花の日記

Category : …スミレ

アリアケヒメスミレ

アリアケヒメ

雨が続いて散策に出かけられないので、ストックの中からアリアケヒメスミレを。
今年はスミレの好きな花友さんと歩いたので、かなりのお初スミレをアップしました。
その中で、私にもわかったアリアケヒメスミレ

花の色

写真ではヒメスミレに似ていますが、
葉がたちあがり、ヒメスミレより花が大きく、白っぽいのでわかります。

web拍手 by FC2

リュウキュウシロスミレ(鹿児島)

クリックすると大きくなります。

沖縄で見たリュウキュウシロスミレですが、九州にもあるということで案内していただきました。

どんな顔?

ここのは、わりと似たような顔つきです ^m^

web拍手 by FC2

ニホンカイタチツボスミレ(仮称)

小さなタチツボスミレ

前回の長崎のコタチツボスミレとは違うなと思ったので
思い切ってアップしてみます、これはニホンカイタチツボスミレ(仮称)なのでしょうか?
葉の形は三角形で基部は切形~やや心形に見えます。葉先もあまり尖っていません。

大きさ

葉脈は・・・こんな感じをはっきりしないと呼んでいいのかわかりません。
節間は短く、茎が立ち上がらず地面をはっていました。托葉は櫛の歯状。

web拍手 by FC2

コタチツボスミレ

クリックすると大きくなります。

コタチツボスミレってどんなスミレだろうと、今まで分からなかったのですが
「コタチツボスミレは,長崎でシーボルト一行が採集したものに与えられた分類群だが,九州北部から主に本州の日本海側を東北地方まで分布するサンインタチツボスミレ(仮称)を分けて考えると,小型であることのほかはタチツボスミレと区別する決定的な要素がない。
http://www.plantsindex.com/plantsindex/demo_html/demo_db/result36500.htm
ということから、これでいいんだと思いました。

コタチツボスミレ

花は普通のタチツボスミレと大きさや距の形など同じです。

花距

web拍手 by FC2

タナオスミレ

タナオスミレ

キスミレ、ヒゴスミレ、アケボノ、フモト、スミレ、アカネ、ニョイと咲き乱れる阿蘇の野原・・・
この春はスミレを見ながら、2度歩きました。
自然は時折厳しい試練を与えるけれど、またこの阿蘇を歩ける日を楽しみに待っています。

この葉何?

何?この葉っぱ・・・いっぱいあるよと
片親はヒゴスミレ、スミレに詳しくないのでもう片方がわからなくて・・・

web拍手 by FC2

ヒカゲスミレ

葉

ヒカゲスミレは初めてのスミレです。
その名の通り林下のやや湿った日陰にはえ、時には一面に群生していました。
この写真は3月26日、今年はまだ咲いていなくて
4月10日に再度たずねると、ほとんど終わっていました。

ヒカゲスミレ

やっと見つけた花・・・

web拍手 by FC2

鹿児島のツクシスミレ

ツクシスミレ

鹿児島のツクシスミレを見てきました。
以前から長崎のツクシスミレには側弁に毛があるのが気になっていたのです。

側弁に毛がない

見た目はよく似ていますが、
鹿児島のツクシスミレ、側弁がすっきりさわやか! ^m^

web拍手 by FC2

ナンザンスミレ

ナンザンスミレ

対馬に自生地のあるナンザンスミレですが
長崎県といえど、対馬は遠くて沖縄に行くくらい費用がかかります。
それで、これは植栽なのを花友さんに見せてもらいました。

葉

花時、葉の形がエイザンより幅広く、3出して側片がわかれて5角形です。

web拍手 by FC2

ホコバスミレ

ホコバスミレ

スミレの好きな花友さん達と、阿蘇の草原を歩きました。
見つかりましたよ!今年お初のスミレ、ホコバスミレです。

葉

「スミレ」の変種で、全体に細長いのが特徴で、比較的標高の高い地域に生え、
「スミレ」のように群生はしないそうです、葉は細く鉾形になります。

web拍手 by FC2

アギスミレ

アギスミレ

今年はまだ一つもスミレをアップしていないことに気がつきました。
なにせカヤツリさんやスゲばっかり追っかけていたものだから・・・  r(^^;
でも、湿地でこれがアレかもしれないというスミレに出会いました。

