花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…どんぐり
  • カシワ

  • カシワ

    カシワの木には、樹木を守護する神「葉もりの神」が宿るといわれています。
     それで、冬になっても枯れ葉を落とさず、こんないでたちに・・・
       風に吹かれてカサコソ、カサコソ 葉っぱのささやきが聞こえてきそう・・・
          枯れ葉は、春に新芽が育つまで枝に留まっています。
      厳しい冬を枯れ葉をまとって、あたたかく子どもを護っているカシワ・・・ なのですね^m^

    カシワのことを調べているうちに、清少納言「枕草子」にたどりつき
       柏木、いとをかし。葉守の神のいますらんもかしこし枯れ葉
    「カシワはとても趣がある、葉守の神がいらしゃるというのもおそれ多い」という意味なのかな、うまく訳せませんが・・・

    カシワ

    カシワのどんぐりです。どんぐりもまた、大切に守られてる感じがします。
    いつか、カシワの林を歩いてみたい。きっと大きな葉っぱのをかしの森じゃないかと・・・思うのです。

    web拍手 by FC2
    該当の記事は見つかりませんでした。