花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
野の花山の花
  • ヤクシマスミレ

  • ヤクシマスミレ

    今回の屋久島はヤクシマスミレの時期にあわせて行きました。
    前回とは1週間ほどしかずれていませんが、その一週間で花の咲く時期はずれ
    新しい発見も多かったです。
    かわいい葉のヤクシマスミレ、pandaの背丈は2.3㎝、ちゃんぽんの器が8mmです。

    花

    小さな葉は地面にぴったりと這っています。それにしては大きめの花
    側弁に毛あり、かまきりの柱頭

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • 小さくなった花

  • ヒメコナスビとコナスビ

    屋久島には小型化した、屋久島の固有種が多い。
    ヒメコナスビもその一つなのですが・・・
    同じ場所にコナスビも咲いていたので比べてみると
    小型化したもののほうが、葉の色が濃く長さ3~8mmくらい

    ヒメ

    花の大きさは1㎝くらいなので、葉に対しては大きめ

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ヤクシマナミキ

  • ヤクシマナミキ

    安房林道の標高1300m付近で見たタツナミソウの仲間です。
    矢原先生にヤクシマナミキと教えていただきました。別名ヒメアカボシタツナミ
    アカボシタツナミの小型化したものです。
    小さな葉がびっしりと岩にはりついています。

    ヤクシマナミキ

    (拡大してみると、大きな葉は鋸歯が鋭いのでヤクシマナミキの葉ではないことがわかりますか?)
    ヤクシマナミキの茎は基部が地をはい、先は立ち上がります。

    web拍手 by FC2
    …イネ科イグサ科
  • タイワンカモノハシ

  • タイワンカモノハシ

    「私カモノハシが見たいの!」「え?タイワンカモノハシっていうもあるの?」と
    お互い住んでいるところが違うと、カモノハシ情報の交換ができる。
    今回はタイワンで、私の獲物でした。

    拡大

    カモノハシとは変種関係のタイワンカモノハシ
    暖地にはえて、第一頴が幅広く、第4頴に長いノギがある。
    これだけしか情報がない。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ホウライツユクサ

  • ホウライツユクサ

    屋久島にわたった次の日、梅雨入り宣言がありました。
    それでも降ったりやんだりで、外に出られないほどひどい時間はなく
    小雨の時は海岸散策にあてて、明るくなったら山に入るというかんじ

    花

    ウスイロツユクサとかケツユクサかしらと思いつつ・・・
    なんとなく違うかもと期待して・・・(^^ゞ

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • アマミイナモリ ヒメタムラソウ

  • アマミイナモリ

    沖縄で見た渓流植物をふたつ、かわいいです。まずアマミイナモリ、
    サツマイナモリの変種となっていましたが、今は違うようです。

    小さい

    小指とくらべた写真。
    渓流でも生き残ることができるように小さくなってるのかな?

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • 沖縄のランいろいろ 2

  • ツツザキヤツシロラン

    ツツザキヤツシロラン、この仲間は見つけるのが大変です。
    そのうえ、最近分類が進んで図鑑が役に立ちません。
    私のようにランに疎いと、開花期の花茎が長いので
    ムヨウランっぽく見えるのですが

    花

    花を拡大してみると、ヤツシロランを上品にした感じ

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • 沖縄のランいろいろ 1

  • レンギョウエビネ

    レンギョウの花色のレンギョウエビネ

    花

    苞は早落性、花弁、ガク片が同じ長さ

    花

    花は開ききらないのかな?他のエビネに比べると地味です。
    うつむいて咲く様子が別名スズフリエビネというのがわかります。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • サルトリイバラ科のあれこれ

  • ササバサンキライ

    サルトリイバラの仲間・・・花や果実などそろわないのですが
    忘れないようにまとめてみます。出会ったときに完成することを目標 (^^ゞ
    これはササバサンキライ、果実は黒熟

    笹葉?

    図鑑によると、葉は線状披針形~卵状で厚いのだけど
    ササのような葉を撮り忘れてしまいました。
    葉脈に特徴がありますね。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ヤナギニガナ

  • ヤナギニガナ

    本来は日当たりのよい河岸などに生えるようですが
    公園の芝生の中にはえていました。
    草刈りされるので背丈は10~15㎝くらいと低かった。

    yanaginigana2.jpg

    頭花は多数ついて

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ヒメトケンラン

  • ヒメトケンラン

    沖縄シリーズ、まだまだあります。
    ヒメトケンラン

    花

    小さくて優しい感じの花は、ヒメと冠がつくのがわかる。
    でもトケンランとはあまり似ていない・・・
    調べてみると、属が違っていました。
    トケンランはサイハイラン属、ヒメトケンランはヒメトケンラン属。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ハマダイコン

  • サラダ

    摘み菜のお料理の中で、サラダというのがあるけど
    ほんとに美味しく食べられるのか?いつも疑問に思っていたので試してみました。
    クリックすると拡大します。
    ハマダイコン花とさや、ニシノオオタネツケバナ葉と花、ナノハナ花、スミレ葉と花、ミツバ、ウシハコべ・コハコベの葉と花、茎、カラスノエンドウ若い葉と花が入っています。
    ウシハコベは柔らかく癖がないのでメインの葉にしました。好きなドレッシングで・・・

    感想!美味しく食べられる!!
    ナノハナもスミレも、花だからという違和感はなく
    中でも群を抜いて美味しかったのは

    ハマダイコンのさや

    ハマダイコンのさや、これは是非食べてもらいたい。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ムラサキハンゲ

  • カラスビシャクの紫色

    カラスビシャクの苞の内側が暗紫色になる品種、ムラサキハンゲです。
    区別する必要もないかな?と思ったのですが、沖縄で見た記念に。

    仏炎苞

    仏炎苞が紫色
    それにしても「半夏」の花が2-3月に咲くなんて、沖縄ですね。



    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ナンゴクネジバナ

  • ナンゴクネジバナ

    ナンゴクネジバナも見たかった花のひとつです。

    比較

    長崎で立派なネジバナを見るとナンゴクかも!と思ってみるのですが、
    この通り、花序に毛がいっぱいはえています。
    沖縄で見たナンゴクネジバナは、ネジバナと大きさは変わりませんでした。

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • リュウキュウヒキノカサ

  • リュウキュウヒキノカサ

    湿った草地で「リュウキュウヒキノカサ」と教えてもらいました。
    カエルが住むような湿ったところにはえるから、ヒキノカサだそうで

    花

    刈られた後にはえたキツネノボタンに似てる!と、内心違いがわからない。
    家に帰って、図鑑の検索表とにらめっこしてみました。
    キツネノボタン類は3出複葉、これは掌状に浅~深裂・・・

    web拍手 by FC2
    このカテゴリーに該当する記事はありません。