花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
シダ・コケ
  • カラクサシダ

  • カラクサシダ

    苔むした岩がゴロゴロしている。
    こんなところにカラクサシダがあるのかもと、目を皿のようにして探してみました。
    倒木の樹幹に・・・これかも!

    葉表

    葉は2回羽状に分岐、両面に粗毛がはえていました。

    web拍手 by FC2
    山の木
  • イヌガヤ

  • 痛くない

    葉を握って痛くないのはイヌガヤ・・・というので
    カヤに似た葉を見つけると、握ってみる。
    長崎ではたいてい痛くない。杉林などに普通に見かけます。

    葉先

    葉先は短く尖っているけれど、葉がカヤのように固くないので痛くない。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • ツクシヤブソテツ

  • ツクシかな?

    フォルダの中からツクシヤブソテツかもと思うもの
    雨の日だったので、葉の照りや色は実物より明るいかもしれません。
    丸いほうの葉を見て、ヒロハヤブソテツに似てるなと思いました。
    でも、基部が丸くないので・・・もしかしたらツクシかもと思ったわけです。

    細いタイプ

    まず羽片が細いタイプから
    これは同じ株のものなのかよく見ていませんでした。
    ツクシの変異の範囲なのかな?

    web拍手 by FC2
    山の木
  • ヒュウガアジサイ

  • ヒュウガアジサイ

    まだファイルにためていたアジサイがあります、ヒュウガアジサイ。
    花友さんに「水のしたたる岩場で、枝は垂れ下がってるから・・・ヒュウガアジサイかも」
    と、案内してもらいました。でも、図鑑に詳しい記述がなく、そのままに・・・

    横から

    花色は白っていうのも、ネットの情報ではピンクなので気になっていました。
    そこで、宮崎の植物の先生にたずねてみました。
    「ヒュウガアジサイは本県では南のものほどピンク色になり、県北では白色になります。
    また、生育環境は水のしたたる岩場で、枝は垂れ下がります。」
    ということで、ヒュウガアジサイでよいということです。ありがとうございました。

    web拍手 by FC2
    山の木
  • ヤクシマアジサイ

  • ヤクシマアジサイ

    ヤクシマアジサイは別名ヤクシマコンテリギ
    コガクウツギの変種ヤクシマガクウツギの別名もヤクシマコンテリギ
    とりあえず、Yリストから名前の整理をしてみました。
    今回見たのは全部ヤクシマアジサイのようで、長さ4-8㎜のあらい鋸歯が特徴です。
    同じ木のなかでも鋸歯の粗さは変化があります。(写真をクリックすると拡大します)

    葉裏

    葉裏は紫色を帯び、脈腋には毛がはえていました。

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • オオアマクサシダ

  • オオアマクサシダ

    (クリックすると大きくなります。)
    アマクサシダでもオオバノアマクサシダでもない、オオアマクサシダ。
    アマクサシダとは裂片の幅が広いので、実物を見ると違いはすぐわかります。
    オオバノアマクサシダとは似ているけれど・・・分布でわけられそうです。

    オオアマクサシダ

    九州人としては、パッと見てオオバノアマクサシダと言いそう (^^ゞ

    web拍手 by FC2
    シダ・コケ
  • シマイヌワラビ

  • シマイヌワラビ

    屋久島で見たシダですが、没にするところを助けていただきました。
     FBのシダ・コケ同好会
    シマイヌワラビでよいということです。ありがとうございました。

    このくらい

    図鑑に載っているシマイヌワラビと比べると、ずいぶん小さく葉身の長さ5㎝くらい。
    標高は1500m、サカバサトメシダにしては変だなと思って撮ってきました。

    web拍手 by FC2