花の日記

Category : 山歩き

どしゃぶりの中で・・・

レイシ

大雨洪水警報真っ只中の鹿児島へ向かった私たちですが
予定外の面白いものに出会いました。その一つレイシ
果皮が茶色になった冷凍ものしか知らないので、何の果実だろうと

割ってみる

落ちた果実を割ってみると、ライチだ!
はじめはちょっと酸っぱいかな?と思ったのですが、甘くてジューシー
初めて生のライチを食べました。

web拍手 by FC2

平戸界隈

草もみじ

久しぶりの花友さん達と、ちょっと遅れて合流しました。
毎年恒例の草紅葉の草原あるき

オトメラッキョウ

この日一番盛り上がった乙女ちゃんです。
毎年のように登って、やっと純白のオトメラッキョウに出会いました。

web拍手 by FC2

秋の色

ヒメシオン

昨日は朝4時出発の弾丸登山、
九州の真ん中は、秋も深まり植物たちは冬支度を始めていました。
私の好きなヒメシオン

綿毛

綿毛が輝いていました。

web拍手 by FC2

宝の山

オタカラコウ

よく出会うのに、まだアップしたことのないオタカラコウ
沢の中に咲いていたので近寄れないのですが、かなり立派な大株です。

1.2.3.・・・・8枚?

頭花あたりの舌状花数は・・・5-9個

web拍手 by FC2

平成新山

登山記念日

ずっと雨が続いていたのですが、やっと晴れそうということで山に登ってきました。
1回目は、pandaさんには無理と途中で置いてけぼり
2回目は、希望者多数で落選
3回目、やっと調査に同行させてもらいました。ありがとうございます<(_ _)>
ここから出発です。

キリシマヘビノネゴザ

みっちゃん先生に教えていただいたキリシマヘビノネゴザがあちこちに顔を出しています。

web拍手 by FC2

ワタナベ通り

何の葉っぱ?

私が名づけた「ワタナベ通り」、林道沿いにワタナベソウが続きます。
でもこの葉のカタチ・・・キク科のモミジ○○や○○カサに似ていると思うのは私だけ?

ワタナベソウ

ワタナベソウはユキノシタ科ヤワタソウ属

全体

葉の大きさに比べると、なんて小さい花なんでしょう ^m^ でもとってもきれい!

web拍手 by FC2

バイケイソウの山

ナニコレ?

「今ならバイケイソウがきれいかも…」と、楽しみに登ったのですが
花も咲いていないし、葉も枯れかけている。ナニコレ?
バイケイソウは数年ごとに一斉開花すると聞いたこともあるので、今年は裏年?

クリックすると大きくなります。
 (クリックすると大きくなります。)


ガックリしてずんずん登って行くと、鹿よけネットの中には花がいっぱい咲いています。
毒があるから食べないはずのバイケイソウも、花の毒は少ないのかしら?

web拍手 by FC2

カタクリ山

カタクリの花

カタクリの花に会うのは3度目です。以前の山はロープを張るなど保護してあったのですが
ここの山では自然のままです。この山に登るのは今年3回目
何度登っても楽しい山

コミヤマカタバミ

登山道沿いにはコミヤマカタバミがたくさん!
この花も好きなんです。

web拍手 by FC2

なごり雪

晴れ

下界は晴れているのに、山は白くなっています

霧氷

標高が高くなると、あたりは真っ白



web拍手 by FC2

平戸七種(ななくさ)

1_201311051429223a7.jpg

今年は私、雨女かもしれない。行く先々雨が降っている。
だけど雨の日には雨の日の楽しさもある。霧の中から現れる風景・・・

イトラッキョウ

水滴がいっぱいついた花
雫の中に映っている・・・花のカタチ
メカルガヤの中でかくれんぼしている小さな花を見てくださいね。

web拍手 by FC2

ホトトギス三昧

登山道に・・・

みんなが歩く登山道にでてきても、誘拐されることなく
小さい株は、たった一つの花を可愛らしく咲かせて

キバナノホトトギス

大きな株は立ち上がって、いくつかの花を咲かせて
あちこちから顔を出して楽しませてくれたキバナノホトトギス。
黄色いホトトギスって可愛いなぁ・・・

web拍手 by FC2

秋の花に会いに

八丁谷から

花友さんが多良に登るというので、駆けつけました (^O^)/
いつもの谷から、まじめ?に歩きます。

カラスノゴマ

最初に迎えてくれたのは、カラスノゴマ畑
花のつくりが面白いカラスノゴマの花をアップにしてみると

web拍手 by FC2

ラピュタの道

ラピュタの道

すばらしいお天気にじっとしていられず、花友さんとラピュタの道を歩いてきました。
阿蘇の外輪山からカルデラを見下ろす風景はいつも感動していたけれど
最近ウワサのラピュタの道、いまから紹介しますね  ^m^

クリックすると大きくなります

一枚の写真では表せないので、パノラマに合成してみました。
クリックしてください。

web拍手 by FC2

大村湾沿岸の生物

観察会

午前中は座学、午後は炎天下の中・・・海辺の観察です 
大村湾の河口に広がる湿地・・・じゃなくて塩湿地では、馴染みの植物が元気でした。
それに、メダカがたくさんいたのにはビックリ!

ハマボウ

カヤツリグサ科植物?(忘れた)の奥には、ハマボウの群落があります。
ちょうどきれいな頃でしたが、いつも見るハマボウと比べると花が小ぶり。
外海のものと内海のものを比べると、1cm内海の花が小さいそうです。
たった1cmと思うかもしれませんが、見た目は全然違います。

web拍手 by FC2

夏の自然観察会(第9回)

観察会

毎年、夏の自然観察会は植物の標本作りをすることになっています。
ところが、シカの食害で標本にできる植物が年々少なくなって・・・
昆虫の森はこんな状況です。

柵の中は・・・

柵の中は別世界・・・ほんとなら、クヌギ林の下にはたくさんの植物がはえているはずなのに…

web拍手 by FC2

最近であった花

memoφ(。・・。 )memo

春のムクノキ 雄花
ムクノキの雄花を確認・・・

コメントありがと!

TBありがと!

ブログ内検索

最近うまく拾ってくれません<(_ _)>

<< Archives >>

お気に入りの散歩道

カテゴリー

参考文献

Panda

Author:Panda
花の分類・内容については
平凡社
 日本の野生植物草本1-3
 日本の野生植物木本1-2
 日本の野生植物シダ 
 日本の帰化植物
日本帰化植物写真図鑑(全農教)
日本のシダ植物図鑑1-8
     (東大出版)
しだの図鑑(保育社)
日本のスゲ(勝山輝男)
カヤツリグサ科入門図鑑(全農教)
イネ科ハンドブック(文一総合)
日本の水草(文一総合)
日本のテンナンショウ(北隆館)
増補改訂新版日本のきのこ(山溪)
検索入門きのこ図鑑(保育社)
長崎県植物誌(中西弘樹)
長崎県植物誌(外山三郎)
長崎県シダ植物誌(松林文作)
対馬の花ⅠⅡ(邑上益朗)
九州の野の花 春夏秋
日本の野菊(山溪)
樹に咲く花1~3(山溪)

Flora of japan
その他
から引用しています

参考にしているサイト
撮れたてドットコム
大阪南部の自然シダ植物
日本のシダ植物
西宮の湿生・水生植物

「虫えい同好会」の掲示板


ブログ中の風景画像は自生地保護のため、一部修正してあります。

あしあと数

2007.12.19 統計開始

リンク


アマゾンさんから本の画像を借用させて頂いていますので、広告を載せています。

只今修行中φ(。・・。 )

まだ駆け出しの植物好きです。間違いも多々あるかと思います。その際はご指摘いただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。また、個人的なメールも下記より送信してください。

メールフォーム

画像が「not found」になる場合

拡大する画像が 「not found」や「404エラー」の場合。再読み込みしても表示されない場合
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/n/a/n/nannjyamonnjya/IMG_0084.jpgの中の-originを抜いたURLだと表示されることがあります。 ネット上には画像があるのですが…

Top