こんななってる~♪

そばに誰かいたら
ほらほら、見てみて、これニョイじゃないよね!って言ってたかも。
それをbbsでつぶやいたら、花後の葉を確認してと教えてもらったので・・・

web拍手 by FC2

沖縄のスミレ

リュウキュウシロスミレ

長崎もスミレが、ポツリポツリと咲き始めました。
お初のスミレに出会うことは少なくなったけれど、今日は沖縄のスミレを3つ。
最初はリュウキュウシロスミレ、アリアケスミレによく似ています。

花の中

側弁に毛あり、かまきりの頭
リュウキュウコスミレに比べると数が少なく、探して回りました。

web拍手 by FC2

エイザンスミレその1

長崎のエイザンスミレ

この谷にはアカバナスミレがあると聞きましたが…どんなスミレなのか二度目の挑戦です。
でも…難しいです。
花の色はピンク~赤い色まであるのですが、今回は葉に注目してみました。
↑うえの画像はクリックすると大きくなります。
もう、果実期の葉になりつつあります。

こんなの

葉は3出ばかりです。でも広げると5角形になるものはめずらしくありません。

web拍手 by FC2

スミレ

スミレ

畑の縁に咲いていた、美人のスミレさん。

ゲキ痩せ

これは、痩せてるわけじゃないけれど、草の間からこっちを見てる。
こんな顔でも撮ってくれる?と言ってるみたい ^m^


web拍手 by FC2

スズキスミレ

スズキスミレ

ヒゴスミレとスミレが混在してたくさん咲いていたので、これはあるな…と
歩きながら目を皿のようにして、見つけました。
写真で見ると、スミレと変わらないように見えるのですが

切れ込んでます

葉が切れ込んでいます。ヒゴスミレとスミレの雑種スズキスミレのようです。

web拍手 by FC2

謎のヒゴスミレ

ヒゴスミレ?

「ナンザンスミレとヒラツカスミレがどう違うのかは難問」と聞いた通り、
ヒゴスミレの迷宮にはまり込んでしまいました。こんなにきれいなピンクは初めてです。

葉

葉はヒゴスミレ的

web拍手 by FC2

最近であった花

memoφ(。・・。 )memo

長崎県の絶滅危惧種展 クリックすると大きくなります。
ボタニカルアート展は2月28日まで
絶滅危惧種展、写真展は3月31日まで延長になりました。

コメントありがと!

TBありがと!

ブログ内検索

最近うまく拾ってくれません<(_ _)>

<< Archives >>

お気に入りの散歩道

カテゴリー

参考文献

Panda

Author:Panda
花の分類・内容については
平凡社
 日本の野生植物草本1-3
 日本の野生植物木本1-2
 日本の野生植物シダ 
 日本の帰化植物
日本帰化植物写真図鑑(全農教)
日本のシダ植物図鑑1-8
     (東大出版)
しだの図鑑(保育社)
日本のスゲ(勝山輝男)
カヤツリグサ科入門図鑑(全農教)
イネ科ハンドブック(文一総合)
日本の水草(文一総合)
日本のテンナンショウ(北隆館)
増補改訂新版日本のきのこ(山溪)
検索入門きのこ図鑑(保育社)
長崎県植物誌(中西弘樹)
長崎県植物誌(外山三郎)
長崎県シダ植物誌(松林文作)
対馬の花ⅠⅡ(邑上益朗)
九州の野の花 春夏秋
日本の野菊(山溪)
樹に咲く花1~3(山溪)

Flora of japan
その他
から引用しています

参考にしているサイト
撮れたてドットコム
大阪南部の自然シダ植物
日本のシダ植物
西宮の湿生・水生植物

「虫えい同好会」の掲示板


ブログ中の風景画像は自生地保護のため、一部修正してあります。

あしあと数

2007.12.19 統計開始

リンク


アマゾンさんから本の画像を借用させて頂いていますので、広告を載せています。

只今修行中φ(。・・。 )

まだ駆け出しの植物好きです。間違いも多々あるかと思います。その際はご指摘いただけると幸いです。どうぞよろしくお願い致します。また、個人的なメールも下記より送信してください。

メールフォーム

画像が「not found」になる場合

拡大する画像が 「not found」や「404エラー」の場合。再読み込みしても表示されない場合
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/n/a/n/nannjyamonnjya/IMG_0084.jpgの中の-originを抜いたURLだと表示されることがあります。 ネット上には画像があるのですが…

Top