花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
…カヤツリグサ科
  • フサスゲ

  • フサスゲ

    まだ違いの見えないスゲですが、これもオオクグを確認に行って間違えたわけで
    全然似てないのに、同じところにはえてたから間違えるという・・・依然初心者 ^m^
    フサスゲです。

    花序

    沿海の草地にはえていました。

    頂小穂

    頂小穂は雌雄性(基部に雄花がつく)、ときに雄性
    側小穂は雌性、または基部に短い雄花部がある。

    果胞

    果胞は長さ7mmくらい、先は長い嘴になり細脈がある。
    図鑑では無毛とあるけれど、ここまで拡大すると短い毛が写っていました。
    光沢はあり。

    そう果

    そう果はゆるく包まれ、長さ2mm弱
    柱基が長く伸びた三稜形。果胞の中の透けたそう果をみると柄がありそうです。

    鞘

    包は葉状で有鞘

    葉

    葉幅3-6mm

    根茎

    根茎は短く叢生、
    図鑑では基部の鞘は暗褐色と書いてあるんだけど、乾燥してるのかちょっと違う
    フサスゲだと思うんだけど・・・な。

    ----------------------------------------
    フサスゲ  房菅
    分類  カヤツリグサ科 スゲ属  フサスゲ節
    分布  本州(近畿以西)~西南諸島




    web拍手 by FC2

    4 Comments

    たけ says..."南国だー!"
    pandaさん、こんばんは。

    私はスゲはどれも同じに見えます(笑)
    でも、シダのように交雑をたくさんしないのならば、むしろ覚えてしまえば同定に迷うことはなくなるかなぁなんて思ったりもします。
    1枚目の写真のように普通に背景にフウトウカズラやハスノハカズラが映り込むあたり、
    まさにザ・西日本って感じですね。北海道はおろか、関東でも考えられないことです。

    先日教えていただいたfacebookのシダ・コケ同好会見てみました。
    確かに難しいですが、面白かったです。
    ついでに、光田先生のfacebookのページも見つけてしまいました。
    先生のfacebookのトップページで、先生が歩いている沢に群生しているシダはコクモウクジャクっぽいなぁ。Diplazium好きはああいう写真を見ると反応してしまうのです(笑)




    この前は、facebookのページ
    2017.08.13 20:09 | URL | #- [edit]
    panda says..."★たけさんへ★"
    たけさん、こんばんは。
    シダも同じように見えていたときがあるので、スゲも早く違いが見えるようになりたいです。100を目指せば少しは分るようになるかしら、なんて思っていたのですが。最近は忘れるスピードのほうが速くて、頭からどんどんこぼれ落ちてしまいます。
    このスゲのあるところは、南方系の植物が多く、この周りはテツホシダの群生です。

    フェイスブックのシダ・コケ同好会、面白かったでしょう?知らないシダがたくさん出てきます。全部は憶えられないけど、そんなのもあるんだと頭の隅においておけば、出会ったとき気づけるかなと思って読んでいます。たけさん、九州にはわけの分らないDiplaziumがいっぱいありますよ。見せてあげたいくらい^m^ 撮っても撮っても、ファイルにたまる一方です。
    2017.08.13 23:55 | URL | #s3xzpNyI [edit]
    たけ says..."pandaさんへ"
    pandaさん、こんばんは。
    スゲって100種もあるんですね~。
    私が確実に見分けられるスゲは両手で足りるくらいの種数・・・(笑)
    pandaさんの写真、細部までしっかり撮影していて図鑑とかに写真提供できそうだなと思いました。

    あと、Diplaziumの写真、ぜひ見てみたいです。
    今度、もしよろしければ名もなきDiplazium達の写真を少しずつ公開することを検討されるのはいかがでしょうか。
    無融合生殖をするグループだから、名前が付けられない個体が出現するのは当然ですものね。
    個人的には、コクモウクジャク類とミヤマノコギリシダ類の中間型のオワセシダ、サツマクジャクと呼ばれるものの形もかっこいいなぁと思っています。
    南紀の熊野川沿い等で、いろいろな形態のものをたくさん観察したことがあります。
    でも、よく採集地として名前が出てくる尾鷲市九鬼ではほとんど観察できませんでした。
    シカの食害かもしれません。

    長崎に住んでいれば日帰りお出かけ気分で南紀旅行並みのシダ観察ができるのでしょうね。
    うらやましい・・・。










    2017.08.14 20:39 | URL | #- [edit]
    panda says..."★たけさんへ★"
    たけさん、こんばんは。
    スゲってどのくらいあるんでしょう?スゲの本には252種と書いてあります。そのうち、私が自信を持って名前が言えるものは・・・どのくらいあるんだろう?両手で数えられるくらいかもしれません。仕分けた数はカヤツリグサ科だけ100種は超えているのに、現場ではまだ見分けることができません。

    Diplaziumの写真、以前は光田先生に見ていただいていたのですが、写真では分らないことも多く、最近はながめていることが多くなりました。ほんとに難しいんです。私では歯がたちません。典型を教えていただければ、なるほどと納得できると思うのですが・・・。

    だけど、南紀で見たシダは面白かったです。長崎より自然も豊かだし山が乾いていません。また行ってみたいなと思います。
    2017.08.15 00:40 | URL | #s3xzpNyI [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://nannjyamonnjya.blog68.fc2.com/tb.php/2400-4fd76f44
    該当の記事は見つかりませんでした。