花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • ミヤマイタチシダ

  • ミヤマイタチシダ

    ミヤマイタチシダ、長崎ではみかけないので、見てみたかったシダです。
    ざっと、「ナガバノイタチシダに似ていて、葉表に光沢があるもの」ということで仕訳けると
    案外あっさりと、それもあちこちで見かけました。
    葉身は卵状楕円形~広卵形、中ほどの小羽片は下先についています。

    最下羽片

    最下羽片

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • セイタカイワヒメワラビ

  • セイタカイワヒメワラビ

    セイタカヒメワラビは屋久島で確認したいシダの一つでした。
    それが屋久島第一日目から出現!「車止めて~!」と何回叫んだことか・・・

    ソーラス

    葉片がかぶさったソーラス!これかも!と花友さんとワクワク

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ヨウラクヒバ

  • ヨウラクヒバ

    一度は見たかったヨウラクヒバ
    高い樹幹に着生しているので、300mmの望遠で撮っています。
    枝は何度か二股分岐して、細い胞子嚢穂をつけていました。

    胞子嚢穂

    これが限界
    もっと近くでみたいなぁ・・・

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ヒメホウビシダ

  • ヒメホウビシダ

    湿った岩肌に、新葉が白緑色に輝いてきれいでした。

    ソーラス

    ソーラスをみると、メシダ属。イヌワラビの仲間かな?と見当をつけていたら
    昨日アップしたイワイヌワラビの検索表のすぐ上に、ヒメホウビシダがありました。
    これかもしれない、分布は屋久島です。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • イワイヌワラビ

  • クリックすると大きくなります 

    名前がわかったので、まとめなおしてみます。
    屋久島で見た不明シダです、気になって仕方なかったので2年前アップしました。
    検索表をたどるとヘビノネゴザにたどり着くのですが、いつも見るヘビノネゴザと違います。
    写真の中にまだ成長途中のものも写っているので、大きな画像も入れています。
    (クリックすると大きな写真になります。)

    fumei2.jpg

    標高800m、林縁の岩の裂け目から出ています。
    根茎は短く、葉を叢生。
    葉身は単羽状複生で、葉柄は短く赤みを帯びています。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ヤンバルタマシダ

  • ヤンバルタマシダ

    ヤンバルタマシダ、お初のシダと分かっていたのに
    「こっちこっち」と呼ばれる声に、後回しにしたら・・・
    帰り道に撮るのを忘れて・・・

    そーラス

    ソーラスの写真と2枚しか撮っていませんでした (°_°)
    でも、この2枚でヤンバルタマシダと分かるので、いいか・・・

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ホソバナライシダ

  • ホソバナライシダ

    木のうろにシダ、いい眺め!あなたはだあれ?と

    ホソバナライシダ

    引っ張ってみた・・・これは長崎では見かけないタイプ・・・わかるかなぁ
    葉身は5角形状、4回羽状中裂~全裂

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • イワシロイノデ

  • イワシロイノデ

    花友さんから「サカゲかイワシロか・・・どっちと思う?」と聞かれて
    どっちも見たことないのだけど、
    中軸の鱗片が圧着していないからサカゲじゃなさそうです。

    葉柄

    長崎のツヤナシイノデに似てるけど、葉に少し光沢があるような・・・
    ということで、鱗片をよく見てみることにしました。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • サカゲイノデ

  • 全体

    サカゲイノデも見てみたいシダの一つでした。
    どこからが逆毛なのか?それが見たかった (^^ゞ

    サカゲイノデ

    ぱっと見た目は、ツヤナシイノデのでっかいの。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • コタニワタリ

  • コタニワタリ

    コタニワタリは、九州ではなかなか出会うことができません。
    今回は花友さんの裏山、うらやましい…(^^ゞ

    基部

    ここのは葉身25㎝くらいでしたが、
    図鑑には12-50㎝とあるので、「コ」といってもけっこう大きいのがあるんですね。
    基部は、両側に耳片をつくり心形、
    葉脈は叉状に分岐して平行に並び遊離。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • オオサンショウモ

  • オオサンショウモ

    いつも歩く池の中に、サンショウモらしい葉をみつけました。
    以前植物園で見ていたオオサンショウモと比べると小さくて可愛いので

    オオサンショウモ

    在来種だったらいいなぁ、と期待を込めてマクロ撮影
    結果は↓

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • イヌスギナ

  • イヌスギナ

    これ、イヌスギナじゃない?と撮ってきました。

    袴の位置

    ミモチスギナとの違いは、「枝の第2袴の位置は主茎の袴の位置より低い」
    ということなので、イヌスギナでよさそうです。
    葉鞘は緑色、歯片は古くなると黒くなり辺縁には白膜があります。
    茎表面の隆条は6条くらいありそうです。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • カラクサシダ

  • カラクサシダ

    苔むした岩がゴロゴロしている。
    こんなところにカラクサシダがあるのかもと、目を皿のようにして探してみました。
    倒木の樹幹に・・・これかも!

    葉表

    葉は2回羽状に分岐、両面に粗毛がはえていました。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ツクシヤブソテツ

  • ツクシかな?

    フォルダの中からツクシヤブソテツかもと思うもの
    雨の日だったので、葉の照りや色は実物より明るいかもしれません。
    丸いほうの葉を見て、ヒロハヤブソテツに似てるなと思いました。
    でも、基部が丸くないので・・・もしかしたらツクシかもと思ったわけです。

    細いタイプ

    まず羽片が細いタイプから
    これは同じ株のものなのかよく見ていませんでした。
    ツクシの変異の範囲なのかな?

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • オオアマクサシダ

  • オオアマクサシダ

    (クリックすると大きくなります。)
    アマクサシダでもオオバノアマクサシダでもない、オオアマクサシダ。
    アマクサシダとは裂片の幅が広いので、実物を見ると違いはすぐわかります。
    オオバノアマクサシダとは似ているけれど・・・分布でわけられそうです。

    オオアマクサシダ

    九州人としては、パッと見てオオバノアマクサシダと言いそう (^^ゞ

    web拍手 by FC2
    このカテゴリーに該当する記事はありません。