chan、こんばんは。
ほんとにドングリ少ないです。
アベマキも大きな木が何本も立っているのに
数えるほどしか落ちていませんでした。
クヌギも広いクヌギ林に数個…
イノシシが食べたのかもしれないけどね。。。

アベマキの「マキ」は「槙」だけども
意味合い的には「薪」がぴったりかもですね。
「槙」というとなんだか立派な木のイメージだけど
アベマキはどうもそんな雰囲気はないのよ
でも、コルク質の樹皮をつくって、
動物からも人間からも身を守ってるアベマキは
ある意味すごいかも。
と、ha-chanのコメントを読むとつい想像が膨らむ私です。
  • #s3xzpNyI
  • panda
  • URL
  • Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1085-b06dd495

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

最近であった花

memoφ(。・・。 )memo

リュウキュウイチゴを食べた!
美味しかった
リュウキュウイチゴとリュウキュウバライチゴを食べ比べ、どちらが美味しいか?好みは2分されそうなくらい甲乙つけがたかった・・・

コメントありがと!

TBありがと!

ブログ内検索

最近うまく拾ってくれません<(_ _)>

<< Archives >>

お気に入りの散歩道

カテゴリー

参考文献

Panda

Author:Panda
花の分類・内容については
平凡社
 日本の野生植物草本1-3
 日本の野生植物木本1-2
 日本の野生植物シダ 
 日本の帰化植物
日本帰化植物写真図鑑(全農教)
日本のシダ植物図鑑1-8
     (東大出版)
しだの図鑑(保育社)
日本のスゲ(勝山輝男)
カヤツリグサ科入門図鑑(全農教)
イネ科ハンドブック(文一総合)
日本の水草(文一総合)
日本のテンナンショウ(北隆館)
増補改訂新版日本のきのこ(山溪)
検索入門きのこ図鑑(保育社)
長崎県植物誌(中西弘樹)
長崎県植物誌(外山三郎)
長崎県シダ植物誌(松林文作)
対馬の花ⅠⅡ(邑上益朗)
九州の野の花 春夏秋
日本の野菊(山溪)
樹に咲く花1~3(山溪)

Flora of japan
その他
から引用しています

参考にしているサイト
撮れたてドットコム
大阪南部の自然シダ植物
日本のシダ植物
西宮の湿生・水生植物

「虫えい同好会」の掲示板


ブログ中の風景画像は自生地保護のため、一部修正してあります。

あしあと数

2007.12.19 統計開始

リンク


アマゾンさんから本の画像を借用させて頂いていますので、広告を載せています。

只今修行中φ(。・・。 )

まだ駆け出しの植物好きです。間違いも多々あるかと思います。その際はご指摘いただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。また、個人的なメールも下記より送信してください。

メールフォーム

画像が「not found」になる場合

拡大する画像が 「not found」や「404エラー」の場合。再読み込みしても表示されない場合
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/n/a/n/nannjyamonnjya/IMG_0084.jpgの中の-originを抜いたURLだと表示されることがあります。 ネット上には画像があるのですが…

Top