花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
外来植物
  • アレチヌスビトハギ

  • 果実

    アレチヌスビトハギの果実、こんなふうに節にくびれがある果実のことを節果というんだそうで、
    よく見てみるとくびれごとに線が入っていて、

    なんと!

    これ、ジーンズにくっついた果実を、べりっとはがすと、この線から切れるのです
    おもしろ~い (((o(^o^")o))) もしかして、一個づつ蒔いていく作戦?

    午後の花色

    アレチヌスビトハギって、午後は水色になるのですね…

    朝10時

    仕切りなおして、朝10時にまた見に行ってみました。
    この顔、アレチだ…と思っていたのですが、みかんさんのブログに
    「アレチヌスビトハギに良く似ている帰化種があと4つもあり、アレチには托葉がない」と書いてあったので
    その托葉があるかないか、葉の付け根も見てきました。

    ある!

    ある!?
    じゃあこれは何?とまた振り出しにもどって調べなおし。
    で、「アレチヌスビトハギの托葉は線形で早落する」と図鑑情報、
    この托葉、右側のように枯れてはがれ落ちるのだと思います。

    たくさん!

    そういうわけで、托葉がないのは、アレチヌスビトハギとアメリカヌスビトハギ。
    2つの違いは、節果の数が1~3個と少なければアメリカ、3~5個付いていればアレチ。
    だから、これはアレチヌスビトハギというわけです。

    ちなみに、托葉があるのは、イリノイヌスビトハギとムラサキヌスビトハギです。

    バッタ

    お天気もよかったし、しばらく散歩して帰る頃

    Hurry up !

    アレチヌスビトハギは色が変りはじめ、
    はやく受粉してくれ~!と言ってるみたいに、しべ全開でした |艸`)

    コワレタ・・・

    ------------------------------------------------------------------------------------------------
    アレチヌスビトハギ
    分類   マメ科 ヌスビトハギ属
    原産地  北アメリカ
    web拍手 by FC2

    9 Comments

    平家蟹 says...""
    アレチ以外にもアメリカがあってイリノイがあってムラサキまであるの、もうわけわかめ(^^;)
    托葉までは注目してなかったな、今度よく見てみよう、
    でもアレチではないのでは分からないかな。

    クサネムもそうだけど節毎にバラバラになるとそれだけ散布範囲が広がって勢力拡大に役立つんだろうな。
    2010.09.26 08:31 | URL | #- [edit]
    panda says..."平家蟹さんへ"
    おはようございます。
    クサネム、そうだった、忘れてました。
    果実の色が変りかけてたころは
    きれいだと思って写真に撮ったんだけど
    熟した果実は虫みたいで気持ち悪かった…
    マメ科の果実ができ始めると、もう秋も終わりですね
    楽しみだけど、まだもうちょっと…

    托葉があったとき、他のヌスビトハギの情報がなくて
    これはもう駄目だと私も思いました。
    2010.09.26 08:55 | URL | #gB7N2RBo [edit]
    とんちゃん says..."アレチヌスビトハギ"
    へえ~ そんなドラマがあるんだ!
    節にくびれがあってひとつひとつバラバラになるの?
    面白い!色変わりすることも知らなかったー
    ちゃんと落ちないでついている托葉のついたヌスビトハギがどこかにあったらいいのに・・・
    盗っ人顔のことばかり気になっていました。
    そうそう、今日ね ヤブハギのサングラスを見つけた!写真にも撮ってきたー


    2010.09.26 14:17 | URL | #- [edit]
    KLX says..."難しい・・"
     帰化種とか・・情報量が少ない上に真偽の程が・・・・ねぇ。画像検索すると情報の選択の難しさ良く判ります・・・。
    写真と名前が一致しないのなんて普通だし・・・気をつけなくちゃ。
     pandaさんは出典も出来るだけ記してあるし信用度抜群!
    頼りにしてます。
    2010.09.26 19:03 | URL | #H6hNXAII [edit]
    panda says..."こんばんは"
    ★とんちゃんへ★
    とんちゃん、こんばんは。
    アレチヌスビトハギはとんちゃんの近くにありますか?
    長崎はまだはびこってる感じじゃありません。
    だから、かわいいなぁって見ています・
    秋はどうしてくっつき虫が多いのかなぁ
    この日は、ヌスビトハギだけじゃなくて
    いろんな種がズボンについていました。
    ヤブハギのサングラスは何色でしたか?
    赤い縁取りのめがねだったり、真っ赤なサングラスだったり
    ヤブハギのめがねはいろいろあって面白いです。
    楽しみにしてますね、その前にお出かけですか?
    楽しんできてくださいね。

    ★KLXさんへ★
    ほめてくださってありがとう~♪
    でもね、思い込みがあって気がつかなかったり
    ある日、突然間違いに気がついて訂正したり…
    頼りにならないよ。。。
    それでね、皆さんが見てくれて、間違ってるかもと言ってくれるの待ってるんだ。
    KLXさん、よろしくです <(_ _)>

    このバッタを正面から写したくて回り込むんだけど、
    私を意識して茎の周りをグルグル回っているの
    茎1本で、何ができる!こっち見て!ってお願いしたけど、
    やっぱKLXさんやあすちーさんでないと虫は上手く撮れないみたい。
    2010.09.26 21:54 | URL | #gB7N2RBo [edit]
    ha-chan says...""
    こんばんは。
    うっひゃ~、仲間って多いほうが楽しいけれど
    アメリカ、イリノイ、えっとムラサキ・・・見わけるのが大変そう。
    アレチヌスビトハギは北米産、アメリカもイリノイも一緒じゃダメ?
    って心が萎えてしまいそうになるけれど、やっぱり
    違いがあって名前があるならちゃんと分けて覚えなきゃって思います。
    節果の節ごとに切れ目が出来る時期、種子が熟す時期、節果の棘が完成する時期は
    同じなんだとか。
    種を効率よくばら撒く仕組みになっているみたいです。
    2010.09.26 22:04 | URL | #f4O6ifVo [edit]
    panda says..."ha-chanへ"
    ha-chan、おはようございます。
    外来のアレチヌスビトハギの情報が少なくて
    他のは見分けるの難しそうなんです。
    でも、もしかしたら一目見て花の色が白い!とか
    大きすぎる!とか違うのかもしれない。
    花の色、大きさ要注意ってところかな?わかりません。
    会えたらドキドキするかも  (^_^;)ゞ

    >節果の節ごとに切れ目が出来る時期、種子が熟す時期、節果の棘が完成する時期
    同じなの?おもしろそう、気にかけてみるね。
    そういえば、クサネムもみんな一緒に色づいていました。
    2010.09.27 07:04 | URL | #gB7N2RBo [edit]
    ブリ says...""
    pandaさん、おはようございます。
    昨日の朝、わたしもバッタと同じことをしていました。
    草ではなかったのですが、棒に止まっていたのを
    左から右から撮ろうとするのですが、
    なぜわかるのか、影かな?
    いいもんねぇといって帰ってきました。←負けてる・・

    アレチノさん、夕方に色がかわるのですか。
    ほんとだ変わっていってる。
    すごい!
    その後、どうなるのだろう。
    次の日の朝はまた色が戻るの?
    朝露にまみれた水色の子を撮ったことがあります。
    あの子は色残り?
    自分で調べろ!って怒られそう。すみません。
    2010.09.27 07:34 | URL | #- [edit]
    panda says..."ブリさんへ"
    ブリさん、こんにちは
    バッタに負けましたか?  ^m^
    バッタごときに、おちょくられてしまった私達
    似たもの同士でしょうか?
    でも、おもしろいですよね
    バッタにブリさんはどんなふうに見えるのかしら?
    背後にならないように、体をずらしていくの本能?

    アレチの花は一日花で水色になってしぼんでいくみたいです。
    水色のアレチヌスビトハギもまたきれいですよね
    ちょっと透き通った感じで…

    長崎は雨です、でも明るくなり始めました。
    2010.09.27 13:33 | URL | #gB7N2RBo [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1033-6b1959ac
    該当の記事は見つかりませんでした。