花の日記

山歩(さんぽ)のときに出会った小さな花たちの記録
MENU
ボランテァ日記
  • 草木染

  • 作品

    孫と一緒に草木染を楽しみました。
    これは4歳のみみちゃんが作った作品。
    ビー玉や木の棒を輪ゴムで縛って模様をつけました。

    タデアイ

    今年はタデアイの生育が悪く、たたき染めにするくらいしか育っていませんでした。
    初めにタデアイの葉を摘みに畑へ・・・

    web拍手 by FC2
    山の木
  • ウラジロフジウツギ

  • ウラジロフジウツギ

    ウラジロフジウツギはコフジウツギの変種で、葉裏に軟毛が密生して

    葉裏

    白く見えます。


    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ヤクシマスミレ

  • ヤクシマスミレ

    今回の屋久島はヤクシマスミレの時期にあわせて行きました。
    前回とは1週間ほどしかずれていませんが、その一週間で花の咲く時期はずれ
    新しい発見も多かったです。
    かわいい葉のヤクシマスミレ、pandaの背丈は2.3㎝、ちゃんぽんの器が8mmです。

    花

    小さな葉は地面にぴったりと這っています。それにしては大きめの花
    側弁に毛あり、かまきりの柱頭

    web拍手 by FC2
    山の木
  • ヤクシマキイチゴ

  • ヤクシマキイチゴ

    ヤクシマキイチゴ、果実に会えました。美味しそう!

    葉

    モミジイチゴとは変種関係にあり、
    枝や葉に毛がなく、小花柄やガクにも全く毛がないと図鑑に書いてある。

    web拍手 by FC2
    山の木
  • ヤクシマガクウツギ

  • ヤクシマガクウツギ

    ヤクシマガクウツギはコガクウツギの変種
    別名ヤクシマコンテリギで、ヤクシマアジサイと同じ別名をもっています。
    前回ヤクシマアジサイはわかったので、気になる存在でした。

    今回は「長崎にあったらコガクウツギだけど・・・」と言って、はたと気が付きました。
    もしかしたら、これがヤクシマガクウツギかも! (^^ゞ

    枝

    小枝は細く、若枝は紅紫を帯びています。
    葉の大きさは長崎で見るコガクウツギより大きく、鋸歯もすこしあらめ

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • 小さくなった花

  • ヒメコナスビとコナスビ

    屋久島には小型化した、屋久島の固有種が多い。
    ヒメコナスビもその一つなのですが・・・
    同じ場所にコナスビも咲いていたので比べてみると
    小型化したもののほうが、葉の色が濃く長さ3~8mmくらい

    ヒメ

    花の大きさは1㎝くらいなので、葉に対しては大きめ

    web拍手 by FC2
    野の花山の花
  • ヤクシマナミキ

  • ヤクシマナミキ

    安房林道の標高1300m付近で見たタツナミソウの仲間です。
    矢原先生にヤクシマナミキと教えていただきました。別名ヒメアカボシタツナミ
    アカボシタツナミの小型化したものです。
    小さな葉がびっしりと岩にはりついています。

    ヤクシマナミキ

    (拡大してみると、大きな葉は鋸歯が鋭いのでヤクシマナミキの葉ではないことがわかりますか?)
    ヤクシマナミキの茎は基部が地をはい、先は立ち上がります。

    web拍手 by FC2