花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
外来植物
  • エゴマ

  • エゴマ

    レモンエゴマとエゴマの違いがずっとわからなくて、この季節になると
     「これはなに?」
     「聞かないで」と 問答をくり返してきたのですが、やっとわかったみたいです。

    エゴマはシソ(青紫蘇)と同種の変種で、アオジソを大きく荒々しくした感じ。
    食用または油を採るために栽培されていたのが野生化しているそうです。
    レモンエゴマのように香りはよくありません。

    花

    花穂はシソ属の中では太くて短く、がっしりとしています。

    花穂

    そして、若い花穂はイノコヅチのようなイメージで、苞は緑色であまり毛がありません。
    レモンの香りのしない葉っぱのときは、白い苞ならレモンエゴマ。緑ならエゴマ。

    日当たり

    日当たりのいいところに咲いていました。
    シカが食べないので、このエゴマも2メートル以上に伸びて大繁盛…

    花のアップ

    花は白っぽくて、しべは花冠からでていません。

    図鑑ではわかりにくかったシソ属ですが、下の参考文献を読んで、
    実物と比べてみてやっとわかったみたいです。さん、ありがとう!

    ---------------------------------------------------------------------------------------
    エゴマ
    分類  シソ科 シソ属
    原産地 東南アジア

    茎 茎には長軟毛が疎生または密生

    egomahoo.jpg 苞の毛はあまり目立たない。果時にも残っている。

    egoma6.jpg 葉

    アオジソを写真にとって比べるとよく似ています。貧弱なエゴマとアオジソの区別はむずかしいかも。
    でも、アオジソの葉っぱはいい香り… クンクン ( ̄ ^_ ̄*).


    2012/10/31
    栽培のエゴマ  畑で栽培されていたエゴマの果実です。



    参考文献:KURENAI : Kyoto University Research Information Repository
    web拍手 by FC2

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/1030-af49c4c3
    該当の記事は見つかりませんでした。