花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • ヒロハイヌワラビ

  • クリックすると大きくなります。

    ヒロハイヌワラビは普通種なのですが、お目にかかることがありませんでした。
    どうやら長崎の場合、涼しいところにあるようです。ここは雲仙山系・・・キノコのめっか ^m^

    最下羽片

    最下部の外側第一羽片はやや小さくなっています。
    小羽片の基部は広いくさび形で耳垂は小さく、無柄か大きいものには短い柄がありました。

    web拍手 by FC2
    海辺の植物
  • 沿海地のヤブマオの仲間

  • クリックすると大きくなります。

    海岸でよく見かけるのヤブマオの仲間・・・
    カタバヤブマオと言われるタイプではないかと教えていただきました。
    カタバヤブマオはヤブマオの海岸型、神奈川県植物誌 では ラセイタソウ×メヤブマオ
    マルバヤブマオのシノニム・・・などと、あまりはっきり解りません。

    葉の特徴はヤブマオより大きく、葉質は厚くて硬く光沢があり、成熟した葉の先は大きく3裂します。
    葉裏の脈上には短毛が多くありました。
    花は雌雄同株で、上部に雌花序、下部に雄花序をつけています。

    花序

    7月22日、花序を確認。

    web拍手 by FC2
    該当の記事は見つかりませんでした